パスコの超熟のCM

今日もあわただしく一日が終わりました。
朝一番に町田警察に行って車庫証明を受け取り。
3000円近い手数料という名目の税金を払って、偉そにしているおっさんから紙切れ2枚と絶対に貼りたくない車庫証明ステッカーをありがたく頂戴しました。もちろん封筒になんか入っていません。
ポイっとカウンターに差し出されたものを持ち帰るだけです。
あいつらは我々のことを市民とも客とも思っていません。
それが一番わかる瞬間です。
まっ、いいんじゃないのかな・・・・と割り切ってしまう。
その足でルノーにトゥィンゴの支払いをするため、郵便局へ向かう。
郵便局は民営化して随分よくなりました。ちゃんと対応してくれます。
玉川学園の郵便局はとても丁寧です。ちょっと気持ちもよくなって、その
お金を今度は銀行の窓口で送金です。
これを世間では右から左というんですよね・・・・とほほ
窓口は空いていて、用紙に記入するや否や番号を呼ばれる。
窓口の対応は郵便局の1.5倍かな❔
私にとっては大金を送金して来月にはトゥィンゴ君がやってくる。
それからレッスン場に向かい、昨晩買った花を植えて、お昼ご飯をさっさと食べて、そこからは怒涛のレッスン。
レッスンが終わり、掃除して明日のワークショップの準備をしてから夕食を食べにいきました。
美味しい広島産の牡蠣フライをいただきました。
パン屋さんで朝食用のパンを買ってレッスン場に戻ります。
今日はこのまま泊まりです。
で、コーヒーを入れて一休み。
ふとテレビをつけたら、PASCOの超熟のCMが流れていました。
あれっ、えっ❔
見覚えのあるフォルムが・・・
ルノーのキャトルです❕
そう、私が最も好きな車のひとつ。そしていつかは手に入れたい車。
なんの変哲もない、農耕車のような大衆車。
走らない、壊れる、快適装備のない、エアーバックすらない、なんの取り柄もない車。
でもそれ以外の魅力がどっさり詰まった車。
今の私の生活スタイルにはツーマッチなのでこの車を飼うことはできませんが、もっとクソじじいになったら、とんでもなく汚い格好で表参道を走りたい。鎌倉や湘南の海もいいな🎵
こいつで愛犬と一緒に旅をする。
どこまでもどこまでも・・・・今は脳内飼育で夢見よう
キャトルくん・・・
そうだなぁ、あと10年待ってくれるかなぁ
その頃は超超超熟した腐りかけのキャトルとなるのだろうけど、それをレストアしながらたぶん最後の相棒となるだろう犬と暮らしたい。
えっ、奥さんやお子さんは❔
あはは、たぶん呆れて放置されていると予測される。
いいのか❔こんな自分の人生❔
これでいいのだと天才バカボンのパパが言っているのが聞こえてきた🎵
しかし、そんなこと言っているうちに走れるキャトルはどんどん消滅していく・・・
いいさ、そしたらフランスに引っ越して、そこで探すから
これもいいのだと私の心が囁いている・・・・うぅ、フランスの小悪魔めぇ
で、今はそのキャトルの流れをくんだカングー、そしてさらにトゥィンゴと、どんどん近づいているではないか・・・キャトルに
さぁ、明日のワークショップはそんなキャトルの感覚から始めてみるかな❔
えっ、ドッグトレーニングのワークショップじゃないの❔
そうですよ、そうですよ、「犬とたのしくやる」それがテーマですからね。
そのためには私にはキャトルが必要なんです。
ではあなたにとって必要なものはなんですか❔
それは車である必要はありませんね。
犬とあなたに必要なものを見つけるのが私のドッグトレーニングです・・・ワークショップです。
参加者のみなさま、明日は気楽に、気ままに参りましょう🎵

インスタグラム始めました♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
はじめたばかりの私が言える事ではありませんがそれぞれのレッスン風景を中心にアップしています。生徒さん間の情報交換にもぜひどうぞ♪ フォローもよろしく~♪
アウラのインスタはこちら
2016aura
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード