犬にまつわること

久しぶりの雨がふっています。昨日までの春のような陽気はどこへやら・・・ぐっと冷え込んでいます。
年末年始と忙しくしていた方は体調をくずすことの多いこの次期です。すこしゆっくりするのも悪くないですよね。

さて、前のブログで101の日程を5月14日土曜日と記載しましたが、5月15日日曜日となります。
訂正しお詫び申し上げます。
また5月14日土曜日にはフリースタイルファンマッチを開催いたします。
両日参加の方もいらっしゃいますので大変ご心配をおかけしました。

さて、私たち犬の専門家というのは、いろんな職業があります。
毎年、子供達のなりたい職業の上位にトレーナーやペットショップの店員、獣医師などがふくまれています。
そしてこうしたニーズに対応するかのごとく、動物専門学校やネットを利用した資格認定がタケノコのように次々とでてきます。
トレーナーの資格なんて、それこそ星の数ほど資格認定する団体がありますが、それらはあくまでもその団体が認定するだけであり、国家資格のような基準があったり責任があったりということではありません。
大半が入学金と授業料と一定の期間、授業をうければ認定されます。
わたしはそれがいいとか悪いとかはわかりませんが、すくなくとも、それで犬のことが理解できると思えません。
ドッグトレーナーになりたいのであれば、まずは犬の一生とつきあうこと。つまり犬と暮らすことからはじめてほしいと思います。
だって、犬のトレーナーの仕事の半分は暮らし方にまつわるアドバイスですからね。
ところが、最近の風潮は、トレーナーなのに犬と暮らした事がないということらいしのです。
また、専門学校にいる犬の世話をしたからそれで十分と思っていることもあるようです。
毎年、専門学校からインターンのお願いがくるわけですが、犬と暮らした事がない率はほぼ100%です。
資格をいくら並べても、一頭の犬から学ぶ事のほうがはるかに身に付くし伝えられる事も多いと思うのは私だけでしょうか?
私たちはものいわぬ犬の代弁者でもあります。
断定できることなんてほとんどないにもかかわらず、私は一つの悩みに対して、沢山の答えを用意します。
それは、飼い主さんと犬の生活の中には教科書には載っていない生身の答えが沢山ひそんでいるからです。
そのことを知るには犬と暮らしながら、沢山の失敗を共にし、沢山の喜びや悲しみの中で学ぶしかないのです。
わたしの考えは古い考え方かもしれません。でも古くてもいいものはたくさんあります。
そして古いからこそ新しいものの良さがみえてくる。
犬との暮らしは頭でっかちにならないようにするにも最適なのです。
子供達にそんなことも含めて伝えられるといいなぁって思う今日この頃です。

新しいアウラのご案内
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード