犬派?猫派?

あなたは犬派ですか?それとも猫派?ってこのブログを見ていらっしゃる方は犬派が多いですよね。
でも世の中は今や猫ブームです。
飼育頭数でみるだけなら、平成27年の犬猫飼育実態調査では犬が991万7000頭で猫が987万4000匹ですからほとんど変わらないですね。
数年前まで200万匹以上の差があったといわれていますから、猫ブームなのでしょう。
なぜそんなブームなのか?
理由はいろいろなのでしょうし、テレビ番組などが作り上げている傾向はあるようです。
わたしは勿論犬が好きですが、猫も大好きです。もっというと一番一緒に暮らしたいのはレッサーパンダです(笑)

で、犬と暮らしているとどうなるか?
大抵の人はアクティブになります。
朝晩の散歩に出かけますから、よく歩きます。
ドッグスポーツや犬と何かを成していくならばさらにアクティブになります。
そうすると着るものが変わります。
よごれが気にならなくなり、大らかになります。
行動半径が広がり、知らない人とよくしゃべるようになります。
結果として明るくなります。よく笑います。
小さな事にくよくよしなくなります。
精神的に充足感が生まれます。
散歩やごはん、しつけなどに規則的な生活が生まれます。
規則正しい生活をするので健康になります。
いろんなところに出かけるようになるのでお金や時間の使い方が変わります。
購入するものは大抵が自分のためというよりも犬のためのもの・・・思いやりの気持ちが生まれます。
なんだ、犬ってすごいぞ!人生変わっちゃいますね(笑)
でもいいことばかりじゃありません。
犬と出かけて宿泊できるところは増えましたけど、やはり制約はあります。
犬がいなかったときと比べると、行けないところもありますね。
たとえば海外旅行とかになるとちょっと躊躇しますし、飛行機で出かけたり車での長時間移動、新幹線はちょっと厳しいです。
老舗の温泉宿も厳しいですね。
※長期の際は私がお預かりしますのでアウラの生徒さんはご相談ください(条件あり)
それから、暑さに弱い動物なので光熱費が増えます。食費だって大型犬だと数万円!ワンゲル係数高いです!
今日はゆっくり寝坊・・・・な〜んていってられません。はやく散歩いこうよぉ〜と目の前で待ってるやつがいます。
いたずら盛りの時は、破損率も高いです。
うちのビンゴは壁に穴を開けたし、ソファを食べたしアールは電話のコードを食いちぎったし・・・
引っ張られて怪我をすることもありますね。子犬の頃は甘噛みやら吠えやらなんやらで育児ノイローゼなんてこともあります。抜け毛も多い子は大変です。部屋中毛だらけ!
ダイソンなんて先端部分詰まっちゃいますし、フロントのモーターが壊れる事間違いなしです。
※掃除機の話はまたしよう♪
掃除の時間、それにシャンプーも、考えてみれば思っていた以上に世話がかかる。
でもね、その底抜けに明るい笑顔を見ると、そんなことも気にならなくなる。
人の話を一生懸命に聞いている(風)姿は愛おしくてたまらない。
留守番させる時は、すごく気が引けるし、帰ってきた時に一番に向かえてくれるのは犬達・・・それも毎日・・・まるで何年も会っていなかったような歓迎ぶり。
自分が悩んでいたり、困っていると、まるで自分のことのように困った(風)に傍にいてくれる。ときに一緒にため息までついてくれる。
すると、いつのまにか気持ちが和らいでくるから不思議です。

犬と暮らすと自分の中で何かが変わる。それは間違いありません。
しつけ。訓練・・・いいえ、コミュニケーションをもっと深くする術
それを求め始めた時、その変化は確実なものに変わるのです。
もし本格的犬派になりたいのならぜひ求めてみてくださいね♪

ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたhなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード