学習概論ミニ

今日は朝からいいお天気ですね。
3月下旬の陽気だそうですが花粉もすごそうだなぁ

さて、昨日はルーデンスっ子のムーちゃんと一日を過ごしました。
7ヶ月齢になるムーちゃんは思春期に入り、やや難しい時期です。
この頃は第二社会化期ともいわれますように、3ヶ月齢までの第一社会化期での経験を元にして上書きの社会化が行われます。
ゆえに3ヶ月齢までの経験値が少ないと鋭敏になることもあって要注意なのです。
もちろん科学的なプロトコルと実際は異なる点もありますから全てがそうとは限りませんが、私が知る限り経験の限りで言えば、多くはその通りとなります。
今日はパピーパーティーもありますのでちょっとこのことに触れておきましょう。

3ヶ月齢までの成長は神経系の成長が強く、身体に及ぼす影響はとても大きいのです。
そのため社会化には3ヶ月齢までがもっとも大切といわれます。
神経系の成長はさまざまな神経回路が形成され、外から受けることに対して対応できる能力に変わります。
この能力は一度その回路が出来上がると将来にわたって消えることはありません。
社会化は一生の財産と私がいうのはそのためです。
それゆえにこの時期に神経回路へ刺激を与え、さまざまな動きを経験させることで、後の大きな成長の下地を作っていくことができるのです。

よく、うちの子は集中力がなくて・・・という話をききます。
一方で子犬の頃は集中力がなくて・・・とも聞きます。
さて、どうでしょうね?
実は、最も集中力のある時期こそが3ヶ月齢までの社会化期つまり神経系の成長期なのです。
パピーは一見、集中力とは無縁で、あっちいきこっちいきして落ち着きがないように見えます。
しかしパピーは常にさまざまな刺激を求めています。
その結果、あっちこっち・・・・という行動がうまれ、それを単純に落ち着きがないと感じてしまうのです。

パピーが自ら刺激に近づけるということは、刺激を知りたいという欲求です。
その刺激のひとつが私たち飼い主であるとすれば、もっとも大切な時期に自分自身との良い経験を育むべきですね。
そしてパピーが将来にわたって経験していくこと、経験させたいことが外にあるならば、それもしっかり経験させていくべきなのです。
ですから集中力というのは社会化期にこそ養われますし、成犬になってからそれを養うのはとても難しいことなのです。
・・・うちの子は集中力がなくて
その子は3ヶ月齢までにどんな刺激を受けて育ちましたか?

で、話をムーちゃんに戻します。
7ヶ月齢になるムーちゃんは思春期に入り、やや難しい時期といいましたが、難しいというのは困難ということではありません。
社会化期にうけた刺激をベースにして、即座に行動におこせるすごい時期でもあるのです。
最近、アウラの生徒さんの中で話題となっている「真似をさせる」※実際には報酬に基づいた学習の一部であり、犬は模倣をする能力は持ちません。
も、この時期にどれだけ刺激を受けたかによって出現率が変わってきます。
もちろんそれを引き出すための人のスキルにも影響します。
たとえば、先日のムーちゃんは私の後について私が通った通りにあるきます。
ハードルを私が飛べばムーちゃんも飛びますし、三角コーンをいくつか置いて、そこをスラロールすればムーちゃんもそのように動きます。私が椅子に手をかければムーちゃんも前足をかけます。
それは教えたわけではなく、ムーちゃんが社会化をベースにして本当に簡単に考えもせずおこしている行動なのです。
もし社会化期に色々な経験をしていなかったとすれば、はじめてみるハードルや三角コーンにまず戸惑うでしょう。当然集中は私にではなく他のものになりますね。だからくっついて歩けませんね。

で、こういう真似をしているような行動に報酬をつけて、合図をつけていけば新しい行動を教えることはできます。
ところが、犬というのは鏡像認証ができないので、パントマイムのように真似をすることはできません。
この話はややこしくなるのでまた今度としますが、とにかく今のムーちゃんは学びの宝庫です。
一方でこの時期は生殖系の発育が強くなり、女の子は女の子らしい振る舞いをするようになってきます。
そうすると、せっかくの学びの宝庫もよからぬ方向に向かうことも多いわけです。
人間でいえば、中学生くらいになると、突然、鏡の前に立ったかと思うと何時間も自分の顔を眺めていたり、ある日突然、口紅をつけてみたり、どうみてもおかしな髪型だったり洋服を着たりするようになる・・・そんな時期なのです。
で、それをおかしいからやめなさいと注意すると反抗期のスイッチを押してしまうわけですね。
せっかくの学びの宝庫が反逆の狼煙をあげることになるのです。
ですからムーちゃんのこの時期は難しい時期なのです。

多くの人はこうしたプロトコルを知らないですし、専門家と呼ばれる人たちも知りません。
逆に、なんとなく経験値から、あぁそういうことかって思う人は多いでしょう。
でもそれじゃすでに犬の成長は終わっていますからね。

ちなみにうちのビンゴは成犬になってから耳が聞こえなくなりました。
そのため、新しいことを教えるにはとても苦労をしました。
だって、合図が出せないのですからね。クリッカーも聞こえませんしね。
そこで自然に私とビンゴは真似っこ学習に入って行きました。
幸いなことにビンゴは社会化を適切に行なったため、私の指示がなくても自分で報酬に向かう術を持っていました。
私が行動するアクションに反応する能力はとても高かったため、今のムーちゃんがやっているような金魚の糞状態の行動はとても上手でした。あれを報酬にくっつけていけばもっと新しいことができたのでしょうが、残念ながらその頃は自分の中にこの学習の形態が確立できていませんでした。
ちょっと話がそれていっちゃいましたが、とにかく社会化から思春期の時期は大切です。
ルーデンスではそこまでの時期をできるかぎりアシストしています。
ルーデンスは正直なところ大変な労力ですし、対価としては報われません。
しかし私にとっては報酬は金銭よりも、この経験を通して自分自身のプロトコルを確立していくことです。
私は誰からも学びの時間は持ちませんが、こうして犬たちから学んでいる。
で、一番難しいと思うのは、
この経験からできあがったものを人に伝えること・・・・
西田語は難解と言われますが、自分でも何いってるんだかなぁってことありますから
えっ、私の社会化が問題・・・
そ、そ、そうかもしれませんっ
そう、時々よくわかりませんって思うならワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへアウラインスタグラムはこちらから♪
アウラのインスタ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化
アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー

アウラで売っているものって?

小雨の朝ですね。
花粉も雨と共に流れてくれぇって思ったりして・・・
今日は朝からオビディエンスレッスンで外に出ますからね。
そして夕方からは釣りに出かける予定です。

さて、昨日もたくさんの犬たちでにぎわったアウラでした。いつもありがとうございます。
問題行動のカウンラリングもありました。
アウラの場合、問題行動に対しては60項目におよぶスクリーニングをします。
現在過去未来、そして環境、エネルギーレベル、対応といった様々な視点から人と犬との関わりを見つめなおします。
すると客観的な方向性が見えてきます。
手段ではなく、まず人間が客観的に認識をすること。
これなくして手段も行動もありません。
客観性のない手段というのは博打のようなものですが世の中はこれで蔓延していますね。だって特効薬的なものって魅力的ですからね・・・・そう、博打って時々当たるんですよね・・・だからやめられないわけ。
先日の新聞にも
イボ薬「ヨクイニン」に対して日本臨床皮膚学会と日本皮膚科学会が是正を求めているとあった。
どういうことかというと、よくテレビでやっているCMでは加齢性のいぼに対して効果があるような表現と画像がありますが、実際には加齢でできるものには効果は期待できないという。
私もCM見たことがありますが、老齢の女性が使用前使用後で映し出されていますが、あきらかに老齢性のもの。
ところがウイルス性のいぼには効果が期待できるため、表現をごまかせばこんな商品がよく売れるわけです。
でもね効果のあるのはごくわずか・・・結局大半はお金の無駄です。
売る側もダメだが買う側ももっと客観的に判断すべき審美眼でスクリーニングするか、専門家に相談すべきと思う。
とはいえ人の弱みに付け込むこの手の商品商売は後をたたないですね。
犬の世界もたいして変わりません。

そういえば先日もフレンチブルドッグのカウンセリングを行いました。
飼い主の問題点がかなりたくさんあることがわかりました。
レッスンの予約をされましたが結局は来ませんでした。
たぶん特効薬を求めていたのでしょう。そういう人はアウラにはフィットしませんからね。
いゃあそれにしても特効薬ってなんて魅力的な言葉でしょうね。
わずかな料金、自分自身の努力もなく改善できる・・・・魔法のようです。

ドッグトレーナーをカリスマ的に崇める人ってたくさんいますが、私は魔法使いでもカリスマでもありません。
魔法のようなポーションも、手品師の小道具も売りません。
ふと思いました。
アウラで売っているもの・・・なんだろう
みなさん、なんですか?教えてくださいっ
私知ってるって思うならワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへアウラインスタグラムはこちらから♪
アウラのインスタ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化
アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー

子供の教育?親の教育?どちらが必要?

どんよりお天気スタートですね・・・ちょっと寒いかも。
でも着実に季節は変わっています。だって私、目は痒いし喉は痛いし、頭も痛い鼻水はでるし・・・はい、花粉症がスタートしました。昨日の散歩レッスン中にそれは一気にやってきました。
まっ、毎年何もせずに過ごしちゃっていますけどね。
ある日突然なってしまった花粉症ですからある日突然なくなるだろうと、あえて予防せず、体の免疫力を最大値にしています。
さて、今日の新聞にこんな記事がありました。
「しつけのための体罰容認56.8%」
国際NGOセーブ•ザ・チルドレン・ジャパンの調査結果です。
国内の20歳以上2万人からの回答だ
しつけのための体罰は
「他に手段がないと思った時のみすべきだ39.3%」
「必要に応じてすべきだ16.3%」
「積極的にすべきだ1.2%」
まぁ、こういう結果は日本の恥部のひとつですから恥ずかしいと感じなければいけないのですが、残念ながらそう思う人は少ないのかもしれません。
ちなみに体罰は世界53カ国が法律で禁止しています。
で、私が何が一番問題と感じるか
それは体罰を使うことではなく、もっと根本的なところが問題と思うのです。
体罰を行う大半が「他に手段がないと思った時に体罰を下す」と言っているが、ではどんな手段を講じたうえで体罰が最終手段となっているのだろうか?
だいたい察しがつく
「言葉で注意した」とか「怖い顔でにらんで怒った」とか所詮そんなところでしょう。
ではその言葉ってどんな言葉を使ったの?
怖い顔はなぜ効果があるの?
まったくロジックがなく感情的に発作のような方法かもしれない。
それでは子供は理解できない。それどころかよけい悪くなっていく。けっか体罰をくらうことになる。
理解できないところに体罰をくらうわけだから、子供のうける精神的な苦痛は想像を超えます。
でも多くの人はしつけの方法を知らないし、知ろうともしない。
自分がうけたしつけの方法や友達から教えてもらったこと、バラエティ番組でやっていたことが行動の出発点であり、暴力をつかう人の知識です。

アラブの名言に「最悪の貧困は無知であること」とあります。
人の財産は金銭的なものや身なり、持ち物だけではなく「知恵」のほうが大切だとこの言葉は語っています。
こうして聞けば、たしかにそうだと思いますが、子供や犬という自分とは違う価値観や行動をする状態に対して、多くの人が感情的になり過ぎてしまい、貧困な行動をとってしまいます。
仮に高級ブランドの洋服を着ていたとしても、高級車に乗っていたとしてもその人は貧困であるということです。

まず大人は知るべきです・・・子供や犬たちは反論できる能力を持たないし、理解できるスピードも量も私たち大人とはまったく異なるということを。

よく大人がいう言葉
「はやくしなさい」
「ちゃんとやりなさい」
ですね。

「はやくしなさい」
「ちゃんとやりなさい」
は命令です。
では、はやくとはどれくらいの速度を示すのでしょうか?
ちゃんととはどんな状態を示すのでしょうか?
もしその価値観を自分が持っているとすれば、まずそのことを子供や犬たちに示すべきでしょう。
でなければ子供も犬もそれを行うことは不可能です。
不可能であるばかりか混乱を生じてよけいにできなくなってしまい、大人の言うところの
「のろのろしないで」
「いつまで遊んでいるの」
になって
「ダメでしょ‼️」
「何度言ったらわかるの‼️」
最後は体罰・・・
子供はまず心に傷を受けて、体に傷をうけて再び心に傷を受けて育ちます。
もちろんそれでも大人になれるし、社会の中で良い出会いがあれば親の無知という貧困から救われることもあるでしょう。
でも、できることなら、まずは自分自身が学びをもって無知から遠ざかり子供や犬を育てる。
そうすれば自分自身も豊かな気持ちになれるし、子供や犬も命令に従うという関わりから協力し合うという関わりになるでしょう。
教育とは命令ではないし、できなければ罰がくだされるようなものではありません。
教育とは社会が豊かになるためのツールなのだと私は思います。
体罰がダメだとはいいません。必要な場合もあるのかもしれません。
しかしまずはじめにすべきこと・・・
もっともっと考える必要があるように思います。
私もそう思うならワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへアウラインスタグラムはこちらから♪
アウラのインスタ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化
アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー

いつかきた道、知らない道、通るべき道

曇り空スタートですね
私は手のひらとおしりの筋肉痛です。そう土曜日のボーリングの影響が今出てきました。
ボーリングって普段とは違う筋肉使ってるんですねぇ
まっ、5ゲームもすればそうなるかぁ

さて、昨日もたくさんの犬たちで賑わったアウラでした。
朝は英国ゴールデンのベーシックレッスン
足の運びや集中と解放システムの確認など、アウラでいうところの基礎を行いました。
生徒さんは他のところでトレーナー養成講座?をうけてドッグダンスをトライしてきましたが、モチベーションコントロールができず、指示には従うけど楽しそうな顔が見れませんでした。
今は、それはもうまったく別犬のような笑顔でレッスンに通っています。
ドッグファーストというのは人の努力が大きいです。すごくエネルギーを使います。
けれどそれ以上に犬は輝く笑顔を見せてくれます。
エサで喜ばせるか自分自身で喜ばせるか?
見た目はよく似ているのですが、犬の精神的なところは全然違います。

小型犬のグループはお休みが多かったですね。風邪やインフルまだまだ油断できませんね。
無理せずご自愛くださいね。
カドリールの練習、基礎練習いい感じです。
新しいことも学びます。なかなか難しいことをやってますが、必ずできるようにします。
なんといっても小型犬グループはかわいいのです。
このかわいさとぴしっとした動きが重なった時、すっごくかっこいいのです。
私の妄想は広がっていますが
じっくり時間かけていきましょうね。

牧羊犬グループはフルメンバー12頭が揃いました。
人の数も多いので予備の椅子も出して大賑わいでした。
子供も3名いましたね。
子供たちが大笑いしてくれるから私もレッスンを楽しくできます。
犬と子供の笑顔は無敵ですねぇ
この日の最後のレッスンは散歩レッスンでしたが、すっごく寒かったです。
一度暖かくなってからのこの寒さはこたえますね。
帰宅時には珍しく頭痛になりました。
まぁ一日寝たら治りましたけどね。

そんなこんなで一日があっという間に過ぎていきましたが、私にとってはとっても楽しい時間です。
アールとビンゴがいなくなってからすこしがむしゃらにレッスンをしていた時期があります。
その後、1週間びっしりレッスンというところからルーデンスを始めて余裕を持つようになりました。
そして今、次のステップのための準備を始めています。
アールがいなくなってからまもなく3年、同時にアウラ第3章、今の場所にきてから3年です。
みなさんの笑顔とともにあるアウラ
この笑顔を次のステップにつなげたい。
そのためには私がもう一段上がらねばなりません。
新たなる希望
その出会いに向けて雪解けとともにスタートを切ろうと思います。
確実なものは何もないし、迷い道もあるかもしれませんが、今はこの道を先に進みます。
私もそれがいいって思ったらワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへアウラインスタグラムはこちらから♪
アウラのインスタ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化
アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー

四角い箱

いいお天気ですね。
はりきってまいりましょう。
さて、このところホームページのリニュアルに時間を費やしています。
といっても進捗状況はトボトボな感じ。
私はもともと芸大でデザインを専攻していました。またデザインに関わる仕事を長年してきました。
そのせいもあって、デザインや美術に関してなんだかんだとめんどくさいところがあります。
私の頃はデザインは紙面上のものであったり、立体物であったりでした。
ところが今はwebです。
パソコンの画面やスマホの画面上の動くデザインです。
正直なところ完全についていけていません。
もはや時代遅れな自分の感覚と能力
いつまでパソコンの画面で観れるもの作っているの・・・・今やスマホ時代ですからね。
今のハームページをタブレットで見ると、両サイドは切れているし、スマホ用のサイトは作ってあるものの、デザインとは程遠い代物・・・結局こだわっているところが全然ちがうのでデザインが意味をなさない状態です。
ということで、自分の固まっている感覚を振り払い、スマホ画面優先、スマホ機能優先のホームページを作ろうと思っています。
で、私はスマホ持っているのですが、このスマホ、メールも受け取れないし、webも見れない(Wi-Fi接続のみ)
スマホは電話を受けるだけのツールとしか使っていません。
おいおい、そこからですかぁ・・・と嘆きの声が聞こえてきそうです。
アイパッドは2年ほど前に購入して今や私にとってなくてはならないツールになりましたが、活用の方法はたぶん全然なのだと思います。
だって、あんなに大きな板を持って犬たちの写真とってインスタにあげてますからねぇ・・・・あんなことiPhoneがあればもっと楽なはずです。
ということで、いよいよ私も月契約980円のスマホからiPhoneに変える時がきたようです。
だって、自分が自分のサイトをスマホで見れなかったらデザインもなにもありませんものねぇ
いゃあ、出費もかさむみますねぇ
家ではiMac、車のナビは7インチのタブレット、レッスン場ではiPad、そして伝達はiPhone・・・
まさか自分がこんなにも四角い箱に依存する生活をおくることになるとは・・・
いやだぁぁぁぁぁぁ
私もいやだぁっと思ったらワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへアウラインスタグラムはこちらから♪
アウラのインスタ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化
アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード