らしさ

春ですねぇ〜
暖かくなりそうです

昨日のマンツーマンレッスンでは
まだはじめて数ヶ月のコのフリースタイルレッスンがありました。
アウラにつくやいなや、弾けるように飛んで来て喜びの舞を披露してくれるのもすっかりおなじみです。
このコはとにかくママさんとフリースタイルの練習をするのが大好きです。
たぶん大好きを通り越して、これが自分のお仕事だと思っています。
この1ヶ月2ヶ月と努力に努力を重ねたルーティンはシンプルだけど見せ場もあって、このコらしさが随所に現れています。始めの頃はバタバタしていて、人と犬がちぐはぐでしたが、今では丁寧で正確な指示と、ひとつひとつを認めながら、できないことはすぐさまフォローをしていく強い気持ちが一体感へと誘います。
見ていて気持ちいいルーティンができてきました。
まだまだなところはありますが、完成させることよりも、ここまでやったということが見せれればオッケーです。

このコはアウラに来る前は別犬のようでした。
始めてあったのは、アウラで行なったデビーさんのTタッチのワークショップでした。
その頃のことは今でも憶えています。
ママさんも深刻な表情、こわばった顔で、もうどうにもならないといった感がありました。
このコも全身で怖がりであることを表現していました。
できることならどこかに逃げ込みたい・・・・私を見ないで・・・・
ママさんは怖がり克服のために色んな事をこのコと共にトライしてきました。
しかし一向に良くならない・・・Tタッチも・・・
選んで頂いたのがアウラでした。
カウンセリングからはじまり、ベーシックトレーニング、そしてフリースタイルレッスン、グループレッスン・・・・
犬の動きがどんどん変わって行きます。
人の気持ちがどんどん変わって行きます。
難局も沢山ありました。
私も強い気持ちで向き合いました。
受け入れようとするママさん、信頼してくれたママさん、努力するママさん、その姿はおよそ表情に現れずともわかります。感謝でいっぱいです。

何十年も人間をやってきて、いまさら変われるかっ?・・・・そんな人もいらっしゃいますが、ママさんは自分達のために「柔らかさ」を持って「強さ」に変えていきました。
そう、変わらなくてもいいのです、自分の感性を柔軟にすることで、犬の心がみえてきます。
アウラはそれを可能にする柔軟剤のようなものかもしれません。
レッスンの最後に一曲通しで踊ったときに、私は思わず拍手をしました。
左の親指が痛いのでグーの手で拍手でしたが、本当はもっと大きな音がしたはずなんですがぁ

人好きの犬や、犬好きの人や、犬好きの犬や、人好きの人や、全部好きな犬や人がいます。
でも、そういう他犬や他人との接点なんて24時間のうちの一部分です。
一番中心にいて、長くつきあっているのは自分自身です。
私達も犬達も、そんな自分自身が大好きです。
このコのように怖がりな自分であっても、それが大好きなのです。

人は自分の嫌な所があると、自分が嫌になって自分を否定しがちです。
でも、嫌な所なんてみんな持っている。
自分が自分の中で苦しんでいるのであれば、それを認めてあげれるのは、一番身近にいる自分自身なのだと思うのです。
そう、自分の嫌な所なんてみんなわかっているんです。それを否定せずに受け入れるって勇気がいります。
私自身もやっぱりそうです。
自分の嫌な所っていっぱいあります。
そうじゃないんだって否定したくなります。否定することもあります。弱い自分です。
でも、前に進む為には、そういう自分を認めなくちゃいけない。
そうしないと足がすくんでしまいます。
アウラには一緒に夢を叶えるためにがんばっている頼もしい相棒達がいます。
みんなそうやって前に進んでいます。
そんな姿を赤裸々にお見せすることで、もしかすると皆さんにも伝わって行くんじゃないかな?そう思います。
一人は皆のために、皆は一人のために
そうやって今日も何かが始っていくのです。
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
犬のしつけ方教室アウラ
101とフリースタイルファンマッチの募集要項はこちらから♪
101 フリースタイルエントリーについて
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード