ファンマッチ後記その? 塊から抜ける

今日は小雨からのスタートです。
東京都の水瓶が枯渇して節水が望まれる状況、すこしの雨でも助かります。

さて、すこし時間が経ちましたがファンマッチの後記の続きです。
今回最も多くのエントリーをいただいたのがソイヤーの部です。
この部は1年以上3年以下の経験値をお持ちの皆さんがエントリーする部です。このクラスだけで31エントリーです。
この部は技術的にも経験的にも良い意味で不安定なクラスともいえます。
といいますのも、
3年近く続けていると、いくつかのルーティンができてきます。
うまく進んでいればいいのですが、全てがうまく進む事は稀ですから、いろんな悩みも蓄積されてくる頃です。
いろんな意味で凝縮されていき、そこから出られなくなってしまう・・・
それはうまくいけば「味」となっていき、特有のスタイルとなっていくのですが、そうでないと出所のないものになってしまいます。
そうすると犬にとってそれをする意味が見えてこなくなりモチベーションがあがらなくなったり、集中がとれなくなったりということが出てきます。
私はこうした状況に触れる時(ジャッジをする際もレッスンの際にも)大きな変化を求めます。
ポーカーゲームであれば総替えする感覚です。もちろんそんなことはできないのですが、それをすることによって生まれてくる物があるのです。
それからもうひとつは、原点にかえることをお伝えします。
どこまでいっても、どんなに難易度の高いことをやっても、私がアドバイスすることはいつも同じです。
条件やスキルや時間の経過や個性によってかける言葉は違いますが、いつも同じです。
そのいつも同じがみえなくなっていると塊の中から抜けられなくなるのです。
感覚を一度抜いてしまい、またつなげていく・・・そんなことが必要と思えるペアが多いのがこのクラスなのです。

ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード