人のなせること

怒濤の週末も終わり、のんびりとした休日の朝です。
以前は休みなく働いていた時期がつづいていましたが、そんなことしていたら身体こわしちゃいますからね。
休みは休みとして使わないとですね〜

カウンセリングが立て続けにありましたが、そのうちの2つはレッスン開始にいたりませんでした。
ひとつはお近くからいらした方です。テリア系の仔犬です。噛みつきがひどくてなんとかしたいとやってこられました。実際には仔犬ならではの、ごく当たりまえの行動ばかりです。犬はちっともわるくありません。知識のない飼い主さんに問題があります。そのことを私が見本をみせながら説明していきます。飼い主さんは目が点です。まるで別犬を見るような顔で自分の犬をみています。
しかし飼い主さんはレッスンの予約はされませんでした。あまりにも激変してしまったので自分でなんとかできそうだと勘違いされたのかもしれません。
そんなに簡単ではありませんから〜(笑)だからプロがいるのですね♪

もう一方は思春期を迎えた小型犬です。
ペットショップから3ヶ月を越えてやってきました。噛みつきがひどいといいます。
ところが来るや否やしっぽをふって私のところにやってきます。噛みつく素振りはまったくありません。身体はやわらかく、緊張している感覚を感じません。不安材料といえば、トリーツを食べる時に、手との距離感が微妙にとれていないこと。
飼い主さんのこれまでに接した方法をお聞きしていると、ペットショップの店員が箱から2週間出すな、からはじまり、氾濫する情報に翻弄されながら育てて来たことが伺い知れます。そしてそれが間違っていた事も理解されています。それでこんなにいいコならまだ可能性は沢山ありますとお伝えしたところで犬は豹変しました。
突然、何もないところに向かって唸り始めたかと思ったら、空にむかって噛む素振りを繰り返します。
それがしばらくつづいた後はかわいい顔してけろっとしています。この繰り返しを何度となく行ないます。
注意しても効果はありません。なにしろこちらの行動とは関係のないところからうなりがはじまるので対応ができません。私はこれまでの経験から、もしかするとこれは遺伝的な問題ではないかと感じとりました。
飼い主さんの対応が悪かったからといってここまでひどくはなりません。
獣医からは権勢症候群だといわれたそうです。(権勢症候群というのは古い考え方です。社会性の弱さや飼い主さんの対応、あるいは遺伝期疾患から優位性攻撃行動をとってしまうだけです)
勿論遺伝的なものではないかもしれませんが、もしそうであれば大変なことです。しつけでは改善されないどころか、この振幅がどんどんはげしくなってくるでしょうし頻度も増えてくるでしょう。そうなると我々でも手におえなくなってきます。飼い主さんにそれほど大きな問題はないように感じます。むしろなんとかしたいという気持ちでいっぱいです。優位性攻撃行動というのは後天的な要因だけではうまれません。やはり遺伝的な要因を疑うべきです。ということで大学病院での診断をおすすめしました。(わからないことも多いようですが)

先の犬は飼い主さんの問題でしたが、後者はブリーディングや獣医、ペットショップのアドバイスの問題、ネットの情報の問題、しかしそれもまた人間のなせること。犬にはなんの問題もないということです。
あぁ、はやく幼稚園を始めたい!そう思いました。

みんなでレッスンの詳細はこちらから
MINN de Lesson
暑い夏ですからすこしでも涼しい山中湖で楽しい1日を共有しましょう♪

ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
犬のしつけ方教室アウラ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード