ドッグトレーナーの仕事

今日も雨ですね〜
昨日なんてすごく暑かったとおもったら雨
なんだか季節が逆行しているような感じです。
お互い体調管理しないとですね〜
よく寝て、よく笑い、よく食べる、そしてよく学んで頭を活性化する。
なんといっても犬とくらしていれば感性が高まるから心が開けます。

さて、アウラでは毎日いろんなレッスンがあります。
マンツーマンレッスンはカリキュラムを作成してすすめていきますし、グループレッスンはその都度「旬」をいただくように、みなさんに必要と思われる事や、学んでほしいことをお伝えしています。
特化したレッスンをご希望の方にはより深いところまで入り込んでいきます。
時にはレッスンというよりも1時間会話で終わる事もよくあります。
昨日もそんな時間がありました。
そんな時、私はお話もするけれど、お聞きする事も多く有ります。
すると、お伝えすべきはずの私が、むしろ学ばせて頂く事になったり、新しいアイデアを頂く事も沢山有ります。

たとえば
数日前に千葉から19歳のトレーナー志願の女の子がやってきました。
彼女は酪農業を2年間続けています。
その中でいろんな経験をしたそうです。
その話を聞くと、私が経験したことのない世界があります。
「命の循環」という深いところの光と闇がみえてきます。
彼女はわずか19歳でそれを知る事になります。
そして、アウラに来る前にいろんな幼稚園やスクールの見学、面接にいったそうです。
そこで彼女が見聞きした事は、インターネットの表現とは真逆の世界・・・・
暗一色とはいわないけれどダークな世界を知ってしまいました。
私は聞いているうちに、とても悲しい気持ちになりました。
一部を除き、犬の幼稚園などがブラックなことはこの世界で仕事をしている人なら知っていることですが、
当然一般の飼い主さんは知る由もありません。
おなじようにまっさらな19歳の彼女もそんなことは想像だにしなかったでしょう。
夢を持って飛び込んできた彼女の心にそれがどう映ったか・・・それを考えると無性にくやしく悲しいのです。
その日は彼女に普段のアウラのレッスンの一旦を半日同行していただきました。
ルーデンスの日だったので子育て支援隊の二人も一緒です。
子育て支援隊との会話や犬への接し方は19歳の彼女にとってどれほどの収穫があったでしょうか♪
彼女の輝く目、笑顔、自分がうまくできないことの不甲斐なさにとまどう姿・・・
みんなで車に乗り込んで散歩に出かける。その中でのびのびと犬と人が触れ合う・・・
その中で彼女の夢はきっと広がっていったはずです。
この日は8時すぎまでレッスンでしたが、千葉からということで途中で別れましたが、すぐにメールが届きました。
そこには、はじめて会った数時間前のダークな響きはなく、希望にあふれた言葉が並んでいました。

私のできることは小さいです。
人の人生までも背負えるほどの器もありません。
私は自分の犬と楽しんでいることや楽しんできた事をおせっかいにもみなさんにお伝えしてお金を頂戴しています。
資格はなにひとつありません。
自分の犬は今までにたった3頭です。
知らないことも多いと思います。
経済観念はどんくさいです。
どこかで子供じみていると自分でも思います。
そんな私でもブラックなところを持たずに続けてこられたのは
やはりみなさんがいたからに他なりません。

はじめて私に仕事をいただいたラブラドルの飼い主さん
まだデザインの仕事をしていた私は、その時はお金を頂くには申し訳なくお断りしたら、おいしいお菓子を頂きました。
そんなことがいくつか続き、次第に二足のわらじとなり、知らぬ間に今のアウラへとつながっていきました。
その間に私は沢山の人と犬に出会いました。
自分の力不足や価値観の違いに思いの術をうまくお伝えできない事もありました。
それでも私はアールとビンゴと楽しむ事を変えずに続けてきました。
そしてその中からおせっかいはレッスンという名前に変換されてみなさんと共有してきました。
それをなんの迷いもなく受け入れていただき、続けて頂いたことが、今もアウラの原動力になっています。
長い方は10年以上もレッスンに通って頂いています。
みなさん、その時その時の犬との生活をたのしんでいらっしゃいます。
それを見るにあたり、私は「いいなぁ」と素直に思います。
もちろん当人からしてみれば悩みもあるのですが、そこから逃げずにいつも前を向いている姿には、犬との暮らしが根付いていることを表しています。
私にとってはそれが一番の誇りです。
私のプライドはそこにあります。
故に私はプライドの高い人間です。
このプライドは簡単には折れません。
ですから、沿わない人も沢山いらっしゃると思います。
「トイレトレーニングだけ預かってなんとかしてくれ・・・」
「吠えるのでこれだけなおしたい・・・」
「こういうやり方でレッスンをしてほしい」
すみません、お受けできません。できるだけ丁寧にわかりやすくその理由を説明してお断りしています。
でも大半の方はそういった方なのだと思います。
そうした要望に応えてくれる教室は沢山ありますから、どんどん流れていくのでしょう。
でも、だからといって私はそれを引き止めたり受け止めることはしません。
その理由は私のプライド、つまりみなさんがいるからです。

たいしてコマーシャルもせず、あいかわらず西田節がひびくレッスン場
この先も続けていけるのだろうか?と不安もあります。
時代の流れに乗らないといけないからホームページなどの苦手分野も積極的にトライしています。
でもいつも頼りになるのはみなさんです。
ぜひアウラっ子を増やすためにみなさんが活動してください。
犬と暮らすってこんなにも楽しいんだよ♪って。
で聞かれたら伝えてください。
アウラっていいよっ♪って。
それ以上の説明はいりませんから・・・
それで興味を持たなければその方は来ませんから。

この話を19歳の女の子が見てくれればいいな、これからトレーナーになりたいと思っている人が見てくれたらいいなぁって思います。
牛も犬も声を発しない動物です・・・私たちはその代弁者でもあります。
それがトレーナーの仕事です。

インスタグラム始めました♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
はじめたばかりの私が言える事ではありませんがそれぞれのレッスン風景を中心にアップしています。生徒さん間の情報交換にもぜひどうぞ♪ フォローもよろしく〜♪
アウラのインスタはこちら
2016aura
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード