ルーデンスクラスの一日

昨日はルーデンスクラスでした。
シェリちゃんの目を通してどんなふうに生活していたか、めずらしく写真いっぱいです。
それにしても写真とりながら子犬と何かをするって難しいですね〜
どうしても子犬のことがおろそかになってしまいます。いけませんねぇ〜
飼い主さんと朝一番は2時間近くお話です。
日記では伝わらない事(ルーデンスに日記はないけど)、メールでは伝わらない事(ルーデンスにメール相談はないけど)、会って話したって全部は伝わりませんが、やっぱりこの時間は大事です。その間は概ねおとなしいシェリちゃんですが、時折集中と解放で楽しみます。
午後からは新百合ケ丘駅に出かけました。
車に乗って出かけます。
パーキングに車を入れていざスタート!
パーキングのビルの暗い場所や閉ざされた場所もよい経験を生みます。
s_P1010426-3.jpg
柵のようになったチェーンなんかも飛んだりくぐったり・・・チェーンがすこしゆれるだけで行動は変化します。
いろんなものが将来のことをふくめてイメージできればよい経験となります。
s_P1010430-3.jpg

先日の若葉台駅付近とくらべると、圧倒的に人の数が多いです。音、動くもの、空間・・・・様々な刺激がシェリに一度に入ってきます。
s_P1010436-3.jpg
s_P1010434-3.jpg
社会化というのは、刺激が少ないのはもっともよくないのですが、だからといって一度に多くをいれてもいけません。
基本、すこしづつです。
で、シェリちゃんにとってはこれがマックスです。これ以上入れてはいけないし、ちょっとでも怖がる素振りがあれば、シェリちゃんの空間を確保する措置をとります。
s_P1010438-2.jpg
どうするかはルーデンスでお知らせしますが、とにかく実地でのハンドリングですのですべてがうまくはいきませんね。
さあ、新百合ケ丘の大きな駅の改札に向かいます。
人は縦横乱雑に歩いていますから人が歩くのも大変です。
s_P1010440.jpg
時間をかけながらしっかり社会化していきます。
社会化とはそれに触れたから、聞いたからできるというものではありません。
つまりCDの音を聞かせたり、ブルーシートの上を歩かせたから社会化ができるわけではありません。そんなことちょっと考えればわかりますよね〜シェリちゃん♪
s_P1010443.jpg
シェリちゃん、若葉台ではばっちりだったけれどさすがにこの改札はハードルが高いです。はじめこそリードをひっぱってしまうこともあります。でも、そこはしっかり寄り添いながら焦らずすすめていきます。
するとちゃんと引っ張らずに歩けるのです。
そして様々な人と接していきます。
杖をついた人
s_P1010461.jpg
台車をひいた人
s_P1010471.jpg
沢山の不特定多数の人に触れてもらいます。
もう超リラックスです♪
s_P1010447-2.jpg
s_P1010446.jpg
s_P1010469.jpg
s_P1010456.jpg
s_P1010448.jpg
犬との挨拶も忘れないで!
本当に上手に交われるシェリです。
s_P1010454.jpg
ここでもヒールウォークの練習をしたり待たせたりと経験を積んでいきます。
大切なのは「行動」と「イメージ」と「感情」が少しでも重なる事。それを経験という底辺の上で増やす事です。
十分に時間をかけたら場所を移動です。
階段をおります。これもなんてことないようだけど大事な経験です。
おっと、引っ張るねぇ〜次は良くなるよ♪
s_P1010473.jpg
そしてエスカレーターの人の波と映り込む自分
4ヶ月齢ころからこうしたミラーが気になりだす子が多いですので十分に経験させます。
s_P1010476.jpg
ビルの下の独特の空間
反響する、ちょっと閉鎖的な、しかも人がうごめくこんな空間は絶好の社会化チャンスです。
将来屋内イベントなんかで楽しみたいのなら必須です。
s_P1010488.jpg
バスのロータリーと人の波・・・音・・・動き
こうした大きな動く物に反応する子はとても多いです。反応をしめすようになってからでは遅いのですね〜
s_P1010482.jpg
エレベーターの乗降と人もいい経験です。閉ざされていてしかも動く箱なんて犬に理解できませんからね。
s_P1010489.jpg
ほかにもいろんな経験をして駐車場に戻ります。
お互いにしっかり疲れました。
それから車で移動してパン屋のテラスで休憩です。
教えてもいないのにちゃんとイスの下で待てますね〜
s_P1010500.jpg
s_P1010505.jpg
前にとめたカングーに映り込む私たち・・・いい雰囲気でしょ♪
s_P1010519.jpg
ゆっくり休憩をしたらレッスン場に戻ります。
そしてひと暴れ!
ディスクのローリングレトリーブをしました。
しっかり持ってきますし離します。これをはやいうちに学んでおくと将来いろんなことにつながるのです。
安全に確実に丁寧に!
s_P1010523.jpg
s_P1010529.jpg
疲れたところで屋内に戻り、ヒールの練習。おやつ持って誘導なんてしません。リードもカラーもいりません。
それから私と事務所で休憩して過ごします。
自由な場所でお互いが尊重しあっているから、すこし距離をおいて過ごします。これも大切なことですね。
夕方はおなじパピーのトイプーちゃんのレッスンに加わってすこしプレイセッションです。
こうして小型犬にたいしては体を低くしてあそべるようになりました。
小型犬は小型犬とだけ遊ぶというのはアウラではあまりないですね。
なんというのですかねぇ、ここには強制とか義務とかそういうものはありません。
どこまでもどこまでも「行動」と「イメージ」と「感情」の重なりの中で泳いでいます。
s_P1010532.jpg
このトイプーちゃんもアウラでしっかり社会化済みですのでできるんですね〜
s_P1010534.jpg
その後はトイプーちゃんの散歩レッスンのため、しばしクレート待機です。
最後は飼い主さんとしっかりお話をして、レッスンをして帰宅。
帰宅する頃にはもう疲れてうたた寝しています。うつろな目をして帰っていきました。
とまぁ、こんな感じです。
全部をお伝えすることは難しいですが、イメージは伝わったでしょうか。
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード