未来予想図

今日は暖かいですね〜
春〜って感じです。

昨日も沢山の犬達で賑わったアウラです。いつもありがとうございます。
そんな中で、目が見えず、耳も聞こえず、においも嗅げないコのレッスンがありました。
まだ吠えたところも聞いた事がありません。
人でいえばヘレンケラー以上にコミュニケーションが難しい状況です。
そんなコとのレッスンが始りました。
昨日は「触れあう」そして「反応する心を拓く」でした。
呼んでもわからないし、手で誘ってもわからない、トリーツのにおいもわからない・・・・でも完全にわからないはずはない・・・・・100分の1でもわかっているならば、その研ぎすまされたところに私達が入って行く精細さがあればいいだけ・・・・そしてそのための創意工夫をすればいい。
手のひらにおやつをおいても、それを探す事ができない。味覚はあるから口もとにおやつをつければ、ついばむようにそれを食べようとする。けれどおやつとの距離感がとれないから、手を噛んだり、違うところを空噛みする。
そうしたことをうまく改善しながら、ああでもない、こうでもないと試行錯誤をつづける。
ヒントは必ずあるはずだ・・・
そうした中で、このコの感性と私達の感性がピタッと逢う瞬間がある。
手段やカタチでいえば、単純でどこにでも転がっているようなことだけれど、この瞬間、この感覚を呼び込めなければ、それはただの理論でしかない。
つまり、ひとりで読書をしているか、舞台でその文章を演じているかの違いかな?

そうこうしているうちに我々は呼び戻しができました。
びくびくすることなくさわることもすこしできました。

これからこのコとうまくやっていけるのか・・・自分にはなんの自信もなければ、補う技術もありません。
けれど、なぜだかその未来予想図はちゃんと描けています。
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
犬のしつけ方教室アウラ
101とフリースタイルファンマッチの募集要項はこちらから♪
101 フリースタイルエントリーについて
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード