エコー診断

雨あがってちょっと蒸し暑いです。蚊取り線香が活躍しそうな予感です。

昨日はビンゴくんエコーをとりました。
2月に尿検査と血液検査をしましたが、その際に尿検査で桿菌が多かったため、月に1度チェックにいっていました。今回もやはり桿菌は多くて、原因が特定できません。
抗生剤を変えることくらいしかできないので、ならばエコーをとって肝臓、膵臓、胆のう、腎臓、脾臓、膀胱、前立腺のチェックをしてもらおうとなったのです。
結果、オールクリアです。血液検査も異常なし、触診も異常なしです。
極めて健康な状態ですが、桿菌だけがやたら多いのです。
外的にもきれいなので、外からの感染はなさそうですし、腎臓等が弱っていて桿菌が増えているとかの内的な要因もない・・・
そこで、この条件に対応できる抗生剤を調べてもらうことにしました。
1週間後に再検査です。
どうしても、何かしら症状がでてから対処することが多いのが犬の病気ですがこうして未病の中で対応できれば、犬への負担も最小限でおさえることができます。
中年になってきたら定期的な診断は欠かせないですね。
えっ、人は?
はいっ、私もしかりです!
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
犬のしつけ方教室アウラ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード