「ほめる」探し

朝晩寒いですね〜
先日のレッスンでは暖房いれました。まぁ、11月ですから当たり前といえば当たり前なのでしょう。
さて、ドッグトレーニングの中で「ほめる」という仕草があります。
「ほめる」って簡単なようで難しいと感じる人も多いのではないでしょうか。
事実、この壁はけっこう高いのかもしれません。
それでてっとりばやく「ほめる」=「トリーツ」で締めくくってしまいがちです。
勿論トリーツは報酬ですからほめることの一部ですが、あまりにもその領域が大きすぎると、人も犬も現物報酬の効果と呪縛から離れる事ができなくなります。
中には手作りの和牛トリーツを手に握りしめて、それこそ手に汗ならぬ手に牛脂で餌釣りしている人もいるようです。
こうなるともうエンドレスなトリーツのグレードアップが要求されますし、モチベーションはあがっても集中がとれないため、言葉の指示はきかなくなります。
あまりややっこしい話をすると誤解が生じますのでひとつだけワンポイントアドバイス!

ほめるの作法その壱
ほめるは、何かができる前から伝えること。
多くの方は、行動ができてからほめ始めます。それでは遅いのです。
行動が出現する前にほめてください。
フィードバックとしての言葉ではありませんが、そこにつなげることができます。
その際にはぜひトリーツを手に持たないでください。
この時点で自分のほめている言葉によって犬のモチベーションもあがらず、集中もとれないのであれば、そこで使っている言葉は意味をなしていないということです。
その言葉をおぼえておいてください。そして使わないようにしましょう。
そしてかわりに効果のある言葉をみつけましょう。
それこそがほめ言葉です。
勿論言葉そのみのではなくそこに込められた気持ちが大事というのは言うまでもないですね。
秋深く探索にはうってつけの季節
「ほめる」探しやってみませんか?

インスタグラム始めました♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
はじめたばかりの私が言える事ではありませんがそれぞれのレッスン風景を中心にアップしています。生徒さん間の情報交換にもぜひどうぞ♪ フォローもよろしく~♪
アウラのインスタはこちら
2016aura
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード