組を代表する賞の意味

昨日は降るはずもない雨が降り続けましたね。狭い屋内レッスン場でのレッスンでご迷惑をおかけしました。
でも今日はいいお天気です♪

ファンマッチの話をしましょう
今回のぐるぐるアワードに古木さんとトト&パスタ、ゆるゆるアワードには山本さんとRUI、ソイヤーアワードにはアウラ組の辻さんとこーたが、ワオアワードにはジュンペーさんとボーノが受賞されました。
どの演技もよかったのですが、何がよかったかと言われると説明が必要です。
でも共通するところがあります。
それは、記憶にのこる演技だったということです。
今でもその演技を思い描くことができます。
それから、もうひとつの共通点はそのペアらしさが強く表されていたことでしょう。
ペアらしさを引き出すためには、お互いの信頼関係が強くなければ成り立ちません。
信じることの大切さ・・・・アウラのレッスンでお伝えしている、とっても大事なこしですね。
それがとてもよくあらわれていたと思います。
でもね、じゃあ出来映えはよかったかというと、どれひとつとして良くなかったのです(笑)
完成度は低いし、コンテンツの洗い直しや演技の雑さ等はいたるところにあって、そこだけ突っ込んでしまうと、とても賞には値しません。
しかしながらその組を代表するような演技であったということなのです。
この賞をうけたペアは、この演技をしっかり完成させていくことでほんとうの意味でアワードとなるのだと思います。
アウラファンマッチならではのこうした賞があることで演技する側も見る側も楽しみが広がりますね。
今週末はパピーパーティです。
パピーパーティでもそんなアワードがでるといいですね♪
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
犬のしつけ方教室アウラ
101とフリースタイルファンマッチの募集要項はこちらから♪
101 フリースタイルエントリーについて
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード