必然

すこし涼しい朝です。
昨日の暑さが嘘のよう
アウラの屋内レッスン場は猛暑でも涼しく快適ですが、駐車場から歩かないといけません。
わずか1分ほどではありますが、屋根のない外を歩くことがこの時期は本当に辛いです。
申し訳ない気持ちでいっぱいですが、どうにもなりません。
駐車場に穴をあけてエレベーターでもつければいいのですが、はたしてどれだけコストがかかるのか?
いつかは、そうしたいです。がんばろう♪
さて、私には今、自分の犬がいません。その生活がいつまで続くのか?それもまったくわかりません。
よく皆さんに、「いつ向かえるのですか?」「犬種はなんですか?」「男の子?女の子?」「どこから?」
と聞かれます。
聞かれる事は本当に嬉しいことです。心配させているんだなぁと反省の気持ちもあります。
ところが、いまのところ具体的な何かはまったくありません。
向かえる気持ちがないわけではなく、むしろ向かえたいという気持ちはいつでもあります。
でもたぶん今の自分には向かえるべく相手がいないのです。
もしも、私がトレーナーという職業を優先させるならば、犬を向かえる事は必然でしょう。
もしも、自分の中に、結果を出したいという欲が強ければ、できるかぎり早く犬を向かえるのが必然でしょう。
けれど、今の私にはそうした必然性をなにひとつ感じません。
それは仕事人として失格なのかもしれません。
商売としては不適切なのかもしれません。
それでも私は自分が犬を向かえる事はそれ以外の必然に思いを馳せます。
不思議ですね。
ただ、私はいつもそんなふうに自分の犬と出会ってきたように思います。
それはすでにどこかで用意されていたような
もうすでに出会っているような
そんなふうにさえ感じるのです
その感覚があるからこそ、今の犬のいない寂しさに耐えられるのかもしれません。
ケンケン、、アール、ビンゴ・・・たった3頭
でも十分すぎる3頭
いつも私の人生はお前達と共にある。
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード