仔犬の社会化と飼い主さんのスキルアップ

まだまだ寒い日がつづきますね。
それでも鳥達のさえずりや、土の中から顔を出す新しい息吹に春を感じます。
季節があるっていいですね〜

さて、昨日も沢山の犬達でにぎわったアウラです。いつもありがとうございます。
パピーパーティーには8頭の犬達が集いました。
パーティーは社会化のための場でもあり飼い主さんに学びのチャンスを得て頂く場でもあります。
ルーデンスやレッスンに参加しているボーダーコリーのステラ、トイプードルのモアナ、ゴールデンドゥードルのティノ、ポメラニアンのえいたも参加しました。
この子達は社会化のスタートもはやく、深度も深いため犬らしいコミュニケーション能力がしっかりついています。
そのため、仔犬同士の中にあっても、社会化の遅れた仔犬に対してちゃんとリードすることができます。
とくにステラは恐がりの子や、どうしていいのかわからずとまどう仔犬に対して見本を示したり、間をおいてにおいをかいであげたりします。
先住犬に社会性があることや飼い主さんのスキルが高いということも影響してはいますが、こうした行動をみるにあたり、やっぱり社会化ははやいうちから、しかも適切な技術と手段によって継続的に育まなくてはいけないと感じました。

社会化は一生ものの財産です。あとで付け足す事はほぼ不可能です。
それに気がついたときは後の祭り。
その後の十数年をお互いが、
そしてとりまく社会がストレスを帯びて暮らさなくてはなりません。

2ヶ月齢から3ヶ月齢という最も大切で本当に短い期間、
そして3ヶ月齢から4ヶ月齢という時期においてほぼすべての社会性は確定されます。
4ヶ月齢から5ヶ月齢は注意深くその社会化されたことを残していく期間(怖いものを学ぶ時期です)
さらに5ヶ月齢から7ヶ月齢は第二の社会化期ともいえる思春期がやってきます。
最も難しい時期ですが、それまでに飼い主さんとの関わりがしっかりできていれば確実に乗り越える事ができます。
ところが、社会性も弱く、飼い主さんとのコミュニケーションも微妙であると、さらにその関係はこじれてしまう。
そうこうしているうちにもう1歳で成犬です。
たった数ヶ月で将来が決まってしまう犬との関わりが社会化期なのです。
でも、こうして啓蒙してもほとんどの人がピンとこないままに、ストレス生活に突入してしまいます。
アウラの生徒さんからすれば、どうしてわかんないのかなぁ、どうしてこんな楽しくて大事なことをやらないんだろうって思われるでしょうが、それが犬先進国から40年遅れた日本の実情なのです。
いつまでたっても犬はペットです。家族の一員にはならないですね。だから公共機関は乗れないし、お店にも入れないし、リードもはなせないのです。
だって、そんなことしてら、社会性の弱い犬と知識とスキルのない飼い主さんがどうなるかは容易に想像がつきます。そこら中で問題続出で、あっというまに入店禁止、乗車禁止です。

アウラではレッスンへの勧誘も値引きも一切しません。
でもいたるところで勧誘の手はあるでしょう。
値引きや特別な何かもあるでしょう。
そうしたところを利用すればより安く、お得に自分のスキルをあげる事ができるかもしれません(保証はできませんが)
アウラに来なくていいので、パピー達を、そしてとりまく社会を安全で安心して楽しく過ごせるものにするために、ほんのわずかなお金と1週間にたった1時間という小さな時間と、世界中で一番沢山の愛情(自分に甘え、犬を甘やかすことが愛情ではありません)を仔犬に与えてあげてほしいと私の全ての愛と心を込めて願います。

来月のパピーパーティーは25日開催です。
既に定員となっていますが若干数お受けしておりますのでお早めにご予約くださいませ。
インスタグラム始めました♪て
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
はじめたばかりの私が言える事ではありませんがそれぞれのレッスン風景を中心にアップしています。生徒さん間の情報交換にもぜひどうぞ♪ フォローもよろしく~♪
アウラのインスタはこちら
2016aura
お役に立ったならおひとつポチッと♪
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード