ホンダフリード

雨ですねぇ〜
もぉ〜なんだかなぁ・・・
でも昨日は久しぶりに屋外でレッスンできて犬達も大騒ぎ♪
楽しい一日になりました。やっぱり犬は外ではじけてなんぼですね〜
で、レッスン終わってダッシュであるところに行ってきました。
それはまたまた車のディーラー♪
ホンダのフリード+の試乗にいきました。
先代のフリードと双児車スパイクが名前をフリードに共通としてうしろに+として生まれ変わりました。
この車はミニバンのセグメントですが全長が短くて取り扱いが楽なところが第一の魅力です。
他社にも同様のタイプはありますが、一歩抜き出た感じですね。
なので犬乗り達にもおおきな支持をえています。それがどれくらい進化したのか?みなさんにどれくらいおすすめできるのか?
ということで犬目線インプレッションです。
と、意気込みましたが、実は発売したばかりでフリード+の実車はありませんでした。通常の7人乗りのハイブリッドでの試乗です。

まず、全体のフォルムですが、すごく洗練されましたね。以前のもまとまりのあるデザインでしたがモデルチェンジして個性を取り戻した感じです。もっともホンダ車とすぐわかるマスクではありますが、むしろフィットなどよりあっているような気がします。
サイドビューもきれいです。以前のものは途中でぶったぎったような唐突感がありました。(あえてそうしたのでしょうが)
好みはあるでしょうが、色との組み合わせでおしゃれな感じになるのではないでしょうか。
しかしながらボディーがひとまわり大きくなってしまったのが残念です。ダウンサイジングな時代背景にもかかわらずコンパクトなミニバンを売りにしているフリードが大きくなってはいけないでしょうねぇ
で、その大きくなってしまったフリードの室内はというと
ハッチバックドアをあけると(犬乗りはまずここからです)それはそれはサイズアップ以上に広くなった空間が広がっていました。
このあたりの作り方はさすがホンダです。
ガソリンタンクの位置や様々な見えない工夫がこの空間を作り上げています。
この時点で犬乗り車は合格です。
7人乗りは3列目を折り畳んでサイドに跳ね上げ格納ですので格納したシート分が犬乗りには邪魔な存在ですが、フリード+ははじめからこの部分にフラットなボードが備わっており、そのままクレートを乗せる事ができます。
大型犬用クレートを2つ並列で並べる事ができますし、ボードの下には広い収納庫ができます。これはまさにミニミニキャンピングカーです。ただし地面からボードまでの高さは70センチありますので大型犬の場合はサイドのスライドドアからの乗車が向いているでしょう。サイドからだとステップを踏んで軽々と乗れるはずです。
それともうひとつの考え方は、通常の7人乗りの3列目をとっぱらってしまうという荒技!
そうすると床の造作を自分ですれば大型犬をリアのハッチバックから乗り入れできる高さでボードを設置ですると思います。
えっ、そんなめんどくさいことするならフリード+でいいよって・・・ごもっともで〜

さて、今度はサイドのスライドドアへと移ります。
当然ながら電動での開閉です。実は私はこれ大っ嫌いです。なぜかというと動きが遅いんです。もうちょっとはやく、さっと動かんのかって思います。それに車重も重くなりますし、なんといってもこれくらい自分の力であけれるでしょって思う訳です。今時の軽自動車でも自動ですが、ツーマッチ感高すぎです。まぁ、手動にしてくださいって頼んでも設定がないからもれなくついてくるのですがね・・・
2列目シートは前後へのスライドはもちろんフルフラットにもなり、至れり尽くせりです。もしかするとこの席が一番気持ちのいい席かなって思いました。つまりこの手のミニバンはファミリー向けの設計なんです。
私が女性で運転せずに乗せてもらう側なら間違いなくここに座ります。

最後に運転席と助手席です。
シート幅と深さは小さめですので男性だとちょっと物足りないですが、女性ならまったく問題ないです。ダッシュボードやメーター配置が高めに設定されているのでシートリフターでシートを高く持ち上げないと、なんとなく沈み込んだ位置で前をみる感じになります。そうするとボーンネットなどはまるっきり見えないのでやや車幅がとれません。
174センチの私だとシートを一番高くするとちょうどいい感じです。女性だとそこまであげると今度はアクセル操作が不安かな?そんな時はできるだけシートを前にして運転するといいかもしれません。
室内のインテリアは明るめの木質系トリムを使ってはいますがややダークな落ち着いた雰囲気です。
ちょっと都会的なマンションの部屋にいる感じといえばわかりやすいかもしれません。
個性的ではありませんが嫌な感じではないので誰しもが受け入れられる印象ですね。
装備、安全性、収納などはもうどのメーカーも横一線です。そこでの比較はナンセンスですね。軽自動車から高級車まで国産車はどれをとってもみな同じものがおなじだけつきます。オプションになるか最初からついているか・・・それが価格に反映されるだけです。この部分で悩むのは無駄と私は思います。

さぁ、いざ試乗
アップダウンの多い試乗コースをハイブリットのデュアルクラッチミッション車で走ります。
モーターのアシストは出だしとアクセルをはなして慣性で走るような下り道などで行われ、それ以外はエンジンの力で走っています。当然ながらモーターだけの時は静かですが、エンジンがかかると途端にやかましくなります。
やかましくなるといっても普通な音なのですが、モーター時があまりにも静かなのでその落差でうるさく感じてしまいます。これはなれればそのうち平気になるのでしょうね。
デュアルクラッチは私の好きなミッションですが、残念ながらパドルシフトのようなマニュアルモードはついていません。
走り心地、運転の楽しさは、まぁ及第点というところでしょうか。
軽々しくもなく、重くもなく、どんな状況でもフラットに走れるので後部座席の人達はくつろぎながら移動ができると思います。
アクセルをぐっと踏み込むとエンジンがうなります。うなりながら車をひっぱりますが、音のわりに前にでません。どうやらスポーツ走行は不向きのようです。あくまでも燃費重視、家族をやさしく包むような運転でおねがいしま〜す♪といった感じですね。

ということで人にも犬にもやさしいフリード!
シートアレンジ、空間の大きさ、安全性に乗り心地・・・・どれをとってもちょうどいい!
日本の道路事情や使用目的にぴったり!
核家族の多い日本の家族なら7人乗る事なんてまずありません。5人乗りの+がおすすめです。
これなら家族で車内キャンプ、車内で遊びながらの移動など多用な使い方ができる。
勿論犬連れなら+です。
隣にステップワゴンがありましたが、フリードで十分です。国産ミニバンの中では一番のおすすめです。
さぁ、気になった方はホンダのお店にレッツゴー

インスタグラム始めました♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
はじめたばかりの私が言える事ではありませんがそれぞれのレッスン風景を中心にアップしています。生徒さん間の情報交換にもぜひどうぞ♪ フォローもよろしく~♪
アウラのインスタはこちら
2016aura
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード