歩く道のり

今日も曇り空、湿度も下がって夜は寒いですね。寝冷えしながら寝ている自分です。

昨日も沢山の犬達で賑わったアウラですが、空いた時間を利用してアールの散歩に出ました。
とぼとぼと、本当にこの言葉がぴったりなくらいゆっくりと歩くアールです。それでも1頭での散歩は嬉しいようで、私とのコミュニケーションを求めてきます。耳も遠くなり、目もかすみ、ふらふらと歩くアール。
そういえば最後に彼が吠えたのはいつだっただろうか?思い出せないくらい昔であるには違いない。
アールは私にとって犬という動物を教えてくれたかけがえのない相棒。
私自身の力のなさ、無知から失敗の連続だったアールとの時間が今をつくりだしている。
こうしてとぼとぼと歩いていると、そうした失敗が懐かしく思えてくる。
ラブラドールとして14歳は長生きだが、わずか14年
14歳という歳月を一緒に生きて来た時代がまもなくおわろうとしている。
その時代は次の世代に次がれていく。
ビンゴに、そして新たなる命に・・・だから本当のおわりはどこにもない。
アウラのマークとなっている犬の絵はアールから描いたもの。
このマークが変わる事もないでしょう・・・ちょっと古くさいけれど(笑)

散歩の帰り道、小雨が降り出した
急ぐ必要はない、濡れて歩けばいい
なぁ、アールよ ゆっくり歩こう、
これからは、おまえにあわせて私が歩けば良いのだ
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
犬のしつけ方教室アウラ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード