犬の痴呆

夏休みのお知らせ 8月22日〜27日まで夏休みになります。その間にお問い合わせ頂きましたご返信は28日以降となります。
最近よく忘れやすい私です。
えっ、以前からそう?・・・なんも言えませんっ
では犬は忘れやすい?歳をとると痴呆とかあるの?
あはは、そりゃあ犬だって忘れる事はあるし、痴呆にだってなります。
ただし、犬の行動の強化という点でいえば、教えた事は教えた通りに憶えていると考えられます。
もちろん飼い主さんと犬との関わりの密度によりますから、単にペットとして飼っている中で学んでしまった事と、パートナーとして学びあった事とではまったく意味が異なります。
たとえばフリースタイルのルーティンを1年かけて学びあったことは、その後5年たってもその通りに憶えているものです。
まぁ人間のほうが忘れていればそれを計りようもありませんが、私は今でもビンゴがいれば同じように踊れる自信があります。だってそれくらい学びあいましたからね〜♪
で、そうしたフリースタイルで初心者のうちは、途中で内容を変えてしまうことも少なくありません。
そうすると犬というハードディスクに書き込まれたものを上書きしなくてはなりませんが、これがとてもやっかいなのです。
むしろ犬の場合は上書きができないといったほうがいいかもしれません。
そうなんです、すこし変えたって全部変えるのとおなじような感覚があるように思うのです。
だから曲は同じでも、まったく新しいルーティンになるってことなんです。
ですから人のほうもそういう意識をもって挑まないと意思疎通がおかしくなることもありますね。
犬という正直ものは嘘をつかない変わりにとても頑固なのです。
そこをすくいあげていきながら学びあっていくと、歳をとって痴呆が出てきても、そこのところだけはちゃんとしていますから♪
ほら、よく人間でも、痴呆のおじいちゃんやおばぁちゃんが、自分がどこにいるのかすらわからなくても、若い頃からやってきた事になると、おどろくほどさっと出来てしまうってありますよね。
あれを犬にも身につけさせてあげたい。そう思うのです。
ただ暮らすより学びあう。
それは案外沢山の恩恵をもたらしてくれるのです。
ドッグトレーニングはしつけや訓練ではありません。コミュニケーションであるということをアウラはこの先も伝え続けます。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
スポンサーサイト

犬の年齢

はやいもので今月もあとわずかですね。いゃあ1年そのものがはやいです。
もうすぐ9月ですもんね〜
9月といえば9月1日よりワークショップのエントリーが始まります。
いつもはワフさんで行っているワークショップですが、今回はアウラで行う事にしました。
はたしてそれで参加する人はいるのか?ちょっと不安はありますが、まぁホームですから一人であってもやる価値はあるかなぁって思っています。
参加ご希望の方はぜひエントリーしてくださいね。
そうそう、アウラの生徒さんは基本必要ありませんからね〜
だっていつもお伝えしている事を1日で焼き直してお伝えするだけですから〜
えっ、それでも参加したいっ!
ならばぜひどうぞ〜
詳しくはこちらから
イベント情報

さて、1年といえば、犬の1年ってどうなっているの?
よく人の7倍といわれますね。
でも単純計算ではいかないし、その理屈も曖昧としています。
まずは1歳で二十歳まで一気に成長しますが、これは犬の社会化期が短い事や、骨の成長速度がはやくて、成犬の大きさに1年で達してしまうことからも言われています。
しかし実際にははっきりとした根拠はありません。
英語では「ドッグイヤー(dog year)」という言葉があって「犬は人間の7倍ものスピードで成長する」という説から、
「速さ」のたとえとして使われているようです。
でも例える程度でほんとうのところはよくわかっていません。
ただ調べてみたらイギリスのBBCニュースに掲載された「犬種別の年齢換算法」というのが出ていました。
BBC

■0歳~2歳まで

・小型犬:1年×12.5歳
・中型犬:1年×10.5歳
・大型犬:1年×9歳

■3歳以降

【小型犬】
・ミニチュアダックスフンド:1年×4.32歳
・ボーダーテリア:1年×4.47歳
・ラサ・アプソ:1年×4.49歳
・シーズー:1年×4.78歳
・ウィペット・ミディアム:1年×5.30歳
・チワワ:1年×4.87歳
・ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア:1年×4.96歳
・ビーグル:1年×5.20歳
・ミニチュア・シュナウザー:1年×5.46歳
・コッカー・スパニエル:1年×5.55歳
・キャバリア・キングチャールズ・スパニエル:1年×5.77歳
・パグ:1年×5.95歳
・フレンチブルドッグ:1年×7.65歳

【中型犬】
・スパニエル:1年×5.46歳
・ラブラドール・レトリバー:1年×5.74歳
・ゴールデンレトリーバー:1年×5.74歳
・スタッフォードシャー・ブル・テリア:1年×5.33歳
・ブルドッグ:1年×13.42歳

【大型犬】
・ジャーマン・シェパード・ドッグ:1年×7.84歳
・ボクサー:1年×8.90歳
勿論これらもあくまでも参考程度ですが、それでも自分の犬がいったい何歳なのかをしりたいという気持ちはありますでしょうから参考になれば幸いです。

夏休みのお知らせ 8月22日〜27日まで夏休みになります。その間にお問い合わせ頂きましたご返信は28日以降となります。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

犬 首輪とリード

みなさんのお家にはいらなくなった配線コードや、これって何のコードだっけ?というようなものはありませんか?
充電用のコード、カメラやパソコン、携帯電話などの接続コード、以前使っていた何か機器用のコード・・・・
うちにはそうしたコードがいっぱいあります。
どこかで捨てなきゃって思いながらも、もしかして必要になるかもって思うとなかなか捨てられずにいます。
今年のうちにそうしたコード類は捨てようと思っています。
でも捨てられないコード類があります。
それはアールとビンゴのリードや首輪です。
未だどれひとつ捨てていません。
アールの場合は美しいチョコレート色のラブだったので首輪がとてもよく似合いました。
なので首輪だけで30個以上あります。
その首輪のどれを見てもその当時のことが思い出されます。
首輪って単に管理するだけのものじゃありませんね・・・首輪ってすごいんです。
ビンゴの首輪はあまりありません。なぜかというとロングコートのビンゴは首輪が太いと似合わないのです。
で、結局ビンゴの場合はパラシュートタイプの細い紐を使っていました。
これを装着していると毛切れもないし、見た目にも首輪がないような感じになります。
私はこの首輪を好んでビンゴにつけていましたので、首輪がみつからないと、「あれっ、ビンゴの紐どこいったぁ?」
と探したものです。
このタイプは自分で作る事もできますし、それなりのもので代用もできますから便利です。
リードは革のリードを使っていました。
革ははじめは固いですがしばらくつかっていると手に馴染んできます。しかも強いです。
ある程度重さもあってしなりもあるのでリードさばきも楽です。
長さは120センチが使いやすいですが、小型犬だともう10センチくらい長くてもいいかもしれませんね。
あとはロングリードです。10mのロングリードをさばきながらオフリードのように歩きます。
これはすこし技術と馴れが必要ですので、アウラでお伝えしていない方はおやめくださいね。
で、時々首輪を締めすぎていたり緩すぎたり、リードが中途半端に長かったり、あるいは無意味にフレキシブルリードを使っていたりする方がいらっしゃいますが、ぜひ道具というものを一度問い直してみるとよいですね。
その時は自分で決めるのではなくてプロの方に判断を仰ぐと良いと思います。
たんなるコード類ですが、必要あってのコードです。
ぜひご参考になさってくださいませ。

夏休みのお知らせ 8月22日〜27日まで夏休みになります。その間にお問い合わせ頂きましたご返信は28日以降となります。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

犬 水の量

私は今夏休み中ですので予約投稿中です。
今日のお天気はどうですかね?
関東平野は水不足ですが、あまり節水の情報が流れてきませんね。
私たちにできること
たとえば犬達の水の残りはお花にあげる。
お風呂の掃除は残り湯を使う。
歯磨きの時はコップを使う。
ほんとたいしたことではありませんが、そんなことを心がけています。
でもそんなじゃ足りないよね〜水瓶に雨♪必須ですね。

さて、水といえば、犬達はいったい一日にどれくらい水が必要でしょうか?
1日に最低限必要な水の摂取量の目安は、体重(kg)×50(ml)と言われています。
勿論そんな単純なものではありませんのであくまでも目安です。
例えば体重5kgの犬であれば5kg×50ml=250ml
10kgならその倍の500ml
20kgならその倍の1000ml
40kgならその倍の2000ml
ということになります。
でも、運動量が豊富だったり、暑かったり、疲れていたり、いろんなことでこの量は増えます。
また、最低限度といっても、食事が手作り食で生であればその食材には多くの水分が含まれていますから
個体差は大きくあります。
ネットで調べると水を多くのむ犬の病気としてホルモンの異常やクッシング症、腎臓の異常(腎不全)などがあげられていますが、単純に水をのむ量だけではなく、排泄排尿の量や色、あるいは顔色や行動によって判断しないと誤った判断になりがちです。
では、どのように考えれば良いかというと、ふだんから自分の犬ののむ水の量を概ね知っておく事です。
計り方は簡単です。
与える水(器の水)を正確にはかるために蛇口からではなくペットボトルから水をそそぎます。
足りなくなったらそこに足しますが、器の水が汚れている場合はその水は捨てますが、その時は漏斗などで他の空いているペットボトルに戻します。わずかであればおおよその量として憶えておけばその必要はありません。
で、一日の終わりに、ペットボトルからどれだけ減ったかを計ればオッケーです。
計るのは残り分を計量カップなどで計るだけですね。
で、それを日を変えて10回くらいやってみて、平均を出しておくと良いです。

それで、もしも日常とかわらない生活で、最近よく水をのむなぁと思われたら、再び同じことをやって測定すればその差がはっきりします。
一般的に言われるような病気だけでなく、喉の異常や腫瘍、あるいは消化器官の異常なども考えられます。
そしてそうしたことは獣医さんは見つける事はできません。
見つけるためには、飼い主さんが、状況をほ伝える事で獣医にヒントをあたえなくてはなりません。
そして精密検査が必要です。単純な血液検査ではわからないことも多くあります。
なんとなく犬の行動に違和感を感じたらそれが大事です。
私はそれをビンゴから学びました。
単純に最低摂取量さえ守ればいいというものではない大切な水
この情報がお役に立てれば何よりです。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

オリンピック憲章

オリンピックの感動。夢のような時間がすぎていきました。
どの競技でも日本人選手の活躍はすばらしくて目が離せませんでしたね。

さて、その競技ですが、いろんな見方があるかと思いますが、例えばこんなふうに見るとどうでしょう。
対する相手が直接あるものと、ないもの。
柔道や卓球、あるいはバレーボールやバスケットボールは相手と直接対します。
体操やカヌー、あるいは馬術やゴルフは直接的には対する相手がいません。
前者の場合はそれこそ目の前に相手がいますから、相手の気迫や受ける力は直接伝わってくるでしょうから、単なる技術的なもの以外の心理的なものも見ていて感じやすいものです。それゆえに盛り上がりも大きいです。
後者の場合は相手がいませんから、自分との戦いというものを強く感じます。
体操を見ているとそれこそ精神統一と技術が折り重なったミルフィーユを食べている感覚です。
着地が決まるたびに自分自身を投影している感動があります。
それから、相手のいる競技では、負けた相手が目の前にいるわけで、反対に勝った相手も目の前にいるわけですね。
試合後のその時の互いの心理が行動に現れるのが感動をよぶこともあります。
テニスの男子決勝では
アンディ・マリーと
フアン・マルティン・デル・ポトロの対戦となりましたが、共に譲らない熱闘はすさまじかった。
結果的にはマリーが金メダルとなりましたが、終わった後にネットから手を出したのはマリー
そして長身のデル・ポトロと抱擁し、何かを話しています。その姿に私はとても感動しました。

それから体操の場合は相手が直接いませんが、試合終了後に順位が確定して、誰が金メダルかわかります。
体操男子の個人では内村さんがオレグ・ベルニャエフ選手(ウクライナ)にリードを許していたが、最後の鉄棒で逆転しました。
オレグさんの演技もすばらしかったのですが最後の着地で大きく乱れたのが敗因でした。
その後、メダリスト3人を並べた公式会見では、一人の男性記者から内村選手に少し皮肉的な質問が投げかけられました。

「ミスター・ウチムラ、あなたは審判に好かれているから良い得点が取れると感じていますか?」

一瞬、怪訝な表情を浮かべた内村選手は「僕が審判に気に入られてるってことですよね?」「ジャッジ(採点)は公平だと思う」と発言。

すると、死闘を繰り広げたオレグ・ベルニャエフ選手(ウクライナ)が次のように割って入ります。

「審判も個人のフィーリングは持っているだろうが、スコアに対してはフェアで神聖なもの。航平さんはキャリアの中でいつも高い得点をとっている。それは無駄な質問だ」とさらりと言いました。


また、3位のマックス・ウィットロック選手(イギリス)も「大変素晴らしい。彼は皆のお手本です。今日の最後の鉄棒は言葉がない。クレイジーとしかいえない」
「航平さんを一生懸命追っているが簡単じゃない。この伝説の人間と一緒に競い合えていることが嬉しい。世界で1番クールな人間だよ」とオレグさんは付け加えます。

マックス・ウィットロック選手(イギリス)もベルニャエフ選手も内村選手の最終演技を絶賛。選手だからこそ理解している内村選手の偉大さ。まさかの展開に内村選手は照れ笑いを浮かべました。

私は演技や競技にも魅せられますが、こうした相手を讃えあう精神にこそオリンピック憲章はあるのだと、そしてそこにこそ真の勇者はあるのだと感じました。

夏休みのお知らせ 8月22日〜27日まで夏休みになります。その間にお問い合わせ頂きましたご返信は28日以降となります。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
プロフィール

aura

Author:aura
町田市の住宅街にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード