ビンゴとの時間

台風から変わった低気圧の影響で大気の状況が不安定ですね。風がすごいです。
未明からの雨はほぼやみました。

さて、K9ルーデンスですが、おぼえにくいという意見、おしゃれな感じという意見など様々でてきました。
K9はいるのか?という話もあります。
たしかにルーデンスだけのほうが覚え易いですね。ルーデンスクラスという言い方ならそんなに覚えにくくないかもしれません。そうしよっかなぁ〜

昨日は来月11日に開催するK9フリースタイルファンマッチの会場となる、山中湖のワフにいってきました。
曇り空であったせいか、気温は15℃と肌寒いくらいでした。
でも犬達にとってはベストな気候です。
ビンゴも屋内レッスン場でルーデンスタイム♪
楽しい時間がすぎていきます。

ビンゴはたくさんのポジションと方向性、そしてトリック、特別なスキップなど色んなことを伝えましたが、その多くは耳が聞こえなくなってからできなくなってきました。
言葉の指示がしっかり入っていたことがかえって彼に伝える術をなくしてしまったのです。
そこで体符やハンドシグナルを使って行動の教え直しをしてきました。
行動を引き出すことは難しくないのですが、その行動をなんらかのシグナルで定着させることはとても難しいと感じます。
人の世界であれば手話がそれにあたりますが、犬の場合は手だけに集中するのではなく、自分との間合いや位置関係、あるいはスピードなども含めて反応してしまいます。フリースタイルのように演技をいれながら指示を出すとなれば、もはや可能性すらないと感じました。
そこで考えついたのが太極拳の動きを使って指示をだし、演技とすることでした。
これは見事にはまってよい作品ができました。
それから1年たった今、私は新しい作品づくりをしていません。
そう、アイデアが浮かばないのです。
かなり悩みましたし、もうやめようかとも思いました。
でも、ビンゴは毎日、私とのフリースタイルの練習を楽しみにしています。
彼にとっては私とのやりとりは、何をしても「遊びの延長」なのです。
遊びは当然楽しいものです。だから彼はやめられません。
私は彼のそんな姿を見ていて「いったい私は何を求めていたんだろう・・・」
そんな疑問に似た不思議な気持ちになりました。

そこから私はまたひとつ抜け出すきっかけをつかむことができました。
作品とは人に示す前に自分が自分に示すものであること・・・・
その中で努力し、楽しんで、苦しんで、喜んで、悲しんで・・・・喜怒哀楽に中でお互いの関係を高めていく。
そんな赤裸々な何かを人様の前に示すのが作品なんだということ・・・

今の私達は原点に戻っていくプロセスの中で前に進むといった、一見おかしな行動を示しています。
でも、だからこそ気づけるものがたくさんあります。
これらのことは、アウラのレッスンの中で今後もアウトプットしていくことで完成を見ます。
昨日のビンゴとの時間はそんな将来を見通せるステキな時間でした。
これからも、ずっとフリースタイルを続けていくことが私とビンゴの生活になくてはならないものだと気づける時間でした。
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
犬のしつけ方教室アウラ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード