被毛について

窓の外を見ると車が霜で真っ白です。
今日は寒そうですよ〜
しっかり着込んでお出かけくださいね。
さて、着込むことのできる私たちに比べ、犬は生涯一張羅。
つまり着替える事のない毛皮で暑い日も寒い日もずっとすごします。
でもそれはとても上等で私たちがどんなにお金を積んでも手に入れる事の出来ない素晴らしいものです。
人は気温変化に対応するだけでなく自分を魅力的に見せるために着替えるけれど、犬は生きるためにのみ存在する。
その被毛には二重構造のだぶるコートと一重構造のシングルコートがあります。
二重構造の下毛(アンダーコート)は密生した産毛のようにやわらかな毛で、体温を保つために機能していますが、夏の暑くなる時期になると換毛期に入りアンダーコートを減らします、そして寒さが増してくる秋には再び換毛期にはいり、しっかりとアンダーコートをつけることができます。
ところが、昨今の温暖化や温度管理が行き届いている室内で暮らす犬達は換毛期のサイクルがつかめない個体も多くあるようです。その結果、皮膚トラブルに悩まされる事もあります。
シングルコートの犬は寒さに弱いといわれますが、実際には密集度が高いトップコートにより保温性は高く、それほど寒くはないようです。ただ小型犬などは地面から足を伝わってくる寒さに震える事もあり、つい服を着せたくなりますね。
また、耳の皮膚の薄い犬等は、あかぎれで切れてしまうこともありますので保護は必要とされます。
とはいえ、あまり過保護になりすぎないように適度にというのも大事ですね。
それと、皮膚や被毛を構成する中心的な栄養素はタンパク質す。良質なタンパク質を摂取することで寒さに強い体作りができます。ドッグフードでは難しいですが、手作りであればそれも可能です。
皮膚トラブルが多かったり、寒がりであるならば、体質改善のために手作りというのもありですね。
手作り食セミナーの要望が多いため、近々開催予定です。
詳細は追ってお知らせしますね。
さぁ、今日も元気にまいりましょう♪
2016年前期グループ日程
新しいアウラのご案内
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード