犬のシャンプー

もぉあつすぎるぅ〜
今日も猛暑だそうです。
カラスが木陰で暑そうに休んでいるくらいですからそうとう暑いのでしょう。
元気なのは菌と雑草達!
レッスン場の駐車場が草だらけになってきました。はやく刈らないと車が停められなくなりそうです。
菌の増殖は温度と湿度の関係によって高まりますが、夏はとくに元気になります。
食中毒が多いのもこの時期ですね。
トリーツなども手作りの場合はその日に作ったものはその日に使い切るくらいがいいですね。
おもちゃなども使ったらこまめに洗うといいです。
それから犬の体も菌だらけです。
月に1度はシャンプーですが、この時期は2週間に1回でもいいのかもしれません。
シャンプーは犬用のシャンプーを使いたいところですが、人のものはダメなのか?と質問されることがあります。
私的にはどちらでもかまわないとは思います。うちの犬達は自然由来のものや界面活性剤不使用の石けんを使っていました。石けんで犬を洗うのはよくないといわれていた時代もありますが、実はそうではないのです。
有名なアレッポの石けんはアルカリ性ですが、アルカリは犬の皮膚や毛に悪いという風説が巷では言われ続けていました。
これはまったく根拠がなくて、犬の皮膚は人間と違って中性から弱アルカリ性に近いことが多いからというだけのことでした。
そもそも人の肌にしても弱酸性で安定しようとしますがずっとそうではありませんし、部位によっては異なります。
犬の場合は様々な影響をうける被毛におおわれているため、実際に測定しても個体差は大きいはずです。
むしろ合成界面活性剤使用のシャンプーのほうが体に残りやすく、それがアレルギーや、皮膚の炎症から菌の増殖につながることも多いはずです。
またこの話は詳しくしたいと思いますが、世の中の情報の大半は犬のためではなく販売のためにあるということを忘れないようにしたいですね。
ブログ村のランキングに参加しています。このお話に共感いただけましたhなら下のマークを押してくださいね。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード