ゆっくりと、やんわりと

梅雨空がつづいていますね〜
犬達のストレスたまりますよね
ビンゴも足なめがはじまりました。ひまなんだよな〜

今日はワフで行なわれるジャッジセミナーに参加してきます。
DogDanceJapanさん主催でキャス ハードマンさんによる英、欧におけるドッグダンス事情等をお聞きして参ります。
屋内ドッグランもあるのでビンゴもお伴です。
どこに行くのもビンゴは嫌がらずついてきてくれます。ほんとかわいいやつです。

昨日のグループレッスンでは「介護」の話となりました。
親の介護、犬の介護、どちらにせよ、する側とされる側の心の持ち用が大事だということで話は落ち着きました。
「やりたいこと」と「できること」をちゃんと整理しておかないと、結局は互いにストレスになってしまうということですね。
親だから、自分の愛する犬だからといって、無理してでもとことんやろうとすると気兼ねなくとはいかなくなる。むしろ、できないことはプロに任せるなども大事なことなのですね。
ホームに入るとか介護のために呼び寄せるとか、そうした環境の変化が老化を促進させることはよく言われる事です。であれば、そうなる前に定期的にそうした環境にならしていくことも大事なのかもしれません。
急カーブ、急ブレーキ、急発進が危険であるように、ゆっくりと始めるのがいいのでしょうね。
それから、できることはできるだけ本人にやって頂く事も大事ですね。年寄り扱いするのではなく、肯定しながらすこしづつ自覚をもって頂く事で、ゆっくりと老化を楽しむ事も大事だと思います。
うちの義母は88歳、義父は89歳ですが、今も車の運転をします。
危険だからやめろとみんなが声をあげます。言えば言う程意固地になります。
当の本人がそれはいちばんわかっていることなのだから、運転をやめるきっかけをやんわりと用意していけはいいだけなのだけど、周りがせかすから、どんどんそのタイミングをなくしてしまう。
我々だって、急に習慣となっていることをやめろと言われても無理です。
気持ちよく変化していけることって大事だと思うのです。

このところ新しい方のカウンセリングがつづきます。
大半の方はそのままレッスンにいらっしゃいますが、カウンセリングでなんとなく感覚がつかめた気になって、そのままという方もいらっしゃいます。
それはそれでいいのですが、犬の成長と、自分の成長、「やりたいこと」と「できること」をちゃんと理解しておかないと、あっという間に置いてきぼりになってしまいます。
急カーブ、急ブレーキ、急発進にならないようにするためにも、飼い主さんが学ぶ気持ちと余裕を持てば、犬もそのように育ちます。
そうやって育った犬は年老いた時も、やはりお互いにストレスが少なくなりますね。
14歳のラブラドールのアールくんは最近、いろんなことができなくなってきました。
トイレのコントロールも弱くなってきたし、足腰も弱くなってきました。耳も遠いし、動きは亀のように遅いです。そんなアールが愛おしく感じます。
さぁ、今日はワフへの道のりも安全に、そして犬との生活も安全にすすめていきましょう。
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
犬のしつけ方教室アウラ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード