フィットハイブリット試乗

今日の日差しは夏を予感させますね
犬達の散歩時間がどんどん早まってきます。それに伴い早起きモードに切り替えて行かなければですね〜

昨日の夜はホンダへいってきました。
生徒さんが車を買い替えるのでそのお手伝いでひさしぶりの試乗です。
ハイブリットからハイブリットへの乗り換えですが、トヨタ車からホンダ車への切り替え、そして4年という経年でのハイブリットの捉え方の違いを体感する面白い試乗となりました。

ホンダのハイブリットは、ホンダらしくエンジンで走る楽しさをしっかり残しつつ低燃費を達成しているところに良さがあります。
それに対してトヨタ車は、どちらかというと電気自動車という新しい概念を提案するところに良さがあります。
また、サスペンションや操作性も、ホンダ車は固めの設定で、車の挙動が運転者にしっかり伝わってきますから、自分でコントロールしていくことで安定性を高めます。
静粛性はハイブリットですから高いですが、ちゃんとエンジン音もしてきます。
一方のトヨタ車は、車そのものが挙動をわかりにくくすることで、運転者のスキルに関わらず安定している感覚を与えてくれます。エンジン音はほとんどしません。
エンジンとモーターの役割のバランスも異なります。
ホンダ車は市街地でのバランスを大事にしているように思います。トヨタ車は長く走れば走る程にハイブリットの恩恵が感じられます。
フィットのようなコンパクトカーの場合はホンダ車のほうが向いているかもしれませんね。ただし運転の仕方によって大きく異なってきますので参考までに。

さてフィットそのものですが、3代目となるフィットは外観内装ともに一新してまったく別の車に生まれかわったという印象です。
ハイブリット感覚もより高まって、エンジンの役割がすこしスポイルされていましたが、踏み込むとエンジンで走る楽しさがしっかり残っていました。
ゴツゴツと挙動も伝わってくるしアクセルタッチもなれると面白い。
ブレーキペダルの位置が最近の車に習い、かなり前にせり出していることもあって、ブレーキタッチはやや「カックンブレーキ」です。まぁブレーキはなれてしまえば問題ないし、誤作動防止にも良いわけですから順当な進化なのでしょう。
アクアのようにブレーキとアクセルの並びの幅がせまいこともなく、男性でも操作性は良いです。
室内の作り込みはかなり良くなりましたね。デザインのまとまりはこれまでで一番良いのでは?
欧州車チックで大変好感が持てます。
シートアレンジや室内空間の提案は、ミニバン、ワゴン車、ハイトールな軽自動車のような多様性があります。
大型犬用の一番大きなバリケンがリアシートを3分の2倒す事で軽々と乗せられます。
大人が3名と大型犬のバリケン、小型犬のバリケンも2つ、それに沢山の荷物も十分に飲み込んでしまいます。
正直なところこれがあればワゴンなんていらないのでは?とおもわせてしまいます。
ハッチバックからの犬の乗り降りも、開口部分が低い所から始っていることと室内の段差がほぼないことから、老犬でも安心して乗降ができそうです。
ガソリンタンクが前にあることが色んな事に反映されていることが伺われます。
いやぁ〜わかっていたとは言え、それを実際にやってみるとその良さが実感できますね。お見事です!
犬と暮らし、アクティブに活動する方にとって、このフィットはベストチョイスになるのでは?
そんな試乗となりました。
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
犬のしつけ方教室アウラ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード