ルーデンスその5

昨日はルーデンスな一日でした。
新しく入ったボーダーコリーのライリーです。
s_P1010770.jpg
s_P1010771.jpg
s_P1010773.jpg
とにかく人も犬も大好きです。でも外は怖いんです。犬同士のフリーのセッションも未体験。
社会化スタートがおくれてしまったのですが、すんだことはどうでもいいんです。過去は変えることはできないけれど未来は努力すれば変わります。
朝一番は飼い主さんとのレッスンです。
近況をしっかりお聞きして、そのアドバイスをしたあとは、集中と解放シリーズから「遊びとルール」を行いました。
s_P1010775.jpg
s_P1010777.jpg
動きがはやくてカメラがついていきません・・・いや私の腕がついていきません。
s_P1010786.jpg
s_P1010787.jpg

s_P1010778.jpg
s_P1010781.jpg
レッスン終了後は事務所で一休みです。
アウラの事務所はいってみればワンルームマンションです。
できるかぎり普段の生活に近い環境で過ごしてほしいし、私もそうしたいので、部屋を作る計画の段階から練った空間です。だからどの犬達もリラックスしてすごしてくれます。私も嬉しいです。
s_P1010788.jpg
それからお出かけです。
今日は暑いので、冷房のきいている場所と日陰の多い外でのトライです。
車のクレートもはじめは躊躇していましたが、数分のトレーニングで飛び乗っていざ出発です。
まずはペットショップから
駐車場で降ろしたはいいけど固まって動きません。
でも焦っちゃだめなんです。「集中と解放のシステム」はここでも活かされます。
数分の後、すたこらと歩き始めます。
s_P1010825.jpg

そしてペットショップ入れ口へ♪
s_P1010795.jpg
人に対しては無防備によっていきますが、ウレションがあるので要注意です。すこし落ち着かせながら進みます。
s_P1010796.jpg
においをかいだりすることも大切な社会化です。
これは安いのかなぁ?・・・・とは思わないよね〜
s_P1010799.jpg
時々アテンションをとって意思疎通ができているかを確認します。
ぐいぐいと思うがままに進んでいくと正面衝突しかねませんからね〜
s_P1010797.jpg
ペットショップのペットたちと対面しますが、ガラス越しだと犬としての認識はかなり落ちます。
つまり中からもそれは同じ事が言える訳で、この中に長くいても犬との社会化は促進されにくいのです。
s_P1010800.jpg
おっ、ここでもしつけ教室やパピーパーティーやってるんだね〜
ライリーも行ってみるか?あっ必要ないかぁ〜
s_P1010805.jpg
店内に無造作におかれた台車なども子犬にとってみればなんだか得体の知れない怪しい物です。
こうしたなんてことのないものにも社会化は促進される必要があります。もちろん教室で体験しても意味はありません。大事なのは前後や時間、環境というものがひとつの線でつながった中での実体験なのです。
まぁちょっと考えればわかることですよね。
s_P1010806.jpg
s_P1010807.jpg
店員さんにかわいがってもらいます。
これもペットショップの活用方法ですね。
ウレションせずにクリアーです。(しても怒られない?)
s_P1010809.jpg
ある程度なれてきたのでヒールウォークの練習です。
勿論私とライリーははじめてこの場ですることです。うまくいかなくて当たり前・・・ですができちゃうから不思議です。
s_P1010816.jpg
s_P1010820.jpg
あぁ、でもこれはヒールポジションにあらずですね〜
でも競技会に出る訳じゃないんだからこれで十分です。
ひととおり経験したら外へでます。
ライリーは外でトイレをしたことがないので、ペットショップにあったシートを活用。
s_P1010821.jpg
大きなコーンもちょっとおそるおそるですが近づき確認。
s_P1010822.jpg
それから斜面の草地にいってロングリードで解放です。
s_P1010829.jpg
s_P1010830.jpg
解放の中からのリコールや待つ事を学んでいきます。
勿論これも今日はじめてすることですが・・・・できちゃうんです。ライリーは天才?
木の下で一休み。
s_P1010831.jpg
待たせて離れてみる。
s_P1010833.jpg
呼び戻してみる。
s_P1010834.jpg
それから広い歩道を歩きます。
ここは見通しもよく、安全を確保しやすい上、道路とも接しているので、ほどよい刺激の中で歩く事ができます。
しかも木々の日陰がしっかりあるので多少は暑くても大丈夫です。
ライリーとはロングリードで歩きます。勿論意味があってのロングリードです。
s_P1010837.jpg
s_P1010838.jpg
工事をしているので、大きな音や重機の動きにも社会化は促進されます。
s_P1010840.jpg
顔をみてリラックス状態の確認・・・・いい顔してるね♪
s_P1010842.jpg
よし離れてみよう。
s_P1010844.jpg
s_P1010845.jpg
さぁそろそろ戻りましょう。
帰りはトレースライン(学習による道のり)があるからすたすた歩けます。
フリースば一切しません。
s_P1010848.jpg
s_P1010849.jpg
で、突然呼んでみる・・・・ちゃんと立ち止まり戻ってきます・・・・教えていないのに(ここで言うところの教えていないというのは、教えているのですが、犬は教わっているとは思っておらず、自然に学んでいるの意ですのでお間違いなく)
s_P1010850.jpg
再び車に乗ってホームセンターへ
ここではカートです。
はじめはホームセンターに入りたがりませんでしたが、どうも自動ドアに抵抗があったようです。
カートに乗せていざスタートです。
そうそうカートに乗せる時はいくつかのポイントがあります。
カートにかぎってのことではありませんが、とにかくひとりにしないことです。
ひとりにしないといっても遠くに離れるなというのではありません。
心を感じさせるのです。ただそれだけで犬は怖がらずに乗る事ができます。
えっ、よくわからない?
書くって難しいですね。
s_P1010852.jpg
ホームセンターは刺激の宝庫です。
いろんな売り場を移動します。
s_P1010858.jpg
s_P1010857.jpg
s_P1010856.jpg
木をカットしてくれるところで、大きな音にも社会化促進です。
ボーダーコリーはこうしたことにも強く反応を示すようになりますのでこの時期は特に大切です。
一通り移動したらレジでちょっとしたものを購入。
ホームセンターを後にします。
そしておきまりのパン屋のテラスで休憩です。
s_P1010868.jpg
s_P1010869.jpg
s_P1010870.jpg
ちゃんと静かに待てますね。えらいよライリー♪君はやっぱり天才だ!
しばらくゆったりとした時間を過ごした後にアウラに帰還♪
レッスン場でまだできていないヒールポジションの強化と遊びのおさらいをしました。
それから私は外のイスで本を読み、ライリーはありを追いかけたりにおいをかいだり、葉っぱをかじったりしながら飼い主さんが戻ってくるのを待ちます。
s_P1010874.jpg
s_P1010877.jpg
このなんでもない時間こそが子犬にとって大切なのです。
教えるのではありません・・・教わるのです。
するとおのずと教える時はやってくるのです。
それがエモーショナルトレーニングの根っこです。
しばらくして飼い主さん登場です。
今日撮った写真を見ながら何があったか、何を感じたかをお伝えします。
勿論日記なんてありません・・・そんなものいるのかな?えっ、あると記念に残る?
なるほど〜、それならアウラは心に記してもらえればそれで十分です。
ライリー
それじゃまたね♪
ゆっくりお休み♪
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード