伝えたい事、伝わってくること、そして ファンマッチ後記その9

おはようございます
秋晴れが続きますね〜
昨日も沢山の犬達でにぎわったアウラでしたが、屋外レッスン場でのレッスンもいくつか行いました。
屋外レッスン場はドッグランのように広くはありません。
四方が壁でおおわれたスクエアな空間で、犬の目線には道を行き交う車や人、犬などは一切はいってきません。
けれど空は全面開放で、青空が広がっています。
人の目線では遠くの景色もみることができます。
ほんのすこし高台にあって、なんとなく異空間?
外なんだけど半外な感じ?中庭のような感覚?があります。
お天気がよく季節のいい秋と春はこの場所でのレッスンが気持ちいいです。

さてファンマッチ後記です。
中上級者の演技には色がついています。
えっ、色ですか?
そう、色です。
色は味です。
味ですか?
ええ、味です。
味には空気があります。
えぇぇっ空気?
そう、空気にはリズムがあり、振動しています。
そして、会場を揺らします。
うぅっ、もうわけわからんですぅ
あはは、西田語なのでいいんです。
簡単にいうと独特のオーラがあるということなんですが、そう言ってしまうとつまらないし、深みがありません。

ひとつひとつの作品にはそれぞれのペアが意図する思いが込められています。
そしてそれを表現するスキルと犬に伝える力が備わっています。
さらには、うまくできなくてもそれをリカバリーするセンスもあります。
犬はその場で楽しむこと、大きな達成感とともにその場を後にすることが約束されています。

私はフリースタイルを単に技術と芸術の塊として見るのではなく、もっとシンプルな点のよりそいによって見れないだろうか?といつも思ってきました。
意図することを犬と人が表現し、その場を震えさせるには様々なバランスがとれている必要があるように思います。
今回のレーダーチャートはそれを表しています。
小さいけれど凸凹があったならそれをできるかぎり平滑な円になるようにすると振幅は大きくなるはずです。
それから、コメントによるアドバイスも行いますが、そのコメントはその場にいる全員が共有することができるため、それぞれが感化されたり、知識を得る事ができます。
もちろん本人には、その場で改善点を伝えられるわけで、その部分をみなさんにも露呈するのですから、ある意味で勇気のいることです。
でもあえて自分をその場に置く事で、その勇気が本物である事を私は感じます。
アドバイスはペーパーでも口頭でもどちらでもかまいませんし、どちらでも私からの意図は同じですが、口頭にはそういった受け取る側のドキドキをみんなで楽しめるのも会場の雰囲気をもり立ててくれます。

昨日のビンゴはまだ右前足をしっかり地につけることができません。
目の上のたんこぶはとうとう全体にひろがってきました。
自分でいろんなことをセーブしてエコ運転しているような状態です。
人でいえば病院のベッドでうつらうつらとしているような時間が長くなっています。
それでも私は変わらずビンゴと稽古をします。
それがわずか数秒になったとしても、私はこの日常をビンゴと続けたいと思います。
彼にとっての達成感はやる気の源
そして生きる証です。
アウラはしつけ教室であり、私は先生なのかもしれません。
けれどビンゴといる時間はひとりの人間として、ひとりのパートナーとして存在する。
稽古をすることやいろんな場に出る事は特別な感じがするかもしれません。
そこで表現することはたしかにプロ意識のあるものかもしれません。
しかし
私とビンゴが過ごす時間は、みなさんとなんら変わらない。
それを私はアウラで伝えたいと思うのです。

※ブログ村のランキングが1位で継続されています。
いつも押していただきありがとうございます。こんなちっこいおやじのブログですが、これもまたビンゴ効果なんでしょうね。みなさんにもビンゴにもありがとうを伝えたい。そんな気持ちでこれからも書き記します。
2015年後期のグループレッスンスケジュール
新しいアウラのご案内
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード