痴呆

雪も随分溶けてきましたね。
私道周りはまだそれなりに残っていますのでご注意くださいませ。

地方ではまだまだ孤立状態が続いているようです。どうかはやく復旧されることを願うばかりです。
地方といえば、私の身近に痴呆の老人が何人かいます。
はじめは痴呆だとは思っていませんでした。あまりにも時系列がおかしくて、つじつまのあわない話が多いので、コミュニケーションがとれず、いらいらすることばかり・・・・身勝手、自己中心的、自分の都合のいいことだけおぼえていたり、それに基づいて会話がどんどん変わって行く・・・・感情がそれに交錯していく・・・正直、関わりたくないのですが、そうもいきません。

先日、そのご家族とお話をする機会がありました。
そうしたら痴呆がかなり進んでいて、家族の中では暗黙の了解だということを知りました。
みんな我慢しているそうです。
でもそれでようやく私の中でつじつまがあいました。
そうかこれが痴呆というやつなんだ・・・・身勝手、自己中心的なんじゃなくて、それしかできないんだ・・・・
怖いです。
でもそうやって老いていくのだなぁって知りました。
しかしそれは放置しておいては好ましくない。どうしたものか、考えてもどうにもならないのですが・・・・強いストレスに苛まれます。
っと、そう考えていると、うちのアール君ももしかすると痴呆が入ってくるのかも・・・・犬にも痴呆はあるでしょう。
加齢による変化は犬も人間も同じであるそうです。
神経組織内の情報伝達速度に関し、健康な若い犬では時速360キロであるのに対し、老犬では時速80キロ、そして脳内で代謝されるエネルギー(ブドウ糖)の量に関しては、3歳を過ぎるころから代謝量が減少し、14歳を過ぎると、若い頃の半分にまで減るそうです。
まぁほんと人と同じですね。しかし人の場合は大脳新皮質の発達が大きいから、自分はぼけていないと思ってしまうことがそもそもの問題なわけです。けれども犬の場合はそうではないのでかわいい老犬になりやすいのでしょう。
老化現象は様々だと思います。
そうなる前にしっかり頭を働かせたり、仕事を与えてあげる事は老化、痴呆をおくらせる良い方法でしょう。
そのご家族は、その方に思うようにさせているようです。たしかにそのほうがいいのかもしれませんが・・・・どうなんでしょうね。
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
犬のしつけ方教室アウラ
101とフリースタイルファンマッチの募集要項はこちらから♪
101 フリースタイルエントリーについて
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード