私の中のダース・ベイダー

今日も涼しい朝ですねぇ
昨日なんて寒いくらい。
屋外が22度で屋内が24度と逆転現象がおきましたからまさに秋のような気候でした。
来週から真夏日が続くというけどはたしてどうなのでしょうねぇ
私としては川遊びもあるし、夏らしい日が欲しいところです。
さてその川遊びですが、たくさんの参加をありがとうございます。
この日曜日で締め切りますので参加希望の方はお早めにご連絡くださいね。

全然話が違いますが、今朝、私は粘土細工をしました。
粘土細工大好きですが久しぶりです。
なぜ始めたかと言いますと、
子供の自由研究のために買って来た粘土があって、子供は結局違うことを始めてしまいその粘土が余っていました。
今朝の会話の中でその話とスターウォーズのダース・ベイダー論で盛り上がりました。
そして、自分の感じるダースベイダーを表現するとしたら?という話になって
瞬時にひらめいてしまったのです。
で、粘土の袋をおもむろにやぶり猛然と作り始め、30分ほどでできあがりました。
まだ色をつけていないし未完成なのですができあがったらインスタにアップしますね。
いゃあ、粘土ってほんと楽しいですね。
学生時代は陶芸に没頭した時期があります。
菊練り、ろくろ、釉薬、焼成・・・私がはじめて会社勤めしたのも陶磁器メーカーでした。
似合いませんが、当時は花の絵ばかり描いていましたし、工場で試作したり、ラインの中に入って現場を学んだりといろんな経験をしました。小さな型やさんや工場のおやじさんともいっぱい話をしました。
陶芸と現実の商業とのギャップも知りました。
そんな中で毎日が過ぎていくとストレスも増大して結局はやめてしまいました。
不景気の真っ只中であったし、退職金なんて出もせず、B品の現物を車いっぱいもらって、それを喫茶店を回って売り歩きました。
若かった自分のそういう姿にコーヒーを入れてくれたやさしい方もいらっしゃり世の中も捨てたもんじゃないなぁって思いました。
全部売り切った時、車の車高が重さで地面につきそうだったのが元に戻ったのを見て、ちょっぴり誇らしく感じたことを思い出します。
あの時は辛かったけど、辛かった中での小さな喜びはちゃんと覚えているもので、その経験は今の私を作り上げていく上で欠かせないことだったのだなぁと思います。
みなさん苦い経験とか失敗とか、残念な経験とかありませんか?
きっとあるはずです。その時はなんともならない気持ちになって、そこから抜け出せないかもしれません。もがいてももがいた分だけ前には進まず苦悩は減らないように思います。
でも、私たちには超えられない試練はなくて、かならず抜けられる道が用意されている。
事実、私自身の人生は壁だらけだし、時には超えられそうもない壁を前にすることもあります。
今の自分も犬のいない、犬を迎えられないまま壁の前でただ呆然と上を見上げている自分がいます。
こんな苦悩はしたくないし、お金さえだせば犬なんて手に入れられる日本ですが、そういう気持ちはない。
それは自分だけの苦悩だからだれも助けてくれない・・・そう思うと余計に苦しくなってくる。
でも、2年前の自分と1年前の自分、そして今の自分の中で、この苦悩は確実に動いていることも実感すします。
決して生きかたが上手ではなく、むしろ下手だと自分では思いますが、不器用なりに形はできていく。
今朝作った、私の思い描くダースベーダーはそんな私自身の人生をも表しているように感じます。
えっ、そんな大作なんですか?
あはは、手のひらにのるようなちっこい作品です。
宇宙の営みの中からみれば私たちの一生なんてそんなものかもしれませんね。

今年も川遊びレッスン開催です。みなさんの参加をおまちしております。
川遊びレッスンのご案内
アウラフォトムービー2仔犬の社会化
アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー
いいなぁって思って頂けたらワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

インスタグラム始めました♪それぞれのレッスン風景を中心にアップしています。フォローもよろしく~♪
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード