般化?思い込み?

涼しい朝ですね〜
昨日はお休みの一日でした。
午後からIKEAのセールに出かけました。
クレートの中に敷くマットやねずみのトイが買いたいだけでしたが、売り場やマーケットプレースを歩いているとなんとなくいろんな意味でリセットできます。
結局細々としたものを色々と購入しました。
IKEA商品は安いしそれなりのクオリティとデザイン性があるので気兼ねなく使えるし、ある程度長く使えます。アウラの備品の大半がIKEAだったりします。
今回のBest Buyはスポットライト
1階のアウトレットにあったものです。5000円がなんと980円!
ユーモラスなカタチとややチープ感のある赤い色がなんともかわいらしい。
LEDスポット照明で、しかもスライド式の透明な板を挿入して、そこに絵を入れるとその絵を壁などに映し出せるというものです。実際にそれがどれだけできるかわかりませんが、できなくても、使わなくても、なんとなくいい感じかな?
今日の夜にでも試してみましょう。
ほかにも、やはり赤い布でできたスクエアなフォルムのムードライトも買いました。これはどこに飾ろうかな?
中庭にピンポイントでライティングしてもかわいいかも。あぁ、もうひとつ買っておけばよかったかな?
買い物を終えてカートを引きながらエレベーターに乗り込み駐車場へと向かいました。
ここで私はとんでもない勘違いをしたのです。
IKEA港北の駐車場は3階4階5階にあります。とても広い上にちょっと薄暗い。
ただ、何度も来ていると感覚的に自分の車をどこにとめたかはすぐにわかります。
私は3階に停めたので、エレベーターを3階で降りて車のあるレーンに向かいます。
カングーはシルエットが独特なので遠くから見てもすぐわかります。
ところが車が見当たらないのです。
あれっ?たしかにこの階のこのレーンのはずなのに?
停めた場所の近くにいってもカングーはありません。しかたがないので隣のレーンもさがしますがありません。さらに隣のレーンにもありません。
もしかして階が違う?
ふたたびエレベーターに乗って4階へ移動。探しますがありません。
さすがに5階に停めた記憶はないのでふたたび3階に戻ります。
で、駐車場全体を見渡しながら、ちょっとフリーズ・・・ん?あっ!
気がつきました。今日はママさんの車で来ていたのでした。
同じミニバンですがシトロエンなので全然カタチが違います。
停めたであろう場所にいくと、そこにちゃんとありました。
つまりさっきも確認しに目の前まで来たにもかかわらず目にはいっていなかったことになります。
私の完全なる思い込みです。
イメージしていたものとは異なるカタチがそこにあると、それが自分のものであっても気がつかないのです。
こんなことは、もしかすると私だけなのかもしれませんが、ちょっとどきっとした瞬間でした。
で、自分のこの感覚を犬に置き換えて考えてみました。
実は犬もこの思い込みが強いように思うのです。
般化(初めに条件付けされた刺激や条件以外の、類似した別の刺激や条件においても反応や学習効果を生じさせるようにすることです。)が苦手な犬は、社会化期の経験不足や精神的に不安定な状態において、特に怖がるものが増える傾向があります。
たとえば工事現場にある三角のコーンがありますね。
ふだんはとんがり帽子のように先端を上に向けておいてありますが、それが風などで倒れて横向きになっていたとしましょう。
すると、普段はなんてことなくその場を通過できるのに、倒れているコーンを見てびっくりするのです。
場合によっては、しっぽが下がり恐怖感いっぱいになったり、吠え付いたりすることもあります。
おそるおそる近づいて、においをかいで、じっくりと確認をしてようやくそれがいつもの三角コーンだということに気がつくのです。照れ隠しのようにしっぽを小刻みに振って「なぁんだ三角ヒーンかぁ」となるわけです。
えっ、私の般化能力も犬と同じ?
ごもっともで〜
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード