2016年前期のグループレッスン日程

2016年前期のグループレッスン日程をアップしました。
2016年前期グループレッスンスケジュール
今年も7つのグループでまいります。
Dグループは小型犬グループ・Eグループは牧羊グループ・ Gグループは大型犬(レトリーバー)グループ それぞれ基本的なトレーニングスキルのアップと101ゲームに向けてのレッスンです
ドロップインのできるスタイルですので気軽に参加できます。
1時間半のうち半分はフリーの時間です。人と犬の関係も大事ですが、犬と犬の関わりも大切な物です。
刺激的で本能的な環境の中でのリコールは、ある意味で現実的です。家の中ではなんでもできても、こうした現実の中では呼び戻しさえできないこともあります。それをできるようにするだけでも大変なのです。
とくに今期はフライボール大会参加を目論んでおります。
ひとつの基準の中に自分たちを置いてみる事で新しい気づきが見つかります。
結果はどうあれ、まずはやってみる!やらずして語る物はなにもありません。
日本フライボール育成協会(JFPS)のゲームに参加しますので、下記をぜひご確認くださいませ。
http://www.flyballdog.net

そして、本年度も5月15日日曜日に101を開催いたします。
101は楽しむための宝箱! そしてみなさんが相棒と培った何かを客観的に見定める大切な時間です。
目的や評価のない努力は続きません。ぜひとも101で自分たちを見つめてみてください。
101はグループレッスンに参加していなくてもエントリーできます。
詳細は別途ご連絡いたします。

B・C・F1・F2グループはK9フリースタイル(犬とダンス)のレッスン
レッスンは楽しむ事と、基本をしっかり学ぶという両輪で進めていきます。

フリースタイルは人と犬という双方のコミュニケーションと協力によって成り立つわけで、このボリュームが際立って大きいところが他のスポーツとの違いと感じます。
人のダンスに関わる世界であっても、シングルでは自分の演技だけを考えれば良いし、ペアであったとしても、相手は相手で努力しているわけで、それはこちらが問わずともあるべきように出来上がっていきます。
しかしながら犬とのダンスにおいては、犬にとって「踊る」という概念は存在しないであろうし、ましてやそれを人に見せる事に対する達成感や高揚はないのでしょう。勿論「完璧」という価値観も持たないはずです。
ところが、人と暮らすことの中で、喜怒哀楽を共有し、人のひたむきな努力や情熱を受けて、「なにかしらの想い」がわき上がってくるのでしょう。
その想いは、たぶんはじめはわずかな瞬間の中での「気づき」と思える。
はっ!とした瞬間、えっ!という瞬間に私たちは「気づき」の感動を共有します。
ささいな、とるに足らない事ですが、感受性のボリュームをマックスまで引き上げていければ気づけることなのでしょう。

私のこうした考え方や価値観は、いつも断定のできない「過程」であり「仮説」です。
そのため事実とはことなる結果になることもあると思います。
ただひとつ断言できるとすれば、犬の心はシンプルであるということです。
私たちもシンプルに生きれるなら幸せでしょうが、そうはいかないのも現実です。
レッスンにおいても、当初は想定しなかった、参加者の体調不良や介護など、参加を断念せざるをえない状況となる方が多くありました。
大切なことは、無理せず楽しむ事です。そして続ける事だと思います。

日曜日のF1・F2グループは2月14日にひとまずレッスンは完了しますが、
F1グループは新しい方達へとつなげます。
皆さんにお伝えしてきたことを見直しながら、同様のカリキュラムを組んでいきます。
もう一度はじめからという方も参加可能です。
現在のF1グループとF2グループは合併し、新生F2グループとして始まります。
新生F2グループでは、個別のアドバイスを持ちながら、要所要所でワークショップ的にすすめてまいります。
いままでのレッスンで不足している部分を補う場でもあり、作品作りの場でもあります。
日程は決まっていますが、参加は毎回でなくてもかまいません。(勿論毎回にこしたことはありませんが)
レッスン代もその都度(4000円)となります。

すこし長くなってしまいましたが、このように考えております。
参加ご希望の方はメールにて返信をお願いします。
新しいアウラのご案内
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード