ファンマッチ後記その8

朝一番、外に出ると「寒っ!」
日はさしているのに寒いです。なんだか秋というより冬の気配を感じます。
そんな中、すこしジョギングしてきました。
季節の変わり目を走ると、普段見えないいろんな物が見えてきます。
たまにはいいですよ〜

ファンマッチ後記その8です。

日曜日、ソイヤーの部
もっとも過密している部ですが、、ある意味で発展途上要素がある部ですので突っ込みどころが満載です。
ジャッジも自然と辛口になります。
全体的に感じた事は作品として見応えのある内容が多かったように思います。
ハンドラーのスキルの高さと演技力、犬の反応の高さと個々の要素の完成度が高くなると、その構成、演出力と相まって、まるで映画か演劇をみているかのような感覚に陥ります。
こうなってくると演じる舞台がチープに感じられるから不思議です。
また、小道具の配置や作りにも言及したくなります。
今回も小道具の配置はジャッジからみて右側に設置することが多かったのですが、その小道具を設置するが故に、小道具より右側の空間利用率が極端に低くなってしまうことがあります。
犬だけがその小道具をアラウンドしたとしても、ハンドラーの動きが右にいくことがないと、感覚的にも視覚的にもリングデザインが小さく感じます。
ソイヤーの部ではこうしたことにも意識をもって小道具を使ってほしいと感じました・・・といいながら、実は9m×18mというリングサイズは立体感が出しにくく、小道具の配置に苦労するのです。
動きも右に左にという動きが多くなります。
対角線での動きやサーキュラー(円弧を描くような)を取り入れて、小道具を動きの中心近くに置くと立体感が出るように思います。
あとは、スピード変化と体重移動、ポーズ、体の上下移動などを組み合わせると、より立体感のある作品になります。
これらの要素がバランスよく表現されてくると、小道具が小道具でなく、衣装が衣装でなく、演じる側と見る側が一体となっていくのだと思います。
感情移入できる要素というのはいろいろなところに見いだす事ができますが、それらはいつも天秤ばかりの上でころころと転がっているのだということなのですね。

さて、昨日のビンゴですが、絶不調から抜けられません。
活力レベルが低く、宙を見つめながら一日を過ごしています。
私が笑顔で声をかけても、しっぽさえ振ってくれません。
こうなったら、なんとしてもしっぽを振らせてやるぞ!と思う私です。
ビンゴ覚悟せよ!

※ブログ村のランキングが1位で継続されています。
いつも押していただきありがとうございます。こんなちっこいおやじのブログですが、これもまたビンゴ効果なんでしょうね。みなさんにもビンゴにもありがとうを伝えたい。そんな気持ちでこれからも書き記します。
2015年後期のグループレッスンスケジュール
新しいアウラのご案内
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード