犬の賢さ

あっというまに1ヶ月がすぎていきますね。
ひと月に一度のパピーパーティーが今日もやってきました。
今回も8頭と定員をおおきく超えての参加があります。
できるだけ少数でと思いながらも、反面、できるだけ沢山の犬達に良い経験をということで毎回これくらいの数になってしまいます。
私一人で対応できる限界数は10頭ですのでなんとかなりますが、すごいエネルギー使いますね。
そんなときやっぱり仔犬ってすごいなぁって思います。
今回の面子は英国ゴールデン ポメラニアン ボーダーコリー ミックス ゴールデンドゥードゥル トイプードル×2 チワワと様々です。
大小バランスいい感じで集まりましたね。
さぁ、ここで質問です。
この中でいちばん賢い犬種はどれでしょうか?
おそらく大半の人がボーダーコリーと言うでしょうね。
たしかにボーダーコリーはある特定の側面では頭のいい犬種です。
でも、はたして本当に賢い犬というのはどんな犬なのでしょうか?
IQという側面でみると犬は人間の幼稚園児程度です。
IQは言語能力や計算、記憶などの能力で測定されますから、犬のIQが幼稚園児程度といわれれば納得ですね。
その中で犬種の違いといったって、それほど差異はありません。年中と年長さんくらいの差でしょうか?

犬の能力、賢さを判断する時、私は3つのものさしを持ちます。
ひとつは、犬本来の持つ本能的な賢さです。
昨日もサーチゲーム(ノーズワーク)のレッスンをおこないましたがジャックラッセルテリアは素晴らしく賢い行動を示しました。犬の持つ美しい姿には意味があります。その意味を使ってあげる事は犬にとって最良の時間となるのはいうまでもありません。適材適所という言葉がありますが、犬の本能的な賢さはまさにそれです。
そういう賢さで問うならボーダーコリーもチワワも大差はありませんね。
それから社会適応能力です。
様々な刺激(人、犬、もの、場所、音、におい)に動じる事なく対応できる賢さは、その犬の将来を大きく左右する賢さです。
今日のパピーパーティーもその賢さをみにつけるひとつですが、これは先天的なものよりも人との関わりの中ではぐくまれる賢さです。
つまり犬種に依存するのではなく飼い主さんに依存する賢さです。
飼い主さんの賢さが試されるわけですね。
社会との適応性をつけるためにやみくもにあらゆる刺激に触れさせているようではかえって鋭敏になってしまい拒否されます。賢い対応は人にとっても案外難しいかもしれません。
そしてもうひとつが、学習能力です。
言われた事を行動に移したり、自発的な行動を引き出していく賢さ。あるいは先を読んで行動を組み立てていく力です。
昨日のジャックラッセルテリアはこの賢さにおいても見事な結果を示してくれました。
この分野の賢さではたしかにボーダーコリーやレトリバーが賢いように思えますが、実はそんなことはありません。
ボーダーコリーにできることの大半はパピヨンでもチワワでもグレーデンでも柴犬でもできます。
基本的な行動(呼び戻したり待たせたり)はもちろん、数十個の特別な行動などは健康で生涯のない犬ならどの子にもできます。しかしそれを学ばせるのは人間です。
人間のほうが創造の力を持たなけれその賢さは大きくなりません。
もしかすると愛玩犬とよばれる犬達の飼い主さんははじめっからあきらめている人が多いのかもしれませんが、アウラのトイプードルやパピヨン、シーズー、マルチーズたちはボーダーコリーかそれ以上に賢さを示します。
ところが、やってみたけどうまくいかない・・・うちの子はやっぱり学習能力が低い気がするという話も聞きます。
でもよく聞くとどうもそうではありません。
家ではできるんだけど沢山の犬がいる場所ではうまくできないとか、においが多い場所ではうまくいかないとか、そういうことがおおく含まれているのです。
これは学習能力が低いのではなく、社会適応能力が低かったり、本能的な賢さをセルフコントロールできていないからです。
ところが人はそうしたことは無視して学習能力だけを問うため、そういう誤解を生じるのです。
もしもボーダーコリーにもボルゾイにもヨーキーにもポインターにもレトリバーにも盲導犬としてのトレーニングをしたとするならば、圧倒的にレトリバーが優位でしょう。
ではレトリバーが一番賢い?
そんなことはありませんよね。
そもそもが、賢いか賢くないかなんて犬の価値をきめるものさしになどなりはしないというのが私の持論です。
だって、あなたは友達を選ぶとき賢さを確認してからつきあったりしませんよね。
もしあなたが今の旦那をIQの高さで選んだとしたら、それは特別なことかもしれません。
もちろん私はそういうあなたには選ばれる事はないでしょう。
私もあなたを選びません。
私はそのだれかと一緒にいて幸せであったり楽しかったり、いろんなことを一緒にやって居心地がよいと思うから選ぶのです。
犬の場合は犬側から飼い主を選ぶ事はできません。
いつも人が犬を選ぶのです。
だからこそ、犬の賢さというのは人に依存します。
そして犬の幸せもまた人に依存するということです。
最後に、「犬の賢さは人の幸せの数だけ高くなる」と付け加えておきましょう。
インスタグラム始めました♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
はじめたばかりの私が言える事ではありませんがそれぞれのレッスン風景を中心にアップしています。生徒さん間の情報交換にもぜひどうぞ♪ フォローもよろしく~♪
アウラのインスタはこちら
2016aura
お役に立ったならおひとつポチッと♪
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

特別な色

三寒四温、春よ来い♪
寒い日もスキップして歩こう♪
えっ、スキップができない・・・ん〜ん〜
駆け足始めっ!
ということで、今日は朝から免許書更新にいってまいります。
三寒四温とあまり関係ないかぁ
さて、昨日も沢山の犬達で賑わったアウラでした。いつもいつも感謝です。ありがとうございます。
オビディエンスあり、ダンスあり、カウンセリングあり、復習ありと内容は様々ですが、ほんとどの犬も楽しくいてくれるし、個性豊かです。
この子達の眼差しは、時に窓辺からさす午後のやわらかな日差しのようで、時に燦々と降り注ぐ太陽のようで、時に川の流れに身を委ねる笹舟のよう・・・
私はそうした眼差しを受け止めたとき、本当に本当に深い感動をおぼえます。
もしかするとその眼差しは一般的な社会という枠の中では評価されないようなことかもしれない。
つまりその行動は、やんちゃすぎたりおてんばすぎて「良い子」という箱には入らないのかもしれません。
でも、私はその子達の入れる箱を用意したいといつも思います。

誤解されることを恐れず、承知の上で書きますが
昨今、人間の世界では「発達障害」という病名がひとり歩きしているようです。
発達障害はASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)、ADHD(注意欠如多動性障害)、そしてLD(学習障害)の大きく3つに分けられます。
そして4人に1人以上が発達障害の可能性があるという調査結果もあります。
実は、こうしたことが言われるようになったのは最近のことで、以前はそうであっても診断はされませんでした。
つまり今と変わらずあったということです。
今、認定をうけるための検査に何ヶ月も待たされるといいます。
たしかに認定されれば気持ちもすっきりするのでしょうが、大事なのは認定されることではなく、その人が社会の中で必要とされることだと思います。
しかし現実はその逆で、認定されるとそれは障害だから社会の中では特別扱いとなってしまうのです。
こんな極端な社会通念がまかり通っていては、もしかすると本来のその子の個性が眠ってしまわないだろうかと思うのです。
そうした個性を伸ばせたならば、どんなにか世の中は平和でゆたかになるだろうか・・・そう思うのです。
まぁ、私のような素人が口をだすような簡単な事ではないことは重々承知の上の発言ではありますが・・・

で、犬にもそういう傾向の子は沢山います。
もちろん私は犬と人が同じとは考えていませんから、犬に病名をつけることはないし、その必要もないと思います。
仔犬の頃の社会化期に受けた影響や飼い主さんとの関わりなど様々な条件の中で犬の行動は育まれますから、一概に遺伝的な行動といいきれないものも多くあります。
しかしながら見方によっては、落ち着きがなかったり、行動が極端であることが強く押し出されている場合はなにかしらの遺伝的な影響も視野に入れるべきかもしれません。
犬種によってはそれはぐっと比率がたかくなることもあります。
レッスンでこうしたことも含めて、生徒さんと犬と私とで学んでいく時間というのはとても大切です。
急がず、あわてず、ゆっくりと、でも着実に・・・だれと比べる必要もない
なんといってもその子に対する愛情は飼い主さんも私も世界一です。
この愛情があるかぎりその子はちゃんと育っていくのです。
「うちの子はどうしてこうも・・・」
と思われたならご安心ください
あなたの犬は、24色入りのクレヨンの箱には入っていないかもしれませんが、特別に美しい世界にひとつだけの色を放つことのできるクレヨンなのです。
「個性発達」という価値観と、ご自身が学ぶ力をもってお育てください。

インスタグラム始めました♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
はじめたばかりの私が言える事ではありませんがそれぞれのレッスン風景を中心にアップしています。生徒さん間の情報交換にもぜひどうぞ♪ フォローもよろしく~♪
アウラのインスタはこちら
2016aura
お役に立ったならおひとつポチッと♪
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

吠えるという社会性

このところ風が強くてあちこちでいろんなものが飛んでますね。
散歩していても飛んでくるものにぶつかることもありますので十分注意してくださいね。

さて、このところ「吠え」についてのお話をいただくことが続きました。
犬が吠えることは特別なことではないことはだれもが知っていることですね。
ところがTPOによっては困ってしまうというのもよくあることです。
問題行動のひとつに「無駄吠え」という言葉がありますが、事実、無駄に吠える犬はいません。
吠えるには必ず理由があります。
また理由は飼い主さんやとりまく社会との関わり、そして時間の経過によってどんどん変わっていきます。
はじめはささいなことで吠えたことでも、飼い主さんの対応などによってより複雑な理由「学習」につながっていくことが多々あります。
私はカウンセリングでのお話や実際に犬が吠えている状態を見て、「なぜこの子は吠えているのか?」を思い描きます。
思い描くというのはどういうことかと言いますと、吠えている理由はどの引き出しに入っているのかを探すということです。吠えている現実をみてもそれはみつかりません。
だから思い描くのです。
この作業は100%の正確さはありませんが、すくなくとも見たまんまで理由を述べるような不確実なものではありません。
で、その思い描く作業の大前提になっているのが「犬は社会性のある動物である」という価値観です。
犬の先祖といわれるオオカミも吠えますが、犬のようには吠えませんし、頻度はとても少ないです。
また、オオカミは遠吠えで仲間を呼んだり、社交的な時間を持ちますが、犬はほとんど遠吠えをしません。
これはおそらく、犬が人と暮らすことで、遠吠えのような原始的で遠隔的なコミュニケーションではなく、直接的で身近なコミュニケーションをとれる社会に生活しているからだと思います。
まぁ、いってみれば小さな子供がおかあさんにおもちゃをねだるときに泣きじゃくったりするのに似ているかもしれません。
ところが、人がその吠えの理由を思い描くことができなかったり、人社会という枠の中で判断すると、問題としてうつるため、それを単純にとがめてしまいます。
そうすると、犬達のコミュニケーションは一方的に遮断されてしまうため、気持ちの行き場がなくなります。
気持ちには喜怒哀楽が生じていますから、その感情が噛みつきに移動したり、下痢になったり、脱毛になったり、破壊行動になったりと複雑な行動を生じさせます。もちろん吠えも改善はされないでしょう。
そうなっていくと、もはや飼い主さんは自分の犬がなぜ吠えているのかは理解できないくらい深いものになってしまいます。
じゃあどうすればいいのか?
ここでもういちど大前提を
「犬は社会性のある動物である」
犬の社会性の最小単位は「飼い主さん」です。
つまり飼い主さんそのものが犬の社会性なのです。
飼い主さんが散歩に行かなければ犬は外で何かに接することは極めて稀でしょう。
飼い主さんが犬に触れ合う事がなければ、犬も何かにふれようとはしないでしょう。
もっと言えば
飼い主さんがいつも緊張していれば犬もいつも緊張しているでしょう。
飼い主さんがいつも怒りっぽければ犬もいつも怒りっぽくなるでしょう。
人はそんな時、言葉で会話したり文字を書いたり、メールしたり、あるいはリフレッシュするためにおいしてものを食べたり、映画を見たり、旅行に行ったりできます。だから無駄に吠えなくて良いのですが、犬は違います。
そういうリフレッシュ手段は皆無です。じゃあどうするか
「吠える」「噛む」「飛びつく」「破壊する」「引っ張る」「・・・・」

犬は飼い主さんの鏡写しとよくいいますが、まさにその通りです。
しかしながら行動や表現は異なります。
そりゃあそうですよね、人が自宅の壁に穴を開けていたり、イスの足をかじっていたり、インターフォンがなるたびに大声でどなりちらしたりはしません。
でも中に潜む「犬は社会性のある動物である」は人もまた同じなのです。

ということですから、まずは自分を客観的に見つめ直してみる事、おすすめします。
それが一人でできないならば、そうしたことを聞いてアドバイスをしてくれる人を探してみてください。
もちろん私でもかまいません。
きっと、気持ちがす〜っと抜けていきますよ。そして犬もほえなくてすむようになります。

インスタグラム始めました♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
はじめたばかりの私が言える事ではありませんがそれぞれのレッスン風景を中心にアップしています。生徒さん間の情報交換にもぜひどうぞ♪ フォローもよろしく~♪
アウラのインスタはこちら
2016aura
お役に立ったならおひとつポチッと♪
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

スマイル

日差しはしっかりあるのに寒いですね〜
ひと雨降って乾燥は潤ってほこりっぽさもすこし落ち着いたかな?
さて、このところ新しい家族が増えるという話や実際にそうなったということをお聞きしたり、ご相談いただくことが多くあります。
新しい家族は犬だったり人だったりですが、どちらにしても楽しみもあり不安もありというのが正直なところでしょう。
それでこの先、どうすればいいのかというご相談をお受けするのですが、
答えから先に申しますと
「今まで通り、笑顔で先住犬と向き合っていれば大丈夫」「ただし十分に注意をすることやがんばらないといけないことはある」
この二つです。
ひとつ目のスマイルはなにより大切です。
新しい家族を向かえるのに、心配ばかりが先立って、先住犬に不安そうな顔ばかり見せていれば、当然、先住犬は不安になります。けれどその不安の原因は犬には説明できないしわかりません。
もちろん新しい家族が増える事は知る由もありません。
そしてある日突然、本当に突然、新しい家族が増えるのです。
で、不安の原因がその新しい家族だとわかるのです。
これでは新しい家族とうまくいくわけがありませんよね。
ですから、向かえる前から、変わらず笑顔で先住犬と接する事、そして迎えたらさらにその笑顔を輝かす事です。
もちろんそれは先住犬にも新しい家族にもです。
そうすれば、先住犬からみれば、飼い主さんが新しい家族が増えた事で自分のことを今まで以上に笑顔で見てくれるようになったと思うから、新しい家族を大事にしてくれます。
沈み込んだ顔していて、迎えたら新しい家族にばかり笑顔を振る舞っていたら、当然先住犬は新しい家族と仲良くする気持ちになりませんね。
単純な心理です。
もちろん、新しい家族を向かえれば先住犬との物理的な時間や空間は減ります。
けれどそれがどうだというのでしょうか?
そもそも、犬にとっての物理性というのは人とは異なります。
もちろん感性や喜怒哀楽も違います。
犬はタイムカードで仕事をしているわけでも、時間給でうごいているわけでもありません。
畳の数で広さを感じているわけではありません。
擬人化している飼い主さんはその当たりの感覚を勘違いしているのですね。
愛情のボタンの掛け違いは好ましくない問題行動を発生させてしまいます。
新しい家族が増えればその感覚+物理的な不足が生じるため、様々な問題が増えてしまいます。
そうならないためには、十分な注意が必要ですね。
たとえば、食べ物やおもちゃなどの管理は必須です。出るゴミなども十分に注意する必要があります。
それから、基本的なトレーニングができていることは必須になります。
散歩中はちゃんと横にいられるとか、自分が見えなくなっても待たせていることができるとか、ごく当たり前のことができていれば、新しい家族を迎えたときに物理的な時間を減らす必要がありません。
でも、それすらできていなければ、先住犬の留守番の時間は急激に増えますし、ストレスは大きくなります。
まぁ、それでも犬は生きますし、新しい環境に順応していくのですが、じゃあ、なんで新しい家族を向かえるの?と私は思うわけです。
アウラの生徒さん達はみなさん先住犬との関係がしっかりしているので新しい家族ともうまくいっています。
なんの問題もないわけではないでしょうが、いつもスマイルです。
犬は飼い主さんが笑顔でいてくれることが最大の幸せなのです。
犬達が私の元に集まってくるのはスマイルが最大だからです。
私の笑顔は女性には効果はありませんが犬達には絶大な人気があるのです(笑)
今日もスマイル忘れずに♪

インスタグラム始めました♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
はじめたばかりの私が言える事ではありませんがそれぞれのレッスン風景を中心にアップしています。生徒さん間の情報交換にもぜひどうぞ♪ フォローもよろしく~♪
アウラのインスタはこちら
2016aura
お役に立ったならおひとつポチッと♪
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

ルーデンスの糸

暖かかった金曜日はどこいった?
三寒四温とはいえ、落差が激しくて体がついていかないって方多いですよね。
花粉も飛び出したしね〜
そういう私も花粉始まってます。
肩の痛みは暖かかった金曜日にいっきに緩和されました。まだ痛いですが随分楽になりました。
明日はスノボ楽しめそうです♪ え、それでまた痛める?ごもっともでぇ〜

さて、昨日の午後からはルーデンスでした。トイプードル、ゴールデンドゥードゥル、ボーダーコリーの3頭と飼い主さん達、そして私で社会化促進のためいろんなところに出かけます。
このルーデンス、私なりのスタイルができあがってきました。
もちろん完璧ではありませんしまだまだ発展途上ですが、前例のないルーデンススタイルは自ら開拓しています。
まぁ、考えてみれば、こんなことやっている人はそうはいないでしょう。
事実見た事がありません。
ネットで検索してもみあたりません。
思いついたのが自分ならどうやっていくかを考えるのも自分、実行するのも自分、そしてそれを改善していくのも自分です。そもそもがアウラのレッスンは全部そうです。
私はどこの団体にも属していないし、相談する相手もいないけれど、しばられるものもありません。
横や前後と比べるものもありません。
悪く言えば孤立状態でもあります。
でも、ちっとも寂しくありません。ちっとも不安ではありません。
大変かといえばそりゃあ大変です。
ルーデンスやお預かりは採算なんて考えていません。
じゃあなんでやるのか?
それは
犬と何かをするのが楽しいからです。
もうひとつあります。
それは
アールとビンゴが残してくれた財産をみんなのために使いたいという思いです。
アールとビンゴと暮らした時間は最愛の時間です。
その中で学んだ事や経験したことが沢山あります。
それを自分の中に閉じ込めておいてはアールとビンゴの存在はいつまでたっても私の中にとどまっているばかりです。
それでは私もアールもビンゴも成長しません。
次に向かうためにはアウトプットが大事です。
私を動かす原動力・・・・


不思議なもので、私たちと犬達とは見えない糸でつながっています。
その糸で織りなす時間、織りなした何かがだれかの役に立つ、だれかの心をあたためる
ん?どこかで聞いたような言葉ですが、私はそんな糸をアールとビンゴと、そしてたくさんのたくさんの犬達と紡いできました。
ルーデンススタイルはその紡いだ糸でできています。

インスタグラム始めました♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
はじめたばかりの私が言える事ではありませんがそれぞれのレッスン風景を中心にアップしています。生徒さん間の情報交換にもぜひどうぞ♪ フォローもよろしく~♪
アウラのインスタはこちら
2016aura
お役に立ったならおひとつポチッと♪
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード