イメージ

雨ですね〜
レッスンお越しの皆様、どうぞおきをつけてお越し下さいね。

昨日はCグループ(フリースタイル水曜グループ)のレッスンがありました。
お休みが多かったのですが、その分、いろんなお話をしました。
その中で「イメージ」の話をしました。
何事においてもこの「イメージ」は大切です。
私たち人間には動物界で唯一「創造」を許された動物です。「創造」のためにはまず、未来にむけるイメージが必要です。
これをするとどうなるのだろうか?というシンプルだけど大切な道筋です。
創造を達成するためにもし仲間が必要であれば、私たちは道筋を伝えるために、語ったり書いたり読んだりします。
これによりお互いにイメージを共有することができるわけです。
ところが犬はどうでしょうか?
動物的プログラムや日々の習慣をのぞけば、明日の道筋は飼い主さん次第でしょう。
毎日、いったいこれからどうなるんだろうか?という不安のある犬もいれば、期待に満ちあふれた犬もいることでしょう。
私はレッスンで、生徒さんに「ここにきて、こうして、こうやってここにいってこうしてください」という説明をします。
その前になぜそれが必要なのかを説明し、終わった後にも結果としてどうなったのかを示します。そして次のプロセスについて検討します。
生徒さんはそれによって道筋ができてイメージがつかめるでしょう。ところがそれを犬に伝えることがとても難しいのです。私が生徒さんにつたえ、生徒さんは犬に伝える・・・この伝達がうまくいかないと、どんなに素敵な道筋であったとしても犬は良いイメージを持てないのでトーンダウンしてしまいます。
実はレッスンでもっとも大切な要素はこの部分なのです。
理論や手段なんてちっぽけなもの。むしろこのイメージがなければ、言われたことしかできないし、出来高払い制の自発的行動にしかなりません。
内発性を高めるためには「イメージ」が大事なのです。そしてそれを人から人へ、人から犬へ伝えるロジックがないといけないのです。
えっ、難しすぎてイメージできない・・・・あははほんとですね。まぁだから面白いんですけどね〜

アウラフリースタイルファンマッチエントリーリスト

ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード