12回アウラフリースタイルファンマッチ後記ゆるゆるの部

おはようございます
11月らしい空が広がっています。
街を歩くと紅葉がきれいですね。
秋という季節は物悲しすぎて好きではありませんが紅葉は好きです。
だって、生命が次に向かうための準備をしているのが目に映るのですからね。
秋は枯れ葉が落ちる、蝉が鳴き止む等とエンディングなイメージが強いですが紅葉はそれはありません。
私はこういう姿が大好きです。
どんな時も前向きでいたいときは紅葉をみると良いですね。
体調が良くない方や犬と暮らしている方はぜひ犬と一緒に紅葉を見てください。
紅葉は日本中どこでも見れます。特別なお出かけはいりません。すぐそこの公園でもいいのです。
きっと気持ちがふっと抜けます。色づくように愛を深めてくださいね。

さて、ファンマッチ後記です。
今回も初参加の多いファンマッチでした。ゆるゆるの部は20組と大盛況。
アウラからも初参加沢山ありました。
数年前だと内容も演技もなにもかもがバラバラな感じだった初心者クラスでしたが昨今のゆるゆるはちっともゆるくありません。
とくに以前はトリックのオンパレードでトリーツを握りしめて餌付けのようにしながら・・・という姿が時折見られましたが今回は皆無です。
みなさんシンプルな要素をしっかり犬に伝え、トリーツの使い方も必要に応じて使っていく。
なんといってもみなさんの犬への励ましがすごいです。
経験値が少ないですから緊張もあるでしょうが、それを超えて励ます声がこちらまで聞こえてきます。
それと笑顔がみんな良かったです。
私からも「スマイル」「スマイル」「スマイル」としつこく言ったのが良かったのかもしれませんが、とにかく人が笑顔でいれば犬達も自然と普段とおりに動き始めるものです。
犬達も自分の居場所は現実的なリングだけでなく、飼い主さんの中にもあるんだという安心感も出てきます。
それからみなさん曲の選択が良いです。
ちゃんと自分たちにあったスピードやイメージをもった曲を選んでいます。
単に好きな曲だと自分たちのスピードと沿わず苦戦しますが、そうではなく犬が動きやすい曲を選ぶということ。
これは素晴らしい配慮です。結果的に自分への配慮にもなるわけですから成功体験の第一歩ですね。
また、モチベーターを使わずに演じたペアも何組かありました。
工藤さんとマハロは基本的にトリーツは使わずに演じました。ラストのところでポジションが曖昧なところだけは持っていましたが、犬にとってのモチベーターは自分の励ましと笑顔であるということがとてもよく感じられました。
ゆるゆるアワードはそんなことからこのペアに与えられました。
大同さんとベックもモチベーターなしでの表現でした。
たった一つか二つのポジジョンとたった一つか二つのトリックとトランジットで構成されたルーティンでありながら、それぞれの要素を明確に伝え動くことで犬にはわかりやすいルーティンだったと思います。結果としてモチベーターを使わなくてもできるものになったわけです。
要素が多くなればなるほど動きは慌ただしくなるし、犬の負担も増えます。人がそれをフォローするだけの技量があればいいのですが初心者にはそれはありません。
そんな際にこのペアのように表現すれば大きな成功体験を得られる訳です。
また、一方でモチベーターをうまく利用して表現したペアもいました。
塚元さんとサンデーはポットゲームを利用して緊張を和らげていきました。
ポットゲームに2つのコマンドをつけてそれを時折取り入れながら歩く。
音楽と相まって楽しい愛らしい表現ができました。
尾口さんとサムはサムの他犬への不安を持ちながらの参加でしたが、モチベーターのタグトーイへの集中を高め、それを演技に取り入れる。音楽もそれに沿ったものとする。
あとは普段遊んでいるような感覚で動く・・・・ただそれだけです。
実はこの2つのペアはほとんどがアドリブなのです。
もちろんこうしたいああしたいというポイントはあるのですが、もっとも重きをおいているのは犬と楽しむことでした。
そのためには日常と同じようなルーティンがもっとも楽しみやすい・・・・まるで散歩しているかのような・・・
サムの場合は犬が不得意だしサンデーは緊張を拾いやすい。
みなさんのご協力もあり待機している犬達をクレートに入れて頂いたり、温かな雰囲気もあって初心者にとっては成功体験を積みやすい環境も相まってそうした日常が表現できたのではと思います。
それから2頭目3頭目の若い犬と楽しむ上級者達の姿は素晴らしかったですね。
鈴木さんとトレヴはほとんどアドリブでトレヴへの成功体験に終始していました。一番大事なコンテンツでありもっともはじめに伝えるべきことを本番で伝える。ファンマッチの良いところですね。
松本さんとCROWNはこれまでは基本ポジジョンとウォーキングで表現してきましたが、トリック解禁です。
楽しいゴーストバスターの演技を見せてくれました。
CROWNのようなエネルギーレベルの高い犬は基本をしっかりやってからこうしたトリックに入っていくほうが絶対的に良い物ができます。
それは藤田さんとRousheの時もそうでしたし五井さんと美羽の時もそうでした。
レッスンではとにかく基本につぐ基本。そしてそれが楽しいものであるという印象や意識を伝える。
これができているペアは長く楽しむ事ができますし、犬のストレスを大きく減らすことができます。
ぜひ見習いたいところですね。
それからゆるゆるの部では前回うまくいかなくて悩んだ結果、答えを見つけに参加されたペアもいました。
思いが強すぎたり。自分の表現に犬がついて来れなかったり、練習が足りなかったり多かったりで転んでしまった前回を払拭する・・・・これはとても大きなエネルギーを要します。我慢を要します。
そしてそうしたことは人に言われただけではできません。自分が気がつかないとできないのです。
ドッグファーストという要素をジャッジ項目に取り入れた理由も実はそこにあるのです。
アウラファンマッチ1回目から言い続けているこの言葉、意識はまだまだ浸透しきっていないように思います。
時間はどんどん経過していきますからできるかぎりすばやくはやいうちにこの意識をハンドラーが持ってほしいと思うのですが、いろんな背景を背負うのもまた人です。
なかなかそうはできず犬に負担をかけやすいのもフリースタイルです。
アウラファンマッチは犬と人が楽しむ場です。とくにゆるゆるの部はそうであってほしいと願います。
だれもか難しいポジションやトリック、たくさんのコンテンツを取り入れたいと思いますが、それは基本の上に乗せていくものです。
ゆるゆるの部はまずその基本を楽しめるようにするクラスです。
ぜひそんな感覚で楽しんでほしいと思います。
そうしないと1年すぎると次はソイヤーの部になりますからね。
ということでゆるゆるの部の後記はここまでです。
次はぐるぐるの部へと入っていきます。
インスタグラム始めました♪
インスタグラムは無料ですし、アプリをダウンロードできるネットにつながるPCか携帯かタブレットがあれば簡単に見れます。
インスタグラム
はじめたばかりの私が言える事ではありませんがそれぞれのレッスン風景を中心にアップしています。生徒さん間の情報交換にもぜひどうぞ♪ フォローもよろしく~♪
アウラのインスタはこちら
2016aura
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード