フリースタイルのジャッジ

今日はお休みを頂いて、獣医さんにいってきました。
その後は、将来のアウラの為にできることをすこしだけ探ってきました。
なんだかんだで全然時間がなくなってしまってブログの更新もこんな時間になってしまったぁ
101とファンマッチの集合写真をみなさんにお送りしたのですが、どうやら容量制限やらなんやらで送れない方がいっぱいいることが判明しました。
で、あまりに多いので、写真なしメールを再送しました。写真が必要な方は添付で送れるアドレス教えてくださいね〜
もらってなかったぁ〜とか無しですから

さぁて、今回のファンマッチは70組のペアが参加しましたが、どのペアも日々の中で犬と楽しんでいる姿が垣間みれて
とっても気持ちのいい時間を共有できました。
ジャッジ席というのはすご〜く眺めのいい席でして、その緊張感や息づかい、コマンドの出し方やほめ方がダイレクトに伝わってくる席です。
この席に7回座らせて頂いたわけですが、自分でも不思議くらいジャッジをするポリシーのようなものが出てきました。
これはおそらく、毎回のように出て頂いているペアがあって、そのルーティンとその特徴を自分の中に記録されていることが起因していると思われます。
もちろんそれが変なバイアスにならないように常々リセットをかけているのですが、経年での変化や進化はやっぱりすごいと思うわけです。
こうした変化に対応できることもジャッジとしてのポリシーになるのかなぁとおもって見たり、逆に変化にぶれないポリシーも必要であったりと・・・本当にジャッジの目線というのは難しいと今更ながら思うわけです。
じゃあ、それぞれのジャッジがちぐはぐなことを書いているかと思うとそんなことはなくて、同じ事を異口同音言っていたりするのです。
それから、毎回のようにジャッジの中にテーマ性がでてきます。これも不思議なくらいよく似ています。
これはもしかすると、それぞれのジャッジが日常のレッスンの中で必要と思われる事が似通っているからかもしれません。そしてそれがファンマッチの演技でも必要だと感じるからなのかもしれません。
さぁ、誰か次回のファンマッチのジャッジやりたいって方いらっしゃいませんか〜
勉強になりますよ〜♪
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
犬のしつけ方教室アウラ
101とフリースタイルファンマッチの募集要項はこちらから♪
101 フリースタイルエントリーについて
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード