規格(スケール)

雨よくふりましたね〜
今日のレッスンはどうなのかな?屋内必須かもですが楽しくまいりましょう♪

このところイメージの旅がつづいています。アウラ第三章に向けて様々なことが頭と心を右往左往しています。
夢がいっぱい広がりますが、その都度現実という壁に阻まれます。
夢だけではカタチにはなりませんし、自己満足で、自分のやりたいことだけ追っかけていてもままなりません。
優先順位をつけながらやるべきことをやり通すことが大事だとわかっていても、それが実現可能なのか?不安は払拭できません。
不安と感じる理由は様々ですが、なにより自分ではどうにもならないことが増える事が一番の不安材料です。
身の丈で、ほんのすこしだけつま先だってみたり、とびあがってみたりするのですが、軸がぶれていればすぐ転ぶ。
達成できる確約はないにしろ、自分で自分の失敗を拭えるくらいのことでなければなんともならぬ・・・
チャレンジと冒険は違うという事をしっかり憶えておくこと。大事だよなぁ〜って思います。

話はちょっと飛びますが、昨日の夜、子供とレゴブロックで遊んでいました。
作ったものは玉川学園の駅です。私が2階の改札口を、子供が階段下部分を作りました。
それぞれがレゴブロックという決まったスケールのブロックを使ってイメージにちかづけていきます。
子供は宝くじ売り場とATMを見事に作り上げていきますが、実際に彼がATMに入ったことも宝くじ売り場の中に入ったこともありません。それでも想像を働かせながらカタチにしていきます。
この一見、適当というかいいかげんな部分がとっても大切に思えます。
私達大人はなんでも知っています。というかなんでも知ったつもりでいます。
ところが子供というのは知らないことだらけです。
知らないから知りたいし、知る為に行動したり想像したりします。
たぶん答なんてないのです。でてきたものがとりあえず全部正解です。
宝くじ売り場にはおそらくないであろう休憩場所やテーブル等が設置されています。いや正直なところそんなものを置く余裕なんてないだろうけれど、彼なりにそこで必要と思われるものを作ったのでしょう。
とっても素敵な宝くじ売り場ができあがっています。そのかわりスケールがむちゃくちゃでっかいですけどね。
それに対して私の作ったものは、スケールがしっかりしていて整然と改札がならび、ベンチがあってエレベーターがあってキオスクがある・・・・すごくつまらない・・・・そうしたら子供が傘置き場(突然の雨に傘を自由に持ち出す事の出来る場所)を作ってくれた。私の作ったスケールからすれば、かなり巨大な置き場なのだけれど、ベンチを外し、エレベーターの位置を変えて、その置き場を取り付けた。
そうしたら、そのつまらなかった2階部分がとてもユーモラスで楽しい場に変わりました。

大人になると、自分の小さな水たまりのようなところで泳ぐことが定着していまいがちです。
自分規格がどれだけ小さいものなのかを認識するためにもチャレンジする気持ちと行動は大事だなぁって改めて思いました。
この感覚を第三章にどれだけ持ち込めるか・・・・
あぁ、新しい場所もレゴで作れるならいいのになぁ〜
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
犬のしつけ方教室アウラ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード