ルーデンスの犬として

湿った風がかなり強くふいていますね。雲の動きも速くってなんだかあやしい色の空です。
突然の雷雨に気をつけたいですね。
さて、昨日はルーデンスのころちゃんと過ごしてレッスンでしたが、あまりに暑くって外出はあきらめました。
社会性はしっかりついたしそんなに焦ることはない時期です。
5ヶ月半という時期は思春期の行動が出始めるころです。男の子は男らしく、女の子は女の子らしい行動となりますが、その行動が正しく行えるかというとそうではありません。
なんだか不恰好で不器用な感じ・・・そう、まるで人間の中学生がある日突然へんてこな髪型したり、香水をやたらとつけたり、どうみても不釣り合いな口紅やアイシャドーをしたり、みるからにあやしいファッションになったり、夜中に出歩いたり・・・・そんな感覚の行動が増える時期です。
ころちゃんも愛情表現に変化がではじめているし、匂い嗅ぎも強くなり、いろんな意味で成犬に向かっているのがよくわかります。2ヶ月半から5ヶ月半というわずか3ヶ月間でこんなにも成長する犬ってすごいですよね。
それだけにこの時期をどうすごすかで成犬になった時の自分との関係や社会との関係に大きな差が出てくるのです。
ころちゃんは様々な場所、様々な人、様々な犬と直に触れ合うことで自分をどう表現すればその状況にフィットするのかをある程度知っています。
鼻ぺちゃの犬は多くの確率で犬に嫌われます。それは真っ黒で真っ平らで目の位置も鼻の高さも一般的な犬としてのシグナルを出せる形状ではなく、なおかつ独特の鼻息でまっしぐらに近づいていくことが多いからです。
私たちからすればそこがかわいいのですが、犬界では失礼な行動であったり、攻撃的に感じることがあるため、こちらがそうでなくても威嚇されたり喧嘩の火種になることがおおくあります。
そういった点からもこうした犬種ははやくから社会化をし、飼い主さんがハンドリングスキルをたかめることは重要と考えられます。
ころちゃんは散歩で会う犬たちとも仲良くでき、みなさんから「あら、うちの子、鼻ぺちゃ犬苦手なのにねぇ・・・」と驚かれます。
たった5ヶ月半ですが自分の出かたをセーブすることのできる犬だからこそです。
しかしここからが大変です。思春期の犬はせっかくつけた社会性とはうらはらにへんてこな行動をとりはじめます。
大人の犬からすれば大変失礼な言動なのですが当の本犬はそんなことおかまいなしです。
飼い主さんとの関わりが希薄だとそれが飼い主さんに対して表現されます。
いわゆる反抗期のようなものですね。
事実、ころちゃんにもそんな傾向を感じることができますが、なんといっても生徒さんや私と何かをすることが大好きですから、その感覚はかなりの確率で軽減することができます。
思春期は1歳ころ、場合によっては2歳くらいまで引きずってしまうこともありますが、そのうち落ち着きます。
で、3歳から4歳くらいになると、あれだけ大変だったのが嘘のように大人しくなってしまいます。
で、犬のことを知らない人はこういいます。
「3歳〜4歳になったらおちつくから大丈夫よ・・・」
それは私からすれば「チーン」っていう感じです。
3歳〜4歳で年寄りのようになっては困るのです。
何歳になっても元気いっぱい、意欲的で一緒に楽しむことが大好きな犬でいて欲しいのです。
3歳〜4歳でまるで犬生終わったかのような表情で歩いている犬をみると、なんとも切なくなります。
多少は羽目を外したり、失敗したりしてもいいから、亡くなる直前まで明るく元気な姿でいてほしい。
もちろんそれはトレーニングをすること、社会性をつけること、管理をすることといった中で育まれていくことであり、人が共存してこその姿です。
インスタにあげているーデンスの子犬たちはみんな明るく素直です。のびのびとした性格と行動、そしてしっかりと私たちと協力できるスキルを持っています。
みなさんの日々の中で育むことが大半ではありますが、ルーデンスではそのきっかけづくりのお手伝いをしています。
どの犬の私の犬ではありませんから私もどこかで心にセーブをかけながら、この生徒さんならこんな感じかなってところで抑えています。ころちゃんの飼い主さんは若い夫婦ですから、できるかぎり社交的でなんでもできるように接していますが、あまり深くは発掘しないようにしています。
もしころちゃんが自分の犬であったならもっと違ったころちゃんになっているでしょう。
あくまでも私はアシストでありゴールを決めるのは生徒さんだということなのですね。
みんなでかっこよくゴールを決めましょうって思ったらワンクリックを!
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへアウラインスタグラムはこちらから♪
アウラのインスタ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー

乾いた心に

雨ですねぇ
しかも寒いです。昨日も寒くって上着着ていましたけど今日はもっと寒いように感じます。
みなさん風邪などひかないようにですね。
さて、昨日はルーデンスのころちゃんと一日過ごしました。ほかにレッスンも入っていなかったのでころちゃんと思いっきり遊びました。
で、即興のダンスを踊りました。
ダンスといっても多彩なトリックも正確なポジションもリングデザインもなんにもありません。構成だってその場だけのものですから本当に何にも考えていません。
インスタにあげるために1分間に編集しましたが、元は5分くらいあります。
それくらい全力で動くと汗かきます。
しかもその前にやりたいことを練習もしていますから体力も必要だし集中力も必要です。それは私だけでなくころちゃんにも当然必要です。
わずか5ヶ月齢のころちゃんにそんなことができる?・・・はいできます。いや、できましたというほうが正しいですね。
できると思ってなんかやってませんからねぇ、結果としてできちゃったということです。

思えば、私がビンゴとフリスタデビューしたフットルースもまさにこんな感じでした。
ちゃちゃっと練習して本番はほぼ即興です。
なんのキャリアも実績もない私とビンゴが経験豊富なみなさんの前でそんなのやっていいのか・・・・しかも事もあろうか上級者クラスにエントリー・・・・あはは、よく考えたら昨日書いた訓練試験と同じ飛び級ですよね・・・・自信過剰なのかなぁ・・・いや、たんにめんどくさいんですよね。それに結果だけ求めれば下のクラスででるほうがいいに決まってますけど、それだと自分たちの状態が見えてこないと思ってしまうのですよね。
その時は外人ジャッジ、しかも当時のクラフトでトップフリースタイラーです。ならばやってやろうという気持ちもあったと思います。今思うととっても無謀と思いますが、結果はなんと2位と同点の3位でした。
おっとビンゴ話になっちゃいましたが、昨日のころちゃんにはジャッジはつきませんし、トリーツいっぱい使いながらの演技でしたが、気持ちはビンゴと踊ったあのフットルースと全く同じです。
あの時より多少はスキルはあがったでしょうが、10年も年をとりましたから体力は落ちましたかね。
ちっちゃゅいころちゃんと動かなければいけないので腰にもきます。
だけど、だけど、とにかく楽しいのです。
自分の中にとどめていた何かがまた覚醒し始めた気がします。
また踊りたい・・・そんな感覚が・・・
ころちゃんはパピーのパグです。もちろん自分の犬ではありません。
週に2回だけ一緒に過ごします。
でもそれではやはりパートナーとは呼べません。
自分の犬が必要です。
パグであろうと保護犬であろうと柴犬であろうとボルゾイであろうとハイスペックのワーキング系ボーダーコリーであろうと私にはなにも変わりはありません。ただ、もしも次に迎えるのであればやはりボーダーコリーなのでしょう・・・それもバリバリのショータイプ・・・・えっ、なんでかって
あはは、だってかわいいんだもん・・・結婚したいくらいかわいいってなるとやっぱりそうなっちゃうんですよね。
性能は自分で作りますから。
ん?話がどっかいっちゃいましたね。
まぁ、踊りたいからというより、あの一体感を体が心が欲している・・・乾いた心が潤いを求めているってことですね。
それを昨日のころちゃんとの即興ダンスで感じたということです。
犬と何かを楽しむって素敵、大事ですねっておもったらワンクリックを!
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへアウラインスタグラムはこちらから♪
アウラのインスタ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー

感受性に触れるには

週末のお天気は良さそうですね。
気持ちの良い青空のもと、素敵な一日になりますように♬
さて、昨日はルーデンスのコロちゃんと一日をすごしました。
ルーデンスクラスは社会化教育と人と仲良くなるはじめの一歩のクラスです。
大半を外ですごすか、レッスン場で私と遊びながらいろんなことを学びます。
まだ4ヶ月例のパグですが、新百合ヶ丘駅のことゴミの中でヒールウォークをしたり豆粒のようにみえなくなるほどまで待つことや犬同士で遊んでいる中での呼び戻し、あるいはカフェで静かに伏せて待つなどのことがいとも簡単にできています。なにより人と何かをすることの楽しさを知ったコロちゃんは社会の中で怖がらずに積極的にいろんなことに関わる感受性を身につけています。
ただ、私はそれをこれ以上すすめるつもりはないのです。それは4ヶ月齢からの数週間は怖いものを学ぶ時期であるから慎重にすすめなければならないこと、それとコロちゃんの飼い主さんは私ではないということです。
もしもこの子が私の犬だったとすれば今頃は川で泳いでいるだろうし、表参道を歩いていることでしょう。
そしてベーシックトレーニングとしてのフォーマルなヒールポジションもほぼマスターしているでしょう。
ではなぜルーデンスの子たちにそこまでしないのか・・・・だってそこのところはもっとも楽しいところですからね、飼い主さんが自分の犬と体験すべきことですから・・・それをするかしないかは飼い主さん次第ではありますが、その道筋はちゃんとつけてありますから飼い主さんがやろうとすれば子犬はちゃんとついてきてくれるはずです。それがルーデンスっ子ですからね。
ルーデンスはみなさんにわかりやすくするために犬の幼稚園と称していますが、巷の一時預かりシステムの幼稚園とか保育園とはまったく異なるシステムです。
単純に犬と仲良く遊ぶだけならそんなのでもいいでしょうが感受性において養われるものはそれほど多くはないでしょう。
感受性にふれるものは狭い室内のたくさんの犬たちからではなく、もっとひろい世界にあるのです。
それを受け止められるのが4ヶ月齢までということ、理解していただける日が日本でもくることを願っています。
40年以上遅れた日本の犬教育をすこしでも先に進めたいと思うならワンクリックお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへアウラインスタグラムはこちらから♪
アウラのインスタ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー

成長を感じる日々

昨晩からすごい暴風雨、ようやく落ち着いてきました。午後には止むようですがレッスンにお越しの皆さんお気をつけて。とくに今日は千葉から2組いらっしゃいますから高速が混み合わなければいいのですが・・・
さて、今日もアルバと一緒です。朝からアホかと思う位、寝起きの私に喜んでいるアルバくん・・・わずか数時間なのに毎日こうして喜んでくれるならこちらもアホになろうと思えるから犬ってすごいですね。
彼らには時間軸も身なりも地位も何もかもがニュートラルです。
真っ直ぐに曇らず景色も人も見えているのでしょう。
そんなアルバは昨日はルーデンスのコロちゃんと一緒に過ごしました。
ちっちなパグのコロちゃんとどう過ごすか・・・はじめこそ丁寧にハンドリングしますが、ある接点を持ったと確認できれば私はこの子たちをフリーにします。この、ある接点を見つけるのが楽しいのです。
その後はまるで兄妹のようにとことん遊びます。その時の様子はインスタにアップしていますが、これぞアウラ、これぞルーデンスといった感じです。
今朝はさすがにこの雨では散歩は厳しいのでレッスン場でレッスンと遊びで楽しみました。
アルバ、実はフリスビー開眼です。
一昨日、屋外レッスン場でやったときにいいキッカケを産んだのです。
で、今日やってみたら見事に変わっていました。
ディスクドッグ誕生です。
これでアルバとディスク大会でたら面白いかもしれませんよ。
まっ、私の肩が壊れていますから以前のようにはいきませんがねぇ
あとでインスタにアップしておきます。
いいねって思ったらワンクリックよろしく
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへアウラインスタグラムはこちらから♪
アウラのインスタ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー

コロちゃんがやってくる

どんより曇り空ですね
今にも降り出しそうですが、朝から元気にアルバと散歩にいってきました。
いいねぇ、朝散歩は元気の源、いやいや元気のバロメーターですね。
どんなに忙しくってもこれは欠かせませんもんね。
さて、今日からルーデンスにパグのコロちゃんがやってきます。コロちゃんまでが名前なので、ちゃん付けするとコロちゃんちゃんになりま〜す。
たまたま元ルーデンスのアルバがお泊まり中といことで、新旧ルーデンスっ子で1日を過ごします。
アルバ、お兄さん風に振舞ってみるか❓
ん❓無理っ❓まっとりあえずやってみよう!
で、話が飛びますが、今月からネット接続状況が変わってスマホもグレードアップしてデータ容量もどっかり多くなりました。
これで動画のアップもバッチリです。iPadでホームページ作ったり動画のアップをするようになってからデータ容量気にしながらのアップが増えました。まぁ3GBしかなかったから当然といえば当然ですが、こういうストレスはできるだけ早く解消しないとおおかしな慣れ方しちゃいますからね。
で、調子に乗ってホームページ作りしていたら結構使っている・・・こういうのって天井知らずですね。
結局はデータ量ではなく使う側が試されている感じがします。依存してはいけないのだな。
シンプルにまいりましょう。
ホームページ楽しみって思ったらワンクリックよろしく
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへアウラインスタグラムはこちらから♪
アウラのインスタ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード