好奇心とは

小雨のふる朝からのスタートです。
湿度は若干高いですが過ごし易いですね。

犬の成長のはやさには驚かされる事が多いです。とくに仔犬の成長はめまぐるしい。
ちょっと前までパピーパーティではっちゃけていたコが、いろんなことに好奇心が芽生えて行動に変化がでてきます。
好奇心というのは、パピーの頃はほとんどありません。仔犬の頃は好奇心ではなく本能的な行動が多くを占めています。
何にでも向かっていく様子から私達はそれを好奇心旺盛と思いがちですが、実はそれは本能行動なのですね。(行動学では明確な答は未だ解明されていません)

ウィキペディアを見ると、「好奇心とは、物事を探求しようとする根源的な心。自発的な調査・学習といった知的活動の根源となる感情を言う。
ヒトをはじめ、比較的知能が高い動物でも多くの種にそれがあると思われるような行動が見られる」
とあります。
仔犬の頃にはそれほどの知能が発達していないため好奇心はないとされますが、思春期頃になってくると
分からないものに対して、その理由や意味を知りたいと考えるようになってきます。
この行為は我々人族からすれば自然な行為だが、犬の場合はそこに到達するには飼い主さんとの関係が大きく影響してくると思われます。
飼い主さんが積極的に犬と関わり、社会との関わりを持たせる事で、犬は怖がる事なく探求しようという行動が働きます。しかしその関わりが少ないとそれから好奇心が生まれる前ら恐怖心が生まれてしまい、探求を阻んでしまいます。
思春期においてはそれとは別に性的な好奇心も芽生えてきます。
とても不安定で今までとは違った行動を示す我が相棒に翻弄されることも多い思春期・・・・
そこを毅然とした態度と日々の関わりの中で越えていく・・・
こんなややこしくって楽しい時間はあっという間にすぎていきます。
身体は大人びてきても顔はまだまだ仔犬のような愛らしい顔、けれど行動のひとつひとつを見ていると「あれっ?」そう感じたらそれが思春期のはじまりです。そして好奇心につながるか恐怖心につながるかのターニングポイントです。
ぜひその瞬間をご一緒させてください。そしてそのややっこしさを一緒に体験しましょう。
新しい仲間の参加を心よりお待ちしております。
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
2014年後期グループレッスン日程

みんなでレッスンの詳細はこちらから
MINN de Lesson
暑い夏ですからすこしでも涼しい山中湖で楽しい1日を共有しましょう♪


犬のしつけ方教室アウラ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード