犬の気持ち

昨日は本当に寒い一日でしたね。
屋内レッスン場は広いため、エアコンが効きだすのに時間がかかります。
外気温が5度以下だと室温は17度ほどです。温度差はなんと12度!
外に出ると冷蔵庫の中にはいったような感覚です。
これから冬がやってくるという予報もありますから、この温度変化に対応するために着るものでも調整が必要ですね。
さて、今日の新聞にこんな記事が載っていました。
「知恵広がるウエアラブル」
身につけて使う情報機器「ウエアラブル端末」関連製品や技術などを集めた展示会「第2回ウエアラブルEXPO(エキスポ)」に、電子機器、ソフトウエア、繊維メーカーなど国内外の企業156社が出展したそうです。
いまや身につめるものは衣服やアクセサリーだけでなく、こうした端末なんですね〜
そんな中で、ベンチャー企業が動物の感情などを分析する首輪「しらせるアム」を展示したそうです。
首輪に、振動などを計測する「加速度センサー」を埋め込み、しっぽを振ったり、寝そべったりするなどの犬や猫の行動を解析。ペットの気持ちを「興奮」「リラックス」「遊んで」などと表示する。餌を食べる際の動作で食欲も調べ、健康管理に役立てる。3月末から9000円(税別)で販売する予定とのことです。
以前もそんなようなのありましたけど、これは装着させるところが新しいようです。
それがいいかどうかは私にはわかりませんが、それを装着させられる動物の気持ちに沿うならば、ちょっと残念なような・・・
犬の気持ちを知りたいのならば、まずは自分が学ぶのが大事に思うのは私だけでしょうか?
アウラのパピーパーティーは犬と犬の社会化を中心に行っているのですが、それは、犬が犬としてボディーランゲージを出し入れできるようにすることが社会化の第一順位だからです。
環境になれさせるために、床にシートを敷いたり、でこぼこのところを歩かせる。いろんな音をCDで聞かせるのは環境における社会化ですが、そんなことは日常で経験させれば十分ですし、犬の行動学からすれば、その環境と日常は違うということは簡単に弁別してしまいます。まったく意味がないわけではありませんが、それより優先させるべき事があると思います。また人になれさせるため服従ポーズ(最近はリラックスポジションといっているけど、どうみても犬はそんな姿でリラックスはしない)をとらせることも順番が逆です。そんなことする前に、適切な時期に犬同士でそうした環境においてあげれば自然に身に付くものです。
そしてそれを見ながら人が犬のボディーランゲージを学べば犬の気持ちは理解できます。

最近はウエアラブル端末やアプリが話題になり、ネット情報はいつでもどこでも手に入るようになっています。
そうした情報の大半は加工され整理されて見やすく、分かりやすくなっていますが、裏返せば、誰でもなんとなく納得できるようなものでしかないということも知った上で活用したいですね。
大事なのはアナログで誰とも違う自分たちの日常の中で生身の犬の行動を知る事です。

2016年前期グループ日程
新しいアウラのご案内
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード