サムの1週間をかたちに

昨日は強烈な日差しでしたね。暑すぎです。お昼前で外気温はとっくに35℃を超えています。
それでもアウラの屋内レッスン場は冷房いれなくても22℃です。
朝のレッスンはまだまだ冷房いらずですが、午後からのルーデンスは動き回るので冷房をいれました。
で、今日はサムのみのルーデンスでしたが、1週間の成果を飼い主さんにお伝えして、実践する日でもあります。
日常生活でのことを十二分にお話をします。
包み隠さずです。そうすることによって今後のテーマも見つかりますし、気をつけなくてはならないこともわかります。
その後は、飼い主さんとのレッスンです。
私が1週間、サムに伝えた事を行っていきます。
まずはヒールウォークです。
サムと飼い主さんの中で今現在最も必要と思われるトレーニングスキルはヒールウォークです。
人にも犬にも様々な刺激に反応してしまうサムにとって、安心できて集中できる場所を提供することは、叱り正すよりもはるかに気づきのある手段です。
私はヒールポジションを4割程度、ヒールウォークを5割程度サムに伝えました。
やろうとおもえばもっと完璧に近いところまで伝える事もできましたが、それでは意味が半減してしまいます。
これが自分の犬だったら1週間で競技会で表彰台にたてるくらいまで高める事もできますが、それは自分の犬のことですからね。
やはりプロセスと飼い主さんの努力も含めて関係性ですからね。
その後は遊びからの集中と解放です。
遊びのエネルギーを行動に置き換えていきます。
そして達成感とともに解放します。
そこからの循環エネルギーによってさらに行動は強化されます。
このぐるぐるトレーニング・・・・心の貯金システムについても半分くらいまで作っておきました。
さらにレトリーブにおいては、明日ディスク大会のレトリーブクラスにでれば優勝できるくらいまで高めてあります。
※実際には社会化の壁があるのでそうはいきませんが。
レトリーブできることは勿論ですが、取りにいくときと同じかそれ以上の速度での戻りと、素早いリリースはほぼ完璧に近い状態です。
これだけは半分くらいの出来映えでお渡しすることはできません。
飼い主さんがディスクをやることを前提でのレッスンですのでこれは必然というところで伝えています。
そうでなければここまではやらないのですが、これもまた必要に応じたチョイスです。
みんながみんな競技会目指しているわけではありませんからね〜

一通りレッスンを終えて一休みしたところでお出かけです。
今日は暑いので外歩きはなしですが、苦手だったペットショップにトライです。
はじめて行った時はもう足が地につかず、目は焦点があわず、興奮がマックスからのスタートでした。
そこからねばって落ち着く事がすこしできて、アテンションがすこしとれるところまでが私のできたことでした。
それからいろんな社会経験をつんで今日を向かえた訳ですが・・・・・はたしてサムは・・・・
いゃあ驚きです。
s_P1020216.jpg
s_P1020218.jpg

お店の中には躊躇なく入れます。しっぽもふっています。飼い主さんとアテンションもとれます。
ヒールウォークもできます。人とのすれ違いにも吠えません。
犬も大丈夫です。
でもショーケースの犬はやっぱりダメだった・・・・あれは何か違う緊張感や恐怖を持ってしまうのでしょうね〜
でもでも大進歩です。
素晴らしいぞサム!
それから場所を移動して、新しい場でお茶をしました。
テラス席ですが巨大なオーニングと風がよく通るためとても涼しくて居心地の良い場所です。
今度ルーデンスでいきますからね〜楽しみにしていてくださいね。
ここでもほとんど静かに過ごす事ができました。
1週間前の右往左往なサムはどこに?
s_P1020222.jpg
s_P1020224.jpg
s_P1020225.jpg

でもね、社会化はこれで終わりじゃありません。これからが大切なんです。
4ヶ月齢になったサムは今度は怖いものを学ぶ時期です。この頃はとくに車追いを気をつけなくてはなりません。
そのための心づもりと対策方法と、生活の中で気をつけることをしっかりお伝えしてルーデンス終了!
長野に飼い主さんと帰っていきました。
サムのいない事務所はなんとなく寂しいですが、また明日から沢山の犬達がやってきます。
週があければルーデンスクラスの子犬達もやってきます。寂しいだなんていってられませんね。
もっともっと
犬と微笑みのある生活へ誘います。
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード