アールとの散歩

どんよりお天気が続きますね。
今日も山盛りレッスンですが午後からのお天気が心配です。どうぞ気をつけてお越し下さいませ。

昨日の夜、アールとビンゴと散歩にでかけました。
アールとビンゴを連れて歩くのは正直なところ難しくなってきました。
というのも、アールはとぼとぼとしか歩けませんから、ビンゴの速歩ぎみのスピードには対応できません。
ビンゴはビンゴで股関節の問題があるのでアールのとぼとぼ歩きには対応できません。
で、ビンゴには長めのリードで自由に歩かせて、時には止まって待ってもらいながらアールの速度で歩きます。
道を行き交う人がその光景を不思議そうに見ていきます。
プロとしてはちょっと恥ずかしいようなひどい歩き方ですが、それでも行かないよりはましです。
アールはときどきよろめいたり、足が動かなくなったり、左右の足の出し方が重なる事があります。
おそらく老化だけが原因ではなく、神経性の問題を抱えているのだと考えられますから、これは跛行です。
昨日はお二人からお声がけいただきました。
お一人は、見た目が若いから怪我でもしているのかと思ったと、
もうお一方はご年配の女性で、自分も老いた猫を飼っていると言う、
そして短い言葉と表情で若い時から今にいたるまでの幸せな時間を私もあなたも共有してきたことを伝えて頂いた。
女性は私達を追い抜いていき、時々たちどまりこちらを心配そうに見ている。
言葉にはならない
「がんばってねっ」が聞こえてくる。
ありがとうございます。
さぁ、アールくん、もうすこし歩こう♪
君とはいったいどれくらいの距離を歩いて来たのだろうか?
14年という歳月の中で歩いた時間はどれくらいだろうか?
とぼとぼでもいいから、この幸せな時間がすこしでも長く続く事を願いたい。
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
犬のしつけ方教室アウラ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード