アプローチはいつも繊細で大胆

お日様がこっちをギュッとにらんでいます。暑くなりそうですね。
電車とバスをご利用の方は、はやく到着されたらレッスン場にお越し下さいね。
私が対応できなくてもレッスン場はご利用できます。涼んでいてください。(30分以上前だと前の方がレッスンしています)
また帰りのバスを待たれる時もそのようにしてくださいね。バス停までは徒歩1分ですから、ギリギリまで待てます。
3分前くらいになったら私道の入り口の桜の木の下で待機していればちょうどよいと思います。

昨日は1歳になったばかりのスタンダードプードルやまだ5ヶ月の英国ゴールデンなど大型犬のレッスンが多くありました。
大型犬はダイナミックな動きに隠れるように繊細な側面をみせてくれます。
私はその姿をみるたびに、とっても愛おしくかんじるのです。
繊細でありながらも受け入れてほしいという気持ちが見え隠れしますが、時にそれが激しい動きに転じます。
しかし見る人によってはそれが攻撃性に見て取れたり問題と映ることがあります。そしてそれを公正しようとするので犬はますます繊細さが花瓶になってしまい関係を悪化することがあります。
私たちプロであってもそれが見えないがためにアプローチを間違えることもある。
プロである私たちがまず学ばなければならないのはそんな犬の感受性と行動ではないかと思います。
ところが今のトレーナーさん達はテクニックばかりを磨こうとします。
テクニックだけならハウツービデオかYouTubeで勉強できるのじゃないかな?
まずは自分の犬としっかり向き合い、言葉以外のなにかでコミュニケーションがとれるようになること、そして犬達からの繊細で大胆な表現を理解すること。それができれば自分もそのように犬に返信することができると思います。
ぜひそんなアプローチを飼い主さんにつたえてほしいと願います。

川遊びレッスンについて
川遊びレッスン
日曜日のフリースタイルグループレッスンのご案内はこちらから
正式なお申し込みは7月20日からですのでよろしくお願いします。
フリースタイルグループレッスン開講

新しいアウラのご案内
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード