犬に氷

暑いですね〜
夕方になっても、外は熱風が吹いています。
今年は猛暑というのがあったのですね〜
当たらなくていいのになぁ〜
ところで、皆さんの犬達は氷を食べますか?
氷好きな子は結構多いですよね。
うちは、アールが大好きでした。水も大好きで、ホースで水をまいていると正面に来て口で水を受け止めていました。
ビンゴはそれほど好きではありませんでしたので、氷をあげても目の前に置いて見ているだけでした。
犬に氷をあげても特に問題はありませんが、与えすぎると下痢になることもありますので、ほどほどにがいいかな。
小型犬なら1個
中型犬なら2個
大型犬なら3個
を目安にあげるといいでしょう。
ちなみに、わたしはかき氷もアイスも大好きです。
一時期は毎日食べないと我慢ができない事がありました。
その時期は、暑くない季節でも食べたくなりました。
あまりに食べたくなるようになると注意が必要なこともあるようです。

氷食症という症状で、氷を無性に食べたくなる病気をご存じですか?
非栄養物質を強迫的に食べたくなる病気で、近世、冷蔵庫が普及し始めてから生まれた病気で、一日に製氷皿1皿以上食べるもの、という定義があるくらいです。
ウィキペディアでは、
原因は不明で、ストレスなどによる精神疾患、または鉄欠乏性貧血、その前駆状態である「貧血がない鉄欠乏症」で氷食症が起こる事が確認されているが、原因の切り分けは出来ていない。体温を腋下と口腔内で比較したとき、口腔内が高いことから、口腔内を冷やすためではないかという説や、鉄欠乏により食嗜好が変わるという説があるが、未だ不明な点が多い。精神疾患である強迫性障害の一つとして見られることもある。
なお、氷を大量に食べることにより鉄分の腸管吸収が低下し、鉄欠乏を招くという逆の発想からの説もあるが、鉄剤治療に際して、氷食症合併群と非合併群の間にその治療効果・速度に差のないことから、疑問視されている。
基本症状は、氷を強迫的に食べる(食べずにいられない)こと。持久力の低下、記憶力の低下、寝起き寝つきの悪さ、食欲低下などの鉄欠乏症状や、顔色不良、動悸、息切れなどの貧血症状を伴うことが多い、、、、、

なるほどぉ
なんとなくわかるような気がしがします。
じゃあ、犬に氷食症はあるのか?
もしも自分の生活に冷蔵庫がどんと構えていたら、もしかしたらあるかもしれないですね。
冷蔵庫の前で待ち構えている犬は注意が必要かもしれませんね。
ん?
心当たりがある?
何事も過ぎたるは及ばざるが如しですね。

にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード