犬の熱中症

梅雨があけたら猛暑!
ちょっと外に出るのを躊躇するような暑さです。
そこで気になるのが熱中症ですね。
犬は夏でも毛皮を着ている上に、汗腺の作り方が人と異なるため、汗をかきにくく、気化熱を利用した体温調整が不得意です。
汗腺には 「アポクリン汗腺」と「エクリン汗腺」の2種類がありますが、
犬の場合は、人間でいう汗をかく汗腺のエクリン汗腺は足の裏や鼻の頭等限られた部位にしかありません。
ところが、臭いを出す汗腺アポクリン汗腺は全身にあります。
アポクリン汗腺は、社会的、性的な関係に必要なフェロモンとして機能していて体温調節の役目は少ないと言われています。勿論まったく汗をかかないわけではありませんから、個体差はあれど汗っかきの犬はいるはずです。

室内で生活する犬の多くは室温調整された空間にいるため、気温の変化に弱い個体も多いように思います。
そのため、下痢になりやすかったり、食欲不振、嘔吐ということもよくあります。
だからといって炎天下に連れ出すのは危険行為です。
あくまでも室内で温度管理されたところで過ごす事が夏の基本です。
室温は短毛の子なら27℃、長毛や短頭犬なら25℃になるように設定してあげたいですね。窓からの直射熱もすごいので行動範囲の中に直射熱がとどきにくくすることも有効ですが、だからといってカーテン閉め切って暗いところで一日を過ごすのはむしろストレスがかかります。あくまでも直射の中にクレートをおいたりしないことを心がければ良いと思います。
外出は当然、日差しの弱い早朝か日の落ちた後の夜間が基本です。
日中であればアーケードなどの日差しの遮られて風通しのよい場所や屋内ドッグランがいいですね。
アウラはその両方を兼ね備えていますから夏でもばっちり運動できます。
昨日もボーダーコリーのルキアが思う存分走り回っていました。
時々、日中、炎天下のアスファルトを歩かせている方を見受けますが、殺人的な行為なので本当にやめてほしいと思います。アスファルトの上は軽く60℃を超えていることもありますのでパッドをやけどすることもあります。
もし、散歩中に以下のような症状があったら熱中症注意状態です。
・パウンディングが一向におさまらない(口を開けてハアハアしている)
休憩していてもしばらくはパウンディングして舌から気化熱を発散させて温度調整をしています。
しかし、それが追いつかないと苦しそうにそれを何十分も続けます。
・大量のよだれ
パウンディングで大量のよだれが出ますのでそれは問題ありませんが、それもとまらないくらいであれば注意です。
ただし、水分補給をしていると気がつきにくいです。
・嘔吐
嘔吐はいろんな理由があっておこりますので熱中症とすぐに断定はできませんが、暑い中で動き回り、パウンディングが激しく、苦しそうにしていて嘔吐となれば熱中症注意です。
・下痢
下痢もいろんな理由がありますので一概に判断はできません。しかしながら体内に熱がたまると、消化器官が悲鳴をあげて、内容物をはやく外に出そうとするため下痢になることがあります。
・食欲低下
これも判断しにくい子が多いですね。
食いしん坊な子は熱中症でも食べる子もいるでしょう。
ただ、トリーツを差し出しても、
いつものように意欲的でない時はちょっと注意ですね。
・ふらつき
これが一番危険な状態です。
ずっと立っていられない、伏せてもじっとしていられない、歩いているとまっすぐ歩けない・・・
そんな時はすぐに処置が必要です。

処置の第一はとにかく体温を下げることです。
熱中症の症状が疑われる場合は涼しい場所に移動して水を飲ませ、体に水をかけます。そして何かしら(自分の着ていた上着でもいい)で風を送り、気化熱を作り体温を下げます。氷や冷水は冷たすぎて血管の収縮を引き起こすため危険です。
水分だけを補給するよりも、塩分や糖分を補給するほうが有効ですので、バックにポカリスエットを1本入れておくと良いですね。それを5倍くらいに薄めてのませるとよいです。
最近は犬用のポカリも売っていますし、赤ちゃん用のものを利用してもいいですね。
人用は電解質のバランスが違いますが、毎日あげるものではありませんから利用できます。
犬用
赤ちゃん用
体を冷やしても症状が緩和されそうもないと判断したら
獣医さんへ連れていってください。
熱中症の症状が現れてから1時間程度で処置を施せば安心ですが、2~3時間経過し、体温が41度まで上昇して重篤な症状が現れてしまった場合は大変危険です。すこしでも普段とは違うと感じたらとにかく獣医に駆け込んでください。

それから予防の追記ですが、犬用のクール○○という機能性のあるシャツがあります。
これも使用方法と場所を間違わなければ効果的です。
先にも述べた通り、犬は汗をかきにくいので気化熱を放出しにくいので、単純に着せただけではかえって熱をこもらせてしまいます。
シャツを濡らしてあげて、日差しのあるところで使用すれば、洗濯物が乾くのと同じように気化熱が生じます。
すると外側と内側で温度差ができて涼しくなります。打ち水効果のようなものですので、あくまでも濡れている事と乾燥させる場所であることが条件です。
クーラーの効いている中で濡れたまま着させていると凍えることになりますので脱がしてくださいね。

ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたhなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード