フリスタレッスン

気持ちのいい秋晴れの朝です。
週末の怒涛のレッスンも終わり、ゆっくりとした朝を迎えています。

昨日はフリースタイルのグループレッスンが2つとレトリバー達のグループがありました。
フリスタのグループでは、全12回による系統立てたカリキュラムによるレッスンです。
アウラでは水曜日に2つのフリスタグループがありますが、そちらは個々の練習状況を鑑みたレッスン内容。
またマンツーマンでのフリスタレッスンも大半はそうした感じで行っています。
ですからこうして系統立てたフリスタレッスンはアウラ初でもあります。
で、3回をやってみて思う事が色々あります。
まずは、なんでこうしたレッスンがなかったのか!という気持ちです。
内容をお伝えすることがむずかしいのですが、うさぎと亀の亀バージョンのレッスンというとわかりやすい?
つまり基礎を遠くを見ながら固めていくレッスンです。ですからはじめはちょっとじれったいし大変です。
ロケットが飛び立つために必要なエネルギーのようなものが必要です。
最大の感性と最大の客観性と最大の笑顔が必要です。
飛び立ってしまえばあとはそんなにエネルギーはいらないのです。(また違ったエネルギーはいるのですが)
この考えは世の中にある理論的なトレーニング方法とは違った視点で入力されていくものなので、ドッグトレーニングというよりは、自分への問いかけの時間なのかもしれません。
犬へ要求されることはとても小さいのですが、人に要求されることはとても大きいのです。
時に私がデモ的にみなさんの犬をハンドリングすることもありますし、私も全力で声をあげてお伝えします。
それでも伝わりきれないところもあります。
短い時間でできるだけ系統だてて伝えることで少しはレッスンらしくなっているのでしょう。
もしそうでなければ?マークのオンパレードになるかもしれません。
あいかわらず西田語はいっぱいでてくるし、へんな例えだらけですので、それだけでも解釈に全力で取り組まないといけない・・・・いゃあ申し訳ないと思いながらもこのスタイルが変えられない自分です。
まだまだ自分の力が足りないという思いがいっぱいです。

さて、ビンゴくんの状況ですが
昨日は悪い中での悪いバージョンな一日でした。
点滴の痛み止めがあわなかったのか、その副作用なのかはわかりませんが、
ちょっとどよ〜んとしていました。
それでも稽古となると意欲的に動こうとします。
体力が落ちているのですぐにエンプティとなりますが、それでも10分近くは集中を切らさずにいます。
終わった後はふたたびどよ〜んとしてしまいますが、一日一日をこうしていられることに小さな幸せを感じます。
今日はこのあとレッスン場にいって稽古して、いよいよ屋外レッスン場の人工芝張りがはじまります。
まぁ一日ではとてもおわらないのでできるところまでですががんばります♪
2015年後期のグループレッスンスケジュール
新しいアウラのご案内
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード