ルーデンスな一日

昨日の涼しい一日をルーデンスのライリーと過ごしました。
写真は「まだはじまんないのぉ〜」ってふて寝のライリー
s_P1020757.jpg
s_P1020758.jpg
s_P1020759.jpg

朝、飼い主さんから近況をしっかりお聞きして、それのリカバリーの日程を組みます。
午前中は基礎レッスンと遊びをしっかり行って、改善すべきところをある程度改善しました。でもまだまだです。
お昼休みは事務所でひとやすみ
s_P1020761.jpg
午後からはおでかけです。
まずはペットショップ
ここは2回目のライリーです。
しっかりアテンションもとれるし言うことなしです。
s_P1020765.jpg
s_P1020766.jpg
いつもの緑道へと向かいます。
s_P1020769.jpg
s_P1020771.jpg
s_P1020772.jpg
今日はちょっと道順を変えてみました。
広場で遊びのレッスン
どこでも遊べる事はとても大切なことです。また、どこでも待てる、呼べる・・・そんなことも5ヶ月齢のライリーはちゃんとできます。
s_P1020776.jpg
s_P1020777.jpg
s_P1020778.jpg
s_P1020780.jpg
s_P1020781.jpg
長い階段をロングリードで自由に降りていきます。
s_P1020783.jpg
s_P1020784.jpg
水辺のライリー
s_P1020785.jpg
細道を一緒に歩きます。
s_P1020786.jpg
s_P1020787.jpg
だれもいない安全な道はロングリードで歩きます。これにはある理由があるのです。
アテンションもすぐさまとることができます。もちろんそれができるからロングリードなんですけどね。
s_P1020789.jpg
s_P1020790.jpg
かわいいライリー・・・おっと写真がひっくりかえってるね・・・そのままでもかわいい
s_P1020791.jpg
たんぼのライリー
s_P1020792.jpg
来た道を戻ります
s_P1020794.jpg
s_P1020795.jpg
s_P1020797.jpg
ライリーの苦手な駅方面へs_P1020798.jpg
途中で休憩してエスケープ
s_P1020800.jpg
座って待たせて、私はサーティーワンでアイスを買います。
その間、オスワリをくずさず待っているライリーです。
これとっても大事です。ポーズをくずしてうろうろしているのは待っているとは言いませんからね。それはリードで係留しているだけです。
s_P1020801.jpg
s_P1020803.jpg
それからエレベーターで駅前に移動
s_P1020809.jpg
改札前での待機です。なんとかクリアー
s_P1020812.jpg
s_P1020814.jpg
s_P1020815.jpg
s_P1020816.jpg
外に出て記念撮影?
s_P1020820.jpg
s_P1020821.jpg
かなり待てるようになりました。
s_P1020822.jpg
おっと、時間がきました。
いそいで車にもどって帰還です。
5時頃に飼い主さん到着です。今日の出来事をお話しして、今度は飼い主さんと一緒にレッスンです。
今日の道のりを再び歩きます。やはり報告だけではなく、実際の状況を見て頂く事でアドバイスもより真実味がでてきます。百聞は一見に如かずですね。
レッスン中の写真はあいかわらず撮るのを忘れている私です。
どうもおしゃべりをすると忘れるようです。
時間帯が散歩タイムだったので、とても沢山の犬達とのセッションを得る事ができました。
どの犬とも人とも上手に対応できるライリーです。これぞTPOです。
ルーデンスの結果がいかんなく発揮されています。
レッスンを終えて帰還したのは6時30分
今日のライリーは5時間くらい歩いたことになります。もちろん休憩を挟んでいますけれどね。
この時期は、涼しい時を狙ってどんどん外に出していかないと社会化は成立しませんね。夏の子は大変ですが、がんばりましょう。
さぁ、今日は長野からサムがやってきます。どうなったかなぁ?
あのゴマ粒みたいな顔をみると、なんとも笑えてくる。
みんなかわいい。それぞれかわいい。比べようがなくかわいいのです。

ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード