雪かきにみる社会性

昨日は結局一日雪かきでした。なのでレッスンは全部キャンセルとなりました。皆様にはたいへんご迷惑をおかけしました。
でも怪我したりすることのほうが申し訳ないですからね〜 念には念をということでした。
で、その雪かきで面白い話を聞いたのでちょっと書いておこうと思います。
月曜日、大腸検査のため病院にはタクシーで出かけました。
タクシーの運転手さんが話し好きで、色々と面白い話をお聞きしました。
その中のひとつが「雪かきにみる社会性」
まぁ、テーマをつくることはないのですが、タクシー運転手ならではの目線と洞察力がすばらしくって、ちょっとタイトル化してみました。
運転手さんは仕事柄、幹線道路だけではなく、地元の住宅街の道もたくさん走られます。
そうすると、雪かきがちゃんとなされているところと、そうでないところがあるそうです。
雪かきは重労働ですから地域住民の協力がなければ成せないところがあります。
しかし、そこに個人の価値観や人間性も反映されるのも否めないといいます。
たとえば、自分の敷地の前だけを雪かきするというのは、自分が通れれば良いということだといいます。
それに対して、その先までとなると、近隣に対する思いやりを感じる。
あきらかにみんなで協力してやっている地域もある。
雪かきの方法も様々で、しっかりと準備のされている地域もあれば、ちりとりのようなものでやっている方もいるそうです。中には自分の家の通り道の雪を対面の住民の前に積み上げる人もいるそうで、そういうのを見ると、運転手さんは「ここには住みたくないなぁ」と思うそうです。
最近は、老齢化もすすみ、やりたくてもできなかったり、病気を抱えているとそうもいかないこともあるでしょう。またマンションなどでは、管理人の資質に依存するところもあるでしょう。ですから、このタクシーの運転手さんの話がすべてではないでしょうが、なるほどぉ〜と思うところもありました。
みなさんの地域はいかがでしたか?
えっ、レッスン場はどうだったか?
ドッグサロンピコさんのお母さんが大きなショベルを貸してくれました。感謝!

手作り食セミナー開催です
3月19日(土)終日
詳細は下記をクリックしてご確認ください。※日程が前回の日程になっていますが、そこは無視してください。
お申し込みはメールにてお願いします。
お申し込み開始 2月1日〜
15タイトル

2016年前期グループ日程
新しいアウラのご案内
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード