発表の場

気持ちのいい青空がひろがっています。昨晩まで降った雨が木々を濡らし、それを光が包み込む。
「あぁ、まぶしい」まぶたをすこし閉じながらも、そのまぶしさを楽しんでいる自分がいる。

この週末は神戸でオプデスとWCFOのフリースタイルコンペが行なわれています。
参加のみなさんがんばってくださいね〜応援しています♪

このところフリースタイルの発表の場は増殖し、数年前のように、今度はいつ発表の場があるのだろうか?と心配することもなくなりました。
そのせいなのか、なんなのか、オプデスのコンペはどんどん数が減少し、今回もわずか29組です。WCFOも34組と、世界的な団体の冠を抱いたコンペとは思えないような数です。
数が全てとは思わないが、やはり開催するにも、参加するにもある程度の数が集らないとモチベーションも上がらないでしょう。なくならないようになんとか盛り上げていってほしいですね。
フリースタイルイベント開催で最も大きな壁のひとつが「場所」です。
他のイベントと異なり、屋内もしくは屋根付きの空間での発表、競技が基本になっています。
その理由は多々ありますが、最も大きな理由は衣装を着用しての発表であることかもしれません。
ところが屋内となると、途端に限られた施設となってしまいます。
関東ではワフだし、関西だと動植物専門学校が定番です。
他でもイベントは開催されていますが、スペースとしては主流となっている競技規定に叶うサイズがとれていなかったり、見学の場や駐車スペースが小さかったりして、大々的に活用することができないのが実情です。
犬がこれだけ増えている日本ではありますが、いまだに公共施設でさえ犬の立ち入りは介助犬に制限されています。このあたりが動物愛護後進国と言われる所以でしょう。
今後は小さくてもいいから、簡単に発表の場が得られるような社会に変わっていけることを強く望みますし、私もそれを促進していきたいと思っています。
来年はアウラで小さな小さな練習会のスケジュールも考えています。
ぜひご利用くださいませ。
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
犬のしつけ方教室アウラ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード