腎不全について

今朝の新聞に「猫 もっと長生きできる…腎不全多発、東大など原因解明」という記事がありました。
毎日新聞記事
ご存知の方も多いかもしれませんが、猫の多くが腎不全で亡くなります。というかむしろ猫が普通に罹りやすい病気のひとつです。
しかしその理由ははっきりせず、治療法も確立されていません。
とはいえすぐになくなるわけではなく多くの場合は治療を続けながら長生きしてくれます。
でもやっぱりそうならないにこしたことはないわけです。
血液検査をして、尿素窒素(BUN)と血清クレアチニン(Cr)の値が高くなってくるとこの病気の可能性が高いのですが、これらの数値は、腎臓の機能の大半が失われるまであがりません。これは犬の場合も同じです。
ですから老齢になりはじめたら血液検査だけでなく尿検査も常々行うほうがよいのです。
また多飲多尿の傾向になるのもこの病気の特徴ですが、この症状も機能低下がすすんでこないとあらわれません。
多飲多尿は腎疾患にかぎらずあらわれるので実際にも判断しにくくもあります。
それこそ暑ければ水をよく飲むでしょうし、マーキングする子はよく排尿するでしょう。
あるいは留守番の多い子やストレスの大きい子、興奮しやすい子はその傾向が強くあります。
腎不全は感染症からくる尿結石との因果関係もありますし、時に糖尿病になることもあります。これは生活習慣病ですから
何かしらの改善によって防げる事でもあります。
どちらにせよ早期発見、早期治療が大切ですが、なってしまったら完治するというよりもその進行をいかに遅くするかが課題になります。詳しいことは獣医師と相談しながらとなります。
しかしそうなる前に環境を整える事や犬や猫の行動をよく観察しておくことが私たちができる最大のケアといえると思います。そしてそれはとても簡単です。
まずは以下の3つを毎日の散歩前の点検としてやってみてください。
皮膚と筋肉のチェック(へんなたるみがないか、筋肉が落ちていないか、とくに太ももの大腿二頭筋)
口腔チェック(口の中の色が白くないか)
おしっこの色チェック(水のような透明でしゃびしゃびしたおしっこになっていないか)

ねっ、そんなに難しくないですよね。
こうしたことを定期的にするだけで他の病気の予防にもつながりますからぜひトライしてみてください。

インスタグラム始めました♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
はじめたばかりの私が言える事ではありませんがそれぞれのレッスン風景を中心にアップしています。生徒さん間の情報交換にもぜひどうぞ♪ フォローもよろしく~♪
アウラのインスタはこちら
2016aura
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード