記憶にのこるコ

今日はどんよりしたお天気からのスタートです。
ひとっ走りしてシャワーをあびてメールチェックとブログモードです。

先日、とあるコのマンツーマンレッスンが終わりました。
震災から保護された犬のお腹の中にいたコです。私にとって強く記憶に残るコとなりました。
以前もすこしお話したことがありますが、大学の校内で思春期まで育てられたこのコは、ある特定の条件にのみなれており、家庭という環境や、外の散歩等の条件にはまったくなれていませんでした。
故に、レッスンでは、私がこのコに触る事はおろか、トリーツも食べず、車酔いはひどく、すこしの物音やうごきでよだれがしたたりおちるほどでした。
カウンセリングで得た情報からカリキュラムを作成したものの、そのように進むとは到底思えません。そのことは飼い主さんも理解されており「ゆっくりいきましょう」という気持ちを持って進めてきました。
飼い主さんの辛抱と愛情の振幅・・・・それは本当に大変なことだったと思います。
けれどそれが元となり日々すこしづつですが変化を帯びてきました。
駅までの散歩では、普段はないような沢山の刺激の中を歩きます。
それがアウラの最終レッスンですが、中には途中で帰ってくる場合もあります。それは犬の問題ではなく飼い主さんのがんばりが足りなかったわけですが、このコの場合ははたしてどうなのか・・・・
スタートはごきげん♪しっぽもあがって楽しそうに歩きます。
しかし人通りが増すにつれてしっぽはさがり、目はきょろきょろとしはじめます。
そんな時、飼い主さんは立ち止りしゃがみ込んでそっと手をかけてあげます。このコが落ち着くまでその場に留まります。身体のふるえもなくなり、人通りも少なくなった頃に再スタート・・・・そんなことを繰り返しながら駅にたどりつきました。
普通の犬であればなんてことのないことかもしれませんが、社会化タイミングを完全に逃してしまったこのコにとっては大変なチャレンジです。
飼い主さんを信じて歩き通したことが、きっと将来大きな力になると思います。
ほめられない、はげませない飼い主さんが多い中で、しっかりとだれにも負けない大きな声でほめてはげまして、犬にしっかり寄り添って歩いた駅までの道のりはだれよりも深い絆となったはずです。

みんなでレッスンの詳細はこちらから
MINN de Lesson
暑い夏ですからすこしでも涼しい山中湖で楽しい1日を共有しましょう♪

ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
犬のしつけ方教室アウラ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード