春です

 昨今「社会化」という重要なテーマにようやく日本も気がつき始めましたが、未だにワクチン3回接種するまで外に出すなという犬の専門家が多いのも事実です。
結局、4ヶ月をすぎて外に出し、散歩しようとするとガタガタと震えて歩けなかったり、異常に興奮して散歩にならない。人や犬に対する接し方も、刺激に対する反応も「なにもそこまで・・・」となってしまいます。
 また、しつけに関してもオオカミの末裔だから厳しくしつけないと後で大変なことになるという脅し文句と、マズルコントロールやアルフアロールといった服従させる関わり方を教える専門家が未だ見受けられます。
犬は確かにタイリクオオカミから派生してはいますが、そもそもがオオカミに関する知識が古く間違った解釈のままなのです。
故に犬先進国のイギリスやドイツに比べ40年遅れているといのうが外からみた日本の現状です。
犬の行動を制御することは、どんな方法においてもある段階までなら容易くできるものです。
それこそ専門学校を出たばかりの新米トレーナーであっても、自分は魔法の杖でも持っているのではと錯覚するほど
劇的に変化をみせてくれるのが犬の初期のトレーニングです。
なぜそうなのかという詳しいことは別として、犬とはそういう生き物なのです。
しかしながら、行動は制御できても考えや感情を制御しようとすると途端に難しくなり、プロ達も頭を抱えてしまうのです。
するとそうした方達は結局、自分の投げれる球の種類はごく限られた範囲でしかないので、
それの強弱でなんとかしようとするしかないのですね。
ではそうした教え方をする人やそれを選択した方達はダメなのかというとそうではありません。
その人達の経験してきたことは絶対であるし、それによって良い結果も沢山生んできたのだから、
むしろ他を受け入れられる人のほうが少ないでしょう。
事実、むかしむかし、私もそんなふうな錯覚をおぼえて、鼻高々になっていましたが、結局は犬のことをほとんど知らないのだということを当事者である犬達から教わり、変わる事が出来ました。
勿論、生活習慣や環境が違うのですから英国やドイツと同じようにすることは出来ませんが、少なくとも飼い主さんの意識が変われば、犬達は大きく変わり、仔犬の頃の無駄で無意味な作法や将来へのストレスを緩和することはたやすいのです。
それに英国だって広いですからね、方法や考え方、知識だって多種多様です。英国式とかいってしまうと、なんだかすごくやさしい感じをうけますが、そう唱っていても根っこは強制訓練というところもまだまだ多いです。でもそれも英国式ですからね。まちがいじゃないのです。
犬ってネットや本の紙面数百枚で書ききれる程薄っぺらくはありません。勿論オオカミでもありません。テレビに出てくるような切り貼りの犬もいません。ましてやみなさんとは環境がまるっきり違います。そこは誰も示してはくれません。


等身大の犬育て♪一緒に楽しみましょう。

第11回 K-9 Freestyle Fun Match
○日時:2016年5月14日(土曜日)
第12回 Wan Oh! One
○日時:2016年5月15日(日曜日)
共に募集要項をアップしました。
エントリー開始は4月1日〜です。
ファンマッチと101について

手作り食セミナー開催です
3月19日(土)終日
詳細は下記をクリックしてご確認ください。※日程が前回の日程になっていますが、そこは無視してください。
お申し込みはメールにてお願いします。
お申し込み開始 2月1日〜
15タイトル

2016年前期グループ日程
新しいアウラのご案内
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード